ポンド円 日柄で見た6月19日からの展開

ポンド円は、粗い展開になりましたが、週単位で見れば陽線をひいて終わりました。

先週日柄記事の『>ポンド円 日柄で見た6月12日からの展開』には『日柄的な変化日としては、週半ばあたりが要注意日となっております。このあたりで、値幅の出る展開となり、長目の下髭を付けるような展開となれば、反転できるチャンスとなります。 』と書いていましたが、週半ばに下髭を付ける展開にはならず多少の上昇はしたものの、堅調な展開になったとは言い難い状況です。

ポンド円日足チャートでFXトレード・フィナンシャルのMT4です。

617.jpg
クリックで拡大できます。

さて、来週からですが、先週半ばに反転できなかったので、日柄的には、かなりネガティブな状況となります。

日柄でみれば、来週半ばに変化を見せてもいい事にはなっていますが、先週ほどの相場の状況を変えるような強い日柄ではありません。

よって、来週は売り圧力が強くなると見ています。

日柄的に堅調な展開に戻るには、再来週初めまで待たないといけない状況です。




◆スポンサードリンク◆


応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

記事内売買は筆者自身のトレードで、売買を推奨するものではありませんので、売買は自己責任にてお願い致します。

2017-06-17 22:29 : ポンド円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ポンド円 日柄で見た6月12日からの展開

ポンド円は、値幅の出る動きでデイトレ・スキャルにはやりやすい週でした。

先週日柄記事の『ポンド円 日柄で見た6月5日からの展開』には『遅行線は来週には陰転しそうで、基準線と転換線は、すでに陰転しております。実体と雲の関係は陽転しておりますが、そろそろ、微妙な位置関係になりそうです。日柄的には、4月17日安値から考えても、先週で変化日を迎えたことになりますが、チャートの形を見ると、あまりすっきりと変化を迎えるようには見えておりません。 』と書いていましたが、読み返してみると、見たままのことだけを書いており、しっかりとした見解では無かったですね。もう少し、しっかりと書かないといけないと反省しています。

ただ、見立てた通り、反転する形にはなりませんでした。

ポンド円日足チャートでFXトレード・フィナンシャルのMT4です。

610.jpg
クリックで拡大できます。

さて、来週からですが、日柄的な変化日としては、週半ばあたりが要注意日となっております。

このあたりで、値幅の出る展開となり、長目の下髭を付けるような展開となれば、反転できるチャンスとなります。

現在のところ、チャートの形は悪くはありませんが、週足で見ると136円には、強めのサポートが見て取れますので、ここで、一旦の底を付けると、堅調な展開を取り戻せそうです。

個人的なトレードとしては、売り玉を少しだけのことしておりますので、来週にスクエアに戻して、チャートの形さえ整えば、ドテンの打診買いも考えております。




◆スポンサードリンク◆


応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

記事内売買は筆者自身のトレードで、売買を推奨するものではありませんので、売買は自己責任にてお願い致します。
2017-06-10 06:47 : ポンド円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ポンド円 日柄で見た6月5日からの展開

ポンド円は、下値を固めるような動きを見せましたが、週末にかけて大きく下げました。

先週日柄記事の『ポンド円 日柄で見た5月29日からの展開』には『来週からですが、日柄で見ると最低でも週半ばまでは軟調な展開となりそうです。』と書いていましたが、週半ばの水曜日までは下値を探る展開になりました。

ポンド円日足チャートでFXトレード・フィナンシャルのMT4です。

0603.jpg
クリックで拡大できます。

さて、来週からですが、遅行線は来週には陰転しそうで、基準線と転換線は、すでに陰転しております。

実体と雲の関係は陽転しておりますが、そろそろ、微妙な位置関係になりそうです。

日柄的には、4月17日安値から考えても、先週で変化日を迎えたことになりますが、チャートの形を見ると、あまりすっきりと変化を迎えるようには見えておりません。

個人的なトレードとしては、先週書いた通り、ほとんどの売り玉はイグジットしており、後は、少量を残しておりますが、ドテン買いするまでの根拠が見えていません。

来週に、陰線、陽線の大きな足が出れば、方向性がはっきりするのではないかと見ております。




◆スポンサードリンク◆


応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

記事内売買は筆者自身のトレードで、売買を推奨するものではありませんので、売買は自己責任にてお願い致します。

2017-06-03 08:43 : ポンド円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ポンド円 日柄で見た5月29日からの展開

ポンド円は、じれったい展開が続きましたが、週末に大きめの陰線を引き終了しました。

先週日柄記事の『ポンド円 日柄で見た5月22日からの展開』には『来週からですが、更に下向きの力が働くものと見ています。多少のより戻しはあるかもしれませんが、基本的には売りでの対処が無難だと考えています。』と書いていましたが、転換線に頭を抑えられて、軟調な展開で終わりました。

ポンド円日足チャートでFXトレード・フィナンシャルのMT4です。

527.jpg
クリックで拡大できます。

さて、来週からですが、日柄で見ると最低でも週半ばまでは軟調な展開となりそうです。

そこで、少しだけ残してイグジットをし、その後はストレスフリーで残っ玉の売りを持ち続けるようなイメージをしています。

日足も週足も、来週には陰転しそうですし、良い状態ではありません。

このままでは月足も、長目の上ヒゲをひいて、形としては悪くなります。

底抜けは無いと見ていますが、早くアク抜けをして、堅調な展開に戻って欲しいものです。




◆スポンサードリンク◆


応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

記事内売買は筆者自身のトレードで、売買を推奨するものではありませんので、売買は自己責任にてお願い致します。

2017-05-27 07:24 : ポンド円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ポンド円 日柄で見た5月22日からの展開

ポンド円は、久しぶりの大きめの陰線を引き、多少戻す展開となり終わりました。

先週日柄記事の『ポンド円 日柄で見た5月15日からの展開』には『転換線に支えられてはいますが、終値がこれを切ってしまえば、更に下向きの力が働きやすくなってしまいます。また、急激な上昇により、雲との乖離幅が大きくなっている事も気になるところです。週足を見ても、雲中に実態があり、不安定な状態を表しています。』と書いていましたが、やはり転換線を切った事により、大きめの陰線を引くことになりました。

ポンド円日足チャートでFXトレード・フィナンシャルのMT4です。

0520.jpg
クリックで拡大できます。

さて、来週からですが、更に下向きの力が働くものと見ています。

多少のより戻しはあるかもしれませんが、基本的には売りでの対処が無難だと考えています。

週足で見ると、今の価格の値幅から抜け出せないと、遅行線が陰転してしまいます。

そうなると状態が悪くなるので、堅調な展開に戻すためには、大きめの陰線を引きアク抜けをして欲しいものです。

月足も、現在の状況は、あまりいい状態ではありませんので、場面展開を早くしたいところです。




◆スポンサードリンク◆


応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

記事内売買は筆者自身のトレードで、売買を推奨するものではありませんので、売買は自己責任にてお願い致します。

2017-05-20 08:27 : ポンド円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

スポンサードリンク

テクニカルと売買法の解説

最新記事

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

厳選リンク集

にほんブログ村ポンド円
このブログをリンクに追加する

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

shinobi