ポンド円 日柄で見た3月6日からの展開

ポンド円は、先週に引き続きやりにくい展開でした。

今週も少し早いのですが、週末に予定がつまっているために記事を書いておきます。

先週日柄記事の『ポンド円 日柄で見た2月27日からの展開』には『さて来週からですが、持合いを下に抜けたこと、遅行線が陰転をしてしまったことを考えれば、素直に売りという事になります。RCIも強い形には見えないことも裏付けとなります。個人的には、先週に書いた通り買い持ちなので、ストップまでは持ち続けたいと考えております。 』と書いていましたが、冒頭に書いた通り、はっきりしない展開となりました。

ポンド円日足チャートでFXトレード・フィナンシャルのMT4です。

0303.jpg
クリックで拡大できます。

さて、来週の展開ですが、遅行線は陰転したものの、ローソクと絡みやすい形なので、強弱をはかるには頼りない感じですし、雲下であるものの、薄い雲なので上に抜けるにも、さほどパワーはいらない形となっています。

しかしながら、三役陰転をしてしまっているので、わかりにくい相場だということは間違いありません。

こういう時は、手を出さないのが一番だと考えています。

個人的には、幸いにも先々週からのポジションが風前の灯ではあるものの残っておりますので、ロングをホールドのままで行きたいと考えています。

日柄的には来週末あたりで底を打てば堅調な相場が続くと見ています。




◆スポンサードリンク◆


応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

記事内売買は筆者自身のトレードで、売買を推奨するものではありませんので、売買は自己責任にてお願い致します。

2017-03-04 00:03 : ポンド円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: