ポンド円 日柄で見た2月6日からの展開

ポンド円は、今週は調整局面となってしまいました。

ニューヨークはクローズしておりませんが、週末に予定があるために、少し早めに来週の見解を書いておきます。

先週日柄記事の『ポンド円 日柄で見た1月30日からの展開』には『日柄的に見ると、月曜日および火曜日に日柄がやってきます。このあたりで、一端の天井をつける形になると、しばらくは調整局面となりそうですが、遅行線が陽転しつつあります。遅行線が陽転するとなれば、基準線と転換線も陽転する形になりますから、ここは踏ん張ってほしいところです。来週は短期的に見て勝負所となると見ていますので、注意してみておきたいところです。 』と書いていましたが、月曜日に大きな陰線を示し、記事内のネガティブな方の展開となってしまいました。

個人的には水曜日に大きめの陽線をつけたところで、雲を抜けれなかった事から調整があると思い打診売りをしましたが、ようやく利が乗り始めている所ですが、売りが2日遅れてしまいました。

ポンド円日足チャートでFXトレード・フィナンシャルのMT4です。

203.jpg
クリックで拡大できます。

さて来週からですが、まだ調整は続くと思います。

価格の面から見ると下から来るトレンドラインを意識する展開となると見ていますが、そこを切ってしまえば調整は長引き、値幅もでるかもしれません。

一番、相場に影響を与える遅行線の位置に注意しながら、トレードをしなければなりません。




◆スポンサードリンク◆


応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2017-02-03 23:40 : ポンド円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: