ポンド円 日柄で見た12月26日からの展開

ポンド円は、押し目をつけるような感じで動いています。

先週日柄記事の『ポンド円 日柄で見た12月19日からの展開』には『雲との乖離も激しくなってきたので、押し目はつけやすい環境であることは間違いないとみています。また、火曜日あたりに日柄を迎えるので、下げ圧力は強くなると考えています。』と書いていましたが、火曜日には大きめの陰線を引き、その後、軟調な動きを見せました。

私自身は日柄トレード主体ですので、i-NET TRADERを使っていますが、他のテクニカルも非常に見やすいのでお薦めしています。

ポンド円日足チャートです。

1223d.jpg
クリックで拡大できます。

さて来週からですが、まずは足型を見ておきたい所です。

赤いラインをネックラインとする三尊などを形成するようであると、来週は一旦、ご祝儀相場で反発しても油断できない形になります。

買いではいるなら、このラインを意識したほうが良さそうです。

1223.jpg
ポンド円週足チャートです。

週足で見ると、一番大事な遅行線が陽転し、あと少しで基準線転換線も陽転しそうです。

先週も書いた通り、垂れている雲の抵抗力がどれほどあるかを、他の条件とともに見ておかなければなりません。

少し、厚めの雲なので普段より抵抗力が強いかもしれません。

月足で見ると、このままの価格では、現在は上髭を出して終わってしまう形になってしまうので、来週は是非ともすこしでも回復して終わりたい所です。




◆スポンサードリンク◆
30名様限定■無条件でレポートプレゼント

無条件のプレゼントはダウンロードいただけましたでしょうか?
PC上に保存できるレポートですので永久保存版として入手してください
あと(30名)で締め切りとさせていただきます
(下記ページからでるポップアップで入手してください)
↓ ↓ ↓
【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2016-12-24 07:03 : ポンド円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: