ポンド円 日柄で見た10月3日からの展開

ポンド円は、軟調な展開となり下値を探る動きとなりました。

先週日柄記事の『ポンド円 日柄で見た9月26日からの展開』には『ポジションにも変化をつけませんし、このままホールドのままで良いと考えています。ただし、遅行線が陰転しそうなことと、転換線と基準線が陰転していましました。状況としては苦しい状況にも見えますが、ここは日柄を優先したいと考えています。』と買いホールドのままで、ポジションの変化をしておらず、大きく利を減らし、9月26日には危うくストップにもかかるところでしたが、ぎりぎり踏み留まってくれました。

私自身は日柄トレード主体ですので、i-NET TRADERを使っていますが、他のテクニカルも非常に見やすいのでお薦めしています。

ポンド円日足チャートです。

capture-20161001-071158.png
クリックで拡大できます。

さて来週からですが、苦しい展開には変わりませんが、買いホールドのままで行きたいと考えております。

7月6日安値から8月16日安値までの29日間で反発し、8月の16日から数えて30日目の9月26日安値で下げ止まったことから、対等数値が機能したと考えています。

状況としては三役陰転し、いい状況とは言えません。

しかしながら、先で雲が薄くなっていくことを考えると、そのあたりで陽転にチャレンジすることができれば、容易に堅調な相場に戻れるとみています。



使用チャートはアイネット証券の口座開設でi-NET TRADERで完全無料で使用できます。

↓口座開設はコチラから



◆スポンサードリンク◆
30名様限定■無条件でレポートプレゼント

無条件のプレゼントはダウンロードいただけましたでしょうか?
PC上に保存できるレポートですので永久保存版として入手してください
あと(30名)で締め切りとさせていただきます
(下記ページからでるポップアップで入手してください)
↓ ↓ ↓
【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2016-10-01 07:45 : ポンド円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: