ポンド円 日柄で見た7月2日からの展開

ポンド円はEU離脱の国民投票を受け、神経質な動きをしております。

ファンダメンタルズ的な動きはわかりませんが、日本も選挙が近く為替政策に関しては微妙な動きがあるかもしれません。

数年前に日本も与党が負けて、政権交代をした時期がありましたが、大震災の影響も少なからずあってか、国民の期待を裏切る結果となってしまったことがありますが、政治や政策的な大きな変革に対しては、よほどうまくやらないといい結果には結びついていかないので、イギリスの今回のEU離脱は、そういったことにならないように願っています。

ファンダメンタルズをいくら考えても、良くわからないしアテにもならないと考えていますので、日柄に話を戻したいと思います。

先週日柄記事の『ポンド円 日柄で見た6月27日からの展開』には『4月26日から51日目、5月31日から26日目付近に日柄を迎える可能性が高いように思えます。 』と書いていました。

今のところ、この見解に変わりはありません。

私自身は日柄トレード主体ですので、i-NET TRADERを使っていますが、他のテクニカルも非常に見やすいのでお薦めしています。

フィボナッチボックスを使ったポンド円日足チャートです。

0702d.jpg
クリックで拡大できます。

さてこれからですが、チャートでも示した通り変化日が、あと3営業日から4営業日に迎えます。

ここで反発をすることができれば、短期的には買いの方が強い展開となりそうです。

安値から9日付近で反発をすることがよくあることから、指摘した辺りに他の強い日柄も重なり、来週頭から軟調な展開を続ければ、短期的な反発をする可能性が高くなっています。

ポンド円月足チャートです。

0702m.jpg

先週の記事にも書きましたが、懸念されていた三役陰転が確定された形になってしまい、これからは、軟調な展開がしばらくは続くといった形となってしまいそうです。

ポンド円週足のチャートです。

0702ponw.jpg

ネガティブな感じばかりの記事になってしまいましたが、週足チャートでは、日柄的には昨年高値から52週目を迎えたことから雲との乖離を縮小していく形が予想されます。

中長短期と、バラバラな見解になりましたが、トレードする際にそれぞれの時間軸を頭に入れながら、トレードのポジショニングのホールドしている長さを考えながらイグジットしていきたいと思っています。



使用チャートはアイネット証券の口座開設でi-NET TRADERで完全無料で使用できます。

↓口座開設はコチラから



◆スポンサードリンク◆
30名様限定■無条件でレポートプレゼント

無条件のプレゼントはダウンロードいただけましたでしょうか?
PC上に保存できるレポートですので永久保存版として入手してください
あと(30名)で締め切りとさせていただきます
(下記ページからでるポップアップで入手してください)
↓ ↓ ↓
【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2016-07-02 09:54 : ポンド円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: