ポンド円日足テクニカルで見た5月18日のこれから

ポンド円は日足は値幅が出ていなく、方向性が読みづらい展開となっています。

前回のテクニカルの記事では『さて、これからですが、本日は若干下げていますが、今後大きく下げるようには見えておりませんので、買い優勢とかんがえております。 』と書いていましたが、11日からは、先に書いた通りわかりにく展開ではあるものの、レベルとしては上げも下げも結果としてはなかったと言った展開になっています。

私自身は日柄トレード主体ですので、i-NET TRADERを使っていますが、他のテクニカルも非常に見やすいのでお薦めしています。

ポンド円日足チャートです。
capture-20160518-131020.png
クリックで拡大できます。

ストキャスティクスは、ゴールデンクロスとデッドクロスを繰り返しながら、傾向としては数値を上昇させていますが、レベルとしては50辺りなので、まだ上昇余地を残していると思われます。

ストキャスのが信頼できるパターンとは?→『ストキャスティクスとその売買法

ボリンジャーバンドは、前回の記事にも書きましたが、若干、強め気配となりつつありますが、ポージにもスクイーズにもなっておらず、少し方向性はわかりにくいものの、ミドルバンドを超えて終値をつけていけば、状況的には悪くならないと考えています。

MACDは、乖離率を広げていないので、上昇力に余力を残している感じだと見ています。

さて、これからですが、値幅の出ていない展開が続けば、各テクニカルの数値のみが上昇して、価格がついていかないことになり、ダイバージェンス等が起こりやすくなってしまいます。

堅調な展開を目指すのなら、大きめの足も欲しいところでしょう。

テクニカルの数値だけを見ていくと、方向性に掛けてはいるものの、下げにくい展開を予想しています



使用チャートはアイネット証券の口座開設でi-NET TRADERで完全無料で使用できます。

↓口座開設はコチラから



◆スポンサードリンク◆
30名様限定■無条件でレポートプレゼント

無条件のプレゼントはダウンロードいただけましたでしょうか?
PC上に保存できるレポートですので永久保存版として入手してください
あと(30名)で締め切りとさせていただきます
(下記ページからでるポップアップで入手してください)
↓ ↓ ↓
【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2016-05-18 13:31 : ポンド円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: