日足テクニカルで見た4月6日からのポンド円のこれから

ポンド円は結構下げましたね。

前回書いた『日足テクニカルで見た3月29日からのポンド円のこれから』のテクニカルの記事では『今の状況では下向きの圧力が強くなりそうなので、上昇するためには一旦押し目をつけるか、ある程度の上昇へのエネルギーを貯めるために、時間をかける必要があるパターンに見えています。 』と書いていましたが、個人的なイメージとは少し違った動きをしましたが、今のところ軟調な展開となっています。

私自身は日柄トレード主体ですので、i-NET TRADERを使っていますが、他のテクニカルも非常に見やすいのでお薦めしています。

ポンド円日足チャートです。
0406.jpg
クリックで拡大できます。

現在、ストキャスは大きく下げて、そろそろ買いのゾーンには入っているように見えますが、こういった形は、あまり信頼出来ないので、今の時点では、アテにするべきテクニカルではないと見ています。

ストキャスのが信頼できるパターンとは?→『ストキャスティクスとその売買法

ボリンジャーバンドの前回の記事の見解では『ミドルバンドが平行で、スクイーズからポージに移行する可能性もでてきていますので、一応は監視しておく必要があります。』と書いていましたが、やはりポージ(拡散)方向に動いているように見えていますので、引き続き-2σで頭が抑えられるかどうかを確認しておく必要があります。

MACDの位置の割には乖離率が大きくなっているので、これは、あと少しすれば縮小の方向に動くと考えられます。

総合的に見ると、まだ、反発するエネルギーは溜まっていないと考えられ、若干、下向きの力が有効ですが、ボリンジャーバンドでの価格帯の位置とMACDの乖離率を見ていると、その兆候は、感じ取りやすい事が見て取れます。



使用チャートはアイネット証券の口座開設でi-NET TRADERで完全無料で使用できます。

↓口座開設はコチラから



◆スポンサードリンク◆
30名様限定■無条件でレポートプレゼント

無条件のプレゼントはダウンロードいただけましたでしょうか?
PC上に保存できるレポートですので永久保存版として入手してください
あと(30名)で締め切りとさせていただきます
(下記ページからでるポップアップで入手してください)
↓ ↓ ↓
【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2016-04-06 19:29 : ポンド円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: