ポンド円 日足ペンタゴンチャートで見たこれから

★スポンサードリンク★
【相場の転換を見極めるレポート】です

天井と底を見極めるコツが書かれていますので
是非ご活用下さい

<あと30名>で終了
レポートはコチラから無料ダウンロードいただけます
(下記ページからでるポップアップで入手してください)
↓ ↓ ↓
【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX


家電タイムセール祭り

ポンド円の日足の展開が気になるところです。

ペンタゴンチャートで見るとトレードシナリオを描きやすいので見てみたいと思います。

一目均衡表は時間軸に主眼をおいているのに対して、ペンタゴンは時間と値幅も同列に考えられているテクニカルです。

私自身は日柄トレード主体ですので、i-NET TRADERを使っていますが、他のテクニカルも非常に見やすいのでお薦めしています。

ポンド円日足のペンタゴンチャートです。

0226ponkai.jpg
クリックで拡大できます。

現在はaとbで表した赤いチャンネルラインに沿っての推移となっており、この角度の上昇や下降のチャンネルラインに入ると、上昇圧力や下降圧力が強く続くことが多いようです。

角度の考察については次の記事に書いています→ペンタゴンチャート  角度編

さてこれからですが、×印の方向に動くことは考えにくく、こちらの出口から出た場合は時間の逆行になるのでペンタゴンチャート事態の設定を見直さないといけませんが、通常、この期間ペンタゴンチャートに沿っての推移をしている場合、その可能性は非常に少なくなっています。

現在のところ、cで表した下値支持線で踏ん張れるかどうかが、浮上できるかどうかの第一段階と見えており、その後、上から来るbのラインを越せていけるかどうかが持ち合い以上になる条件となります。

逆に両条件をクリアできない状況であれば、下降のトレンドは続くことになります。

dやeのラインを見るとわかるように、切ってはいけない水準を簡単に見つけることができますので、先のトレードの方向性を描くのにペンタゴンは非常に有効なツールだということがわかります。

関連記事

ペンタゴンチャート 値幅編       ペンタゴンチャート時間編

ペンタゴンチャートの応用方法としては、一目均衡表と同時に表示すると更に状況が把握しやすくなります。

226poniti.jpg

そのほかにペンタゴンチャートの中に内線を引くと、更に抵抗線等がわかりやすくなります。

226pon1.jpg

内星線もかなり参考になり、これを自動で表示できるのは便利です。

226pon2.jpg

いずれも、ワンタッチで表示する事ができます。

現在ペンタゴンチャートを使えるのはアイネット証券i-NET TRADERだけで、口座開設だけで完全無料で使用できます。

↓口座開設はコチラから






◆スポンサードリンク◆
30名様限定■無条件でレポートプレゼント

無条件のプレゼントはダウンロードいただけましたでしょうか?
PC上に保存できるレポートですので永久保存版として入手してください
あと(30名)で締め切りとさせていただきます
(下記ページからでるポップアップで入手してください)
↓ ↓ ↓
【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2016-02-26 08:05 : ペンタゴン実践 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: