ポンド円 テクニカルで見た2月1週の日足の展望

日銀バズーガやってくれましたね。

個人的には、もう少しチャートの形がよくなってからのが効果的だったと思います。



各国間の通貨戦争が始まった感じもします。

私自身は日柄トレード主体ですので、i-NET TRADERを使っていますが、他のテクニカルも非常に見やすいのでお薦めしています。

130ponw.jpg
ポンド円週足チャートで、クリックで拡大出来ます。

記事内のチャートは全てi-NET TRADERを使用しております。

週足は、今までと少し状況が変わり、ストキャスティクスとMACDについては、そろそろ買いの状況になってきており、注目しています。

スポンサードリンク



ボリンジャーバンドに関しては、-2σを一気に超えてきてはいますが、まだ、-1σの抵抗は大きいように見え、ミドルバンドは緩い下向きの状況で、相場転換と言える様になるには、もうすこし買い方の参入が必要な状況といえます。

ポンド円日足チャートです。

130pond.jpg
クリックで拡大できます。

ボリンジャーバンドはミドルラインを超えることができましたが、ミドルバンドはまだ下向きのままですが、現在は、ポージからスクイーズに移行中で、うまくいけば、相場転換のサインが出ます。

ポージとスクイーズに関してはボリンジャーバンドと売買法 VOL1を読んでください。

MACDは、早くから買いサインが出ていたのは、前にもお伝えしたとおりですが、赤印で囲んでいるように、MACDとシグナルの乖離率が大きくなっています、こういうときはMACDとシグナルが0ラインの手前含んで反転するか、方向性を出さなくなる時があるので観察が必要です。

MACDの見方はコチラから→MACDとその売買法

ストキャスティクスに関してはすでに買える状態でも売れる状態でもありませんので、MACDが0ラインに近づいた時に、どういう状況になっているかをみて、売買判断をすれば良いと思います。




応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

あなたが読むべき記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

2016-01-30 22:55 : ポンド円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: