ポンド円 日柄で見た1月27日からの見通し

ポンド円日柄記事です。

変化日が近づいてきたので、日柄分析をしてみたいと思います。

まず前回の記事の抜粋から『基本数値の42日+1日となって、昨日(20日)の下値を本日下回らないかぎり、一旦の反発か悪くても持ち合いの雰囲気で下げにくい相場ということになり、形としてはV波動をつくるイメージです。』と書いていました。

21日からは、一旦は170円までの反発をし、持ち合いとなり169円辺りを推移していますが、短期的なトレードをした方は、結構な値幅が取れたものと考えます。

日柄トレードの基礎は以下に詳しく書いていますので、よろしければ読んでみてください。。


日柄の研究 基本数値編   日柄の研究 対等数値編

ポンド円日足のチャートです。


capture-20160127-204708.jpg
クリックで拡大できます。

さて、これからの展開ですが、現在は11月19日の高値188円middleから48日目を消化しており、ここのところ基本数値の52日が強く対等数値としても機能しており、強い変化日に接近しております。

そうなると2月2日が52日目となり、来週の火曜日が変化日となり、一旦の上値を示現することになります。

しかし、気になるのは前回の昨年9月4日から11月19日までが54日間となっており、2日分余分にすぎておりますから、これを調整して若干短くなる可能性も捨てきれておりません。

そうであれば、今週末金曜日が変化日になる可能性もあるので、足型や罫線の形を充分注意しておきたいところです。





日柄観測を用いたトレードは破壊力抜群ですが、今のところ日柄観測に適したチャートはアイネット証券i-NET TRADERのフィボナッチボックスしかありません。

capture-20151231-051052.jpg

口座開設で無料で使えますので、試してみてはいかがでしょうか?

↓口座開設はコチラから


テクニカルの解説を中心にブログを復活させました。

長い間、上昇相場が続いていますので、ちょっとした懸念を感じています。

こういった相場の時に安易に参加して、大きな痛手を負う方が多いのです。

読んでいる方には、トレードブログではないので、退屈な内容かもしれませんが、相場から退場しないためにも、しっかりと基礎を覚えて欲しいからです。







よく読まれている記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。




FXを始めるなら≪DMM FX≫にお任せ!

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2016-01-27 22:00 : 日柄 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

ありがとうございます
ロングホールドして先ほど利確できました。自分では結構な値幅とれました。ありがとうございます。
2016-01-29 15:10 : 山口 URL : 編集
Re: ありがとうございます
> ロングホールドして先ほど利確できました。自分では結構な値幅とれました。ありがとうございます。

おめでとうございます。
日柄は破壊力も凄まじいですが、読み違えるとリズムを取り戻すのが大変ですから
これからも、注意しながらトレードしてください。
お互いにがんばりましょうね。
2016-01-29 19:35 : piyokiri URL : 編集
« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: