MACDバーとは

MACDの見方って難しくないですか?

MACDの前回の記事にも書きましたが、《MACDの記事はこちらです→MACDのその売買法》なかなか理解しにくかったのではないでしょうか?(私の文章力に問題はありますが・・・・。)

パッと見ただけで、色々なパラメーターのMACDを把握できる便利なツールがあります。

5W2C2776.jpg

MACDのその売買法で書いていますが、MACDの数値は短期が12、長期が26、シグナルが9と言うのが一般的です。

他に有名なのがジョー・ディナポリ氏の考案した、短期が8、長期17,シグナルが9も使いやすいと有名で

他には、考案者が推奨している短期が6、長期が19、シグナルが6

短期が19、長期が39、シグナルが9というのもあります。

それぞれの利点がありますが、全てを一気に表示すると複雑になってしまい見難いだけのチャートになってしまいます。

チャートはシンプルに見てわかるが一番です。

MACDのその売買法に書いてありますが、MACD=短期EMA-長期EMA

このテクニカルの考え方としては、短期長期のEMAの乖離幅でトレンドの強弱や変換を予測するという事になります。

シグナルに関しては、MACD自信のEMAですから、そのMACDのトレンドが把握ができ、MACDとの間にトレンドで買い方有利か、売り方有利かをゴールデンクロスやデッドクロスで知ることが出来るわけです。



MACDバーとは



MACDは短い期間の設定では売買のシグナルが早く、そして多くなります。

そして、長い期間の設定では売買のシグナルが遅くなり、そして少なくなります。

お互いに長所と欠点がありますので、それを同時表示させ、トレードの精度を高めていくチャートがあります。


MACDバー
チャートはクリックで拡大できます。i-NET TRADERを使用しております。

チャートは一番上からローソク足で、真ん中が普通のMACD、一番下がMACDバーとなります。

普通のMACDのパラメーターは短期は12、長期は26、シグナルは9

MACDバーのパラメーターの上段から

短期 6  長期 8   シグナル 9

短期 8  長期 17  シグナル 9

短期 19  長期 39  シグナル 9

最大4種類のパラメーターのMACDを一度に見ることができます。

MACDバーの使い方



MACDバーの見方は簡単で、ゴールデンクロスした時はで、デッドクロスした時はです。

macdバー1

複数のパラメーターのMACDを見ることによる利点は以下の通りです。

相場の状況がひと目でわかる

MACDのダマシを極力回避できる。

状況においてインとイグジットを様々なパラメーターでできる。

簡単に書けば以上の通りですが、相場の中で見ていると非常に便利なのがわかります。

MACDバーの使用例



私の使い方はMACDの6と19の反応の早いパラメーターの色が変わることによって、そろそろトレードチャンスが近づいてきたのを確認します。

強めのトレンドが出てきている時は12と26の組み合わせのパラメーターのMACDでトレードを仕掛け、19と39でイグジットを心がけています。

非常に強いトレンドが出ている時は8と17のジョー・ディナポリ氏のパラメーターの8と17の組み合わせのパラメーターでトレードを仕掛け、19と39でイグジットを心がけています。

赤い矢印の地点は、前のMACDとその売買法の記事にも書いていますが、ダイバージェンスとこの形になれば、かなりの自信を持ってのトレードができます。



MACDバーはアイネット証券の口座開設で完全無料で使えます。

アイネット証券は他にも便利な機能としてペンタゴンチャートや日柄を数えるのに便利なフィボナッチボックスという機能があります。

ペンタゴンチャートは縮尺縮小にもきちんと対応されており、他の業者さんでは、このようなペンタゴンチャートは使えないと思います。

日柄を数えることが出来るチャートに関しては、私の知る限りではフィボナッチボックスしか無いので、今のところアイネットトレーダーを日柄観測では使っております。

デモだけでもいいので一度使ってみるといいと思います。





応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2015-11-25 22:00 : アイネット : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: