GMMAと売買法

ビジュアルで簡単にトレンドの強弱や売買ポイントが分かるテクニカルがあればいいですよね。

初心者でもトレード熟練者やアナリストと同じ見解になりやすいGMMAについて考えて見ます。

GMMAとは開発者Daryl Guppy氏の名前を取って『Guppy Multi Moving Average』と名付けられました。



GMMAチャートとは



5W2C6544.jpg

GMMAチャートとは、短期の指数平滑移動線(EMA)6本と長期の指数平滑移動線(EMA)6本を組み合わせたチャートです。

capture-20151123-143142.jpg
チャートはi-NET TRADERを使用しており、i-NET TRADERにはGMMAが標準で装備。

赤色の束が長期線で青色の束が短期線で構成され、長期線の束のEMAと短期戦の束のEMAの位置や傾き、束の広がりで一目でトレンドやその強弱が把握でき、難しい理論や仕組みを覚えなくても、視覚的に現在の状態がわかりやすくなっています。

短期線は、3・5・8・10・12・15のEMA6本で、長期線は、30・35・40・45・50・60のEMA6本で構成されています。

GMMAチャートの特徴



実際のチャートで特徴を見てみましょう。

トレンドが強い状態時のチャート図です。

capture-20151123-150311.jpg
チャートはi-NET TRADERです。

チャートを見ればわかるように、トレンドが強い時は赤の矢印と青の矢印で表しているように、短期線および長期線の各束の間隔が広くなっており、黒の矢印で表しているように、短期線と長期線との間隔の幅が広くなっています。

トレンドの弱いときのチャート図も見てみましょう。

capture-20151123-161605.jpg
チャートはi-NET TRADERです。

トレンドが弱い時は、短期線、長期線とも各幅の間隔が狭く、短期戦と長期線の間隔が狭くなっているのがわかりますね。

GMMAチャートの売買法



GMMAを使った売買法で、必ず守らないといけない事があります。

長期線がトレンドで売買する。

短期線でトレードのタイミングをはかる

トレンドが弱いときは売買をしない。

以上を守れれば、GMMAを使ったトレードでは高い勝率を上げることが出来るでしょう。

では実際のチャートを見てみましょう。
GMMA取引0
チャートはi-NET TRADERです。

黒いまるで示した部分を見て下さい。

こういった場面では、長期線は上向きのままで短期線とローソクが下げてきましたが、いずれも長期線にサポートされて押し返されました。

トレンドに沿った絶好の押し目の場面ですね。

ここでしっかりと押し目を拾えれば、勝率のいいトレードが出来ると思います。

しかし、これでは利幅が少ないではないかと思われる方もいるでしょう。

勝率をあまり考えず、利益を大きく狙う方法を考えてみます。

そういった場合のトレードの方法です。

GMMA取引1-1
チャートはi-NET TRADERです。

Aの地点では、長期線と短期線のゴールデンクロスになっていますが、各束がの幅が狭く、両束の角度も平行に近い為、トレンドもわかりにくくトレードをする状態にはありません。

Bの地点では、長期線も短期戦の束もまだ収束したままですが、長期線の向きが上向きになってきていますし、長期線は陽転したままです。

長期線でローソク足が支えられ、短期線の束も陽転したところで、ロスカットをおいて勇気を持ってトレードをすべきでしょう。

この後の結果は下のチャート図の様になりました。

GMMA取引1
チャートはi-NET TRADERです。

80円付近でトレードインしたとして100円付近までの上昇をうまく捉えられて20円幅のトレードができ、このような時に強いトレンドが出たときは、かなりの利幅をとれる有効なトレードとなります。

上記のようにうまくいくときばかりとは限りませんが、ロスカットをきちんと置いておけば、数回の負けトレードがあったとしても、一度トレンドを捉えたトレードが出来れば、充分に長期的には勝てる売買法となります。

スポンサードリンク


GMMAで売買してはいけない時間帯



トレンドが出ていない時はGMMAは役に立ちません。

GMMA取引4
チャートはi-NET TRADERです。

上記のチャートのような時は、トレードは見送りするのが賢明でしょう。

しかしながら、うまくいったときのトレードと同じような状態に良く似た場所も散見されますね。

GMMA取引4-1
チャートはi-NET TRADERです。

上記のチャートで黒いまるで囲んだ地点です。

長期線がやや下向きになり、ローソク足も長期線がレジスタンスになっているように見え、うまくいけばトレンドの初動を掴み、大きな利益をあげれるような雰囲気にも見えます。

こういったときは、打診売りでトレードに臨んでもいいと考え、私なら取引をします。

結果的には、ダマシとなり残念ながらストップにかかってしまいますが、きちんとストップだけは忘れないようにしてトレードに臨めば、大きな利益を挙げれたかもしれません。

このようなダマシは、どのようなテクニカルにもありますので、それをきちんと念頭に入れておけば『利大損小』のトレードができ、結果的には成功できるものと考えます。

GMMAは、リスクを回避しやすいテクニカルの一つだと思います。


関連記事

MACDとその売買法
ダイバージェンスが使える稀有なテクニカル

単純移動平均(SMA)とその売買法
テクニカルの基本中の基本

指数平滑移動平均線(EMA)とその売買法
MACDやGMMAにも採用されている注目のテクニカル。

厳選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。

記事内のチャートはi-NET TRADERを使用しております。



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2015-11-27 17:30 : テクニカル : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: