単純移動平均(SMA)とその売買法

世界中のトレーダーが見ていると言っても過言ではないテクニカルがあります。

トレンドも分かり、サポート・レジスタンスにも使えるテクニカルの移動平均線について考えて見ます。

移動平均線は3種類ある

一般的に移動平均線といえば単純移動平均の事を指す事が多いようですが、移動平均線には3種類あります。

単純移動平均 (SMA)

加重移動平均 (WMA)

指数移動平均 (EMA)     指数平滑移動平均線とも呼びます。

それぞれの特徴や計算方法は後に書きますが、今回は単純移動平均を考えて見ましょう。

単純移動平均とはSimple Mmoving AverageでSMAと略されますが、普通にMAと表記される場合が多いようです。

5maとか25maとか書かれている場合は、それぞれ過去5日間、25日間の終値の平均を表しています。

sma.jpg
クリックで拡大できます。
チャートはアイネットFXアイネットトレーダーです。


単純移動平均線の計算方法


5MAの計算方法は  (a日の終値+b日の終値+c日の終値+d日の終値+e日の終値)÷5=5SMA

計算式で出た値を線で結んだものが、移動平均線となりチャート上に表示されていきます。

この5smaがどういう意味を持つかということになると、5日間終値で買った場合、これを5日間の買いの平均コストと考えられ、移動平均線より上に価格(ローソク足と考えていい)があれば、買い方に含み益があり、移動平均線より値が下にあれば買い方に含み損が発生しているという事になります。

移動平均線の一般的な見方としては、現在の価格を見るだけでなく、過去の任意の本数を見てトレンドが上昇なのか下降なのか判断が容易になります。

任意の本数の数を多くすればするほど、長期的なトレンドを把握することになります。

任意の本数を変えることによって複数のSMAを使い、短期線・中期線・長期線と表示し、その重なり具合や、それぞれのSMAの乖離を見て、トレンドの方向性や転換を見ていきます。





SMAを使ったトレードの方法


基本的には、短期間の線が長期間の線を上抜いて買いサイン(ゴールデンクロス)短期間の線が長期間の線を下抜いて売りサイン(デッドクロス)となります。

gc1.jpg
dc1.jpg


テクニカルとしては視覚的にも非常にわかりやすく、多くの方も注目しているSMAですが、欠点もあります。

それは短期的なSMAは計算値内に大幅な値動きがあれば、その影響を受けてしまうということです。

その欠点を補うために考え出されたのがEMAです。

ただ、EMAは直近を重視していますので、SMAよりもダマシが発生します。

何故、EMAにダマシが多いのかは、EMAを取り上げるときに書きますので、その特徴だけを今回は覚えていてください。

これは、どの種類の移動平均を使った取引でも言える事ですが、短期と長期を使うよりも短期、中期、長期と複数の移動平均線を使うとだましを回避しやすくなります。


sma1.jpg
クリックで拡大できます。
チャートはアイネットFXアイネットトレーダーです。

実際のチャートでゴールデンクロスでの売買を見てみましょう。

aのゴールデンクロスの地点で買いで入ると莫大な利益を得ることが結果的には出来ましたが、まだ中期線がほぼ水平で、長期線も同じような状況で、自信を持っての買いには早いと思います。

bのゴールデンクロスの地点では長期線は上に向きになりましたが、中期線が微妙な感じで見送りが正解でしょう。

cのゴールデンクロスの地点で、ようやく全てのSMAが上向きになり、買いのサインとなりました。

dのゴールデンクロスの地点も中期線が下向きで買いは待ちで、eのゴールデンクロスの時点で買いのサインが点灯しました。

こういった観点でトレードをすれば、ダマシを極力回避出来るということになります。

逆に、デッドクロスのf、g、h等に売りで入ってしまった場合、中長期線のいずれかが上向きになっており、ダマシにあってしまい、ロスカットをしてしまうことになります。

デッドクロスの場合も、ゴールデンクロスと同様に中長期線のトレンドに注意をすれば、ロスカットの少ない、いいトレードが出来ることになります。




記事内のチャートはアイネットFXアイネットトレーダーで、SMAの設定やパラメーターの変更をワンタッチでできます。

sma_20160102204824e31.jpg

チャート上で右クリックするとウインドウが開きますので、そこからSMAを選べばチャート上に表示されます。

sma1

同時に4本のSMAが表示可能で増減も簡単にでき、パラメーターも変更可能です。

口座開設で無料で使えますので、試してみてはいかがでしょうか?

↓口座開設はコチラから


厳選記事


相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。



FXを始めるなら≪DMM FX≫にお任せ!

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2015-11-12 17:30 : テクニカル : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: