ポンド円 日柄考察  10月22日

お久しぶりです。

ポンド円の日柄考察です。

4月14日の安値を起点として考えています。

capture-20151022-183744.png
アイネットトレーダー

ちょうどこのあたりは1月に安値を試して破れなかったことと、遅行線も陽転しやすくなってきたことから目処が立てやすいところでした。

ここから51日目の6月24日でI波動を描き天井を付けました。

値幅的にも2月高値から4月安値の2倍というところで落ち着き、日柄と値幅も達成感をもち、調整をしやすいところでした。

6月24日の8月6日までの32日目をV波動で消化し、これもいったんは直近高値安値の半値戻しからの戻りで日柄も値幅もハッキリとしていた為にわかりやす形でした。

高値をつけたあと9日目できっちりと天井をつけての大きな下落ですが、9月4日は6月24日から数えて52日目で、高値安値の3分の一ということもあり、ここもかなりわかりやすい形で下落を止めました。

さてこれからですが、波動の形から見てP波動を形成中に見受けられて、11月9日あたりまでは方向性がつかみにくい感じです。

現在の位置はチャートを素直に見れば、上値は厚めの雲の加減があり185ミドルは重い感じが見えますが、遅行線の位置は悪くなく、下げにくい形にはなっています。

しかしながら、上値を軽くするには180円を試したほうが大きな上昇が望めますので、明日から下げにくい展開が続くと、かえって上値が重くなっていく感じがします。





2015-10-22 19:52 : 日柄 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: