外為市場動向 12/11

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

q


トラコミュ
現在のドル円、サポート&レジスタンスは←



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋


(外為市場動向)

週明けの欧米外為市場でも、モンティーイタリア首相が辞任を表明したことから、一時ユーロが大きく売られました。週末に辞任を発表したため、その影響はアジアで現れ、ユーロドルも一時1.28台まで下落しました。しかしその後欧州時間になってからは再び買い戻される展開となり、1.29台まで買い戻されています。イタリアはモンティー首相が就任してから、財政再建も順調に進んでいただけに大きな政局の混乱が予想されます。しかしユーロ相場が逆に反発したことは、これまでの欧州地合いの安定は、ECBの金融政策が大きく影響しているということが確認されたとも言えます。
今後の展開ですが、本日から開催されるFOMCの結果を待つ展開です。FOMCでQE3.5が決定されれば、ドル相場はやや売りに押される展開になり、ユーロドルは反発すると思いますが、イタリアの新政権がどんなものになるのか先行きの不透明感が増したために、これからもユーロ相場は売られる展開になることがありそうです。従ってユーロドルについては、やや重たい展開が続きそうです。本日の上値目処は1.3000レベル、下値目処としては1.2885レベルと見ています。

いっぽうドル円相場は82円台での小動きの展開となりました。特段あまり大きなドル円相場の材料もなく、さらに衆院選挙が終わるまでは、動きにくいのかもしれません。従ってドル円相場も今のところはFOMCの結果待ちということになります。


ブログランキング・にほんブログ村へ


以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



FXで簡単に稼ぐ裏技!クイックFXで証券会社の乖離を突いて短期間で利益を確定!fxはこんなに簡単なんです!


トラコミュ
本日のポンド円予想


トラコミュ
チャートの反転ポイントを読む手法を公開!



こちら応援ポチっお願いします。
q



お花バナー



2012-12-12 01:04 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: