本日の市場動向とポイント  10/25

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

q


トラコミュ
現在のドル円、サポート&レジスタンスは←



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋


(本日の重要指標発表)

(日本市場)
 ・08:50;企業向けサービス価格指数(-0.5%)

(海外市場)
  ・21:30;(米)新規失業保険申請件数(37.0万件)、耐久材受注(+7.0%)
  ・23:00;(米)中古住宅販売保留(+2.5%)
  ・26:00;(米)米7年国債入札(290億ドル)

(海外市場動向)

昨日の欧米株市場はまちまちの展開となりました。欧州株市場はリバウンドの展開、いっぽう米国株市場は続落の展開となりました。欧州株市場では、中国の景気指標が良かったことから、欧州市場では資源関連株中心にリバウンドの展開となっています。しかし欧州市場の地合いはほとんど変化してはおらず、さらにこの日発表された景気指標もネガティブになっており、弱含みの市場地合いは変化したとは言えないと見ています。本日もこの地合いを引き継ぎ神経質な展開が続きそうです。またドイツDAX指数の動きも下向きになってきているため、欧州圏全体相場もこの動きに引きずられると見られます。

いっぽう米国株市場は続落の展開となりました。マクロ経済指標は良かったのですが、FOMCの結果待ちで午前中の相場はあまり動きがありませんでした。しかしFOMCの結果発表後も動意薄の展開続き、引けにかけてはやや売りが増し3指数ともにマイナス圏で引けています。このところのダウ工業30種平均の動きを見ていますと、200ドルを超える下げが2回もあったことや、1日の変動幅が大きくなってきている動きを見れば、先行き波乱となる懸念が大きくなって来ているようです。大統領選挙を前に市場は神経質な展開となっており、さらにバーナンキFRB議長の後任人事問題なども不透明感を強める結果となってきていることや、財政の崖問題などで、米国株も今後の動き次第では、さらに大きな下落の可能性が出てきているようにも見えます。従って本日も神経質な展開が続くと見ています。

FOMCの結果については、上述のようにほとんど変化はなく、前回のQE3実施発表後の様子見に入っているという展開と見られます。また景気見通しなども以前と変わりはないようです。次は12月にFOMCが開催されますが、市場はここでさらに追加の量的緩和期待(ツイストオペが終了した後も、米国債の買いを続けるというオペ)が出て来ています。しかしこれも米大統領選挙でロムニー氏が新大統領となれば、変わってくると見られます。いずれにしても大統領選挙待ちの展開になると思います。

またダウ工業30種平均ですが、昨日も結局は続落の展開となりました。S&P500は7週間ぶりの安値を示現しており、悪い企業業績などを反映した展開が続きそうです。ダウ平均の下値目処は今週末までに爬行色を強めながら13000ドル台を割るかもしれません。

いっぽう米国国債相場はマクロ経済指標が良かったことや、FOMCの結果待ちということもあり午前中はやや利食いが先行していましたが、FOMCの発表後は買い戻されていました。しかし10年国債の利回りは引けではやや売られており1.792%まで上昇しています。またこの日行われた5年国債の入札は応札も過去10回の平均を下回り、やや不調な結果となっていますが、売りが増えてきている様子はなく今後も株式市場などのリスク資産市場を見ながら神経質な展開が続きそうです。また商品市場も続落の展開となっています。原油相場は安値を更新する展開となってきており、金相場も1700ドルを割り込むような展開となりつつありますので、株式市場に比べて商品市場の方が一足先に調整局面入りとなったのではないでしょうか。

(外為市場動向)

昨日の外為市場では、ユーロ圏の景況感指数が悪化したこともありユーロ相場は引き続き弱含みの展開となっています。株式市場は反発しましたが、外為市場でユーロが軟調な展開は続いています。これは欧州の地合いがほとんど変わっていないことが弱含みの要因となっています。いっぽうユーロドル相場も小動きの展開ながら軟調な動きが続いて来ています。当面の下値目処は1.2895レベルと見ていますが、もしこのレベルを割り込む展開となれば、重要なサポートである1.280レベルとなります。今後もスペインの支援要請の動き、ギリシャ問題などの不透明感が引き続き払拭できない中では、引き続き軟調地合いが続いて行くと見ています。上値目処としては引き続き1.3010レベルと見られます。

またドル円相場は昨日も高値持ち合いの状況となっており、狭いレンジでほとんど動きがありませんでした。引き続きクロス円などの動きがドル円にも影響していくと思います。いずれにしても日銀の決定会合がある30日まではこのような神経質な動きが続くと見られます。上値目処は79.95円と見ています。下値目処については引き続き79.45円レベルと見ています。


ブログランキング・にほんブログ村へ

こちら応援ポチっお願いします。
q



以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



トラコミュ
今後のポン円について、詳しくはコチラ←←



お花バナー




2012-10-25 20:31 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: