本日の市場動向とポイント  10/24

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

q


トラコミュ
現在のドル円、サポート&レジスタンスは←



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋


(本日の重要指標発表)

(日本市場)
  ・特になし。

(海外市場)
  ・10:45;(中)HSBC製造業PMI速報値
  ・16:30;(独)製造業PMI速報値(48.0)、サービス業PMI速報値(50.0)
  ・17:00;(独)Ifo景況指数(101.6)、(欧)製造業PMI速報値(46.5)、サービス業PMI速報値(46.4)
  ・21:00;(独)ドラギECB総裁の発言(ドイツ議会)
  ・23:00;(米)新築住宅販売件数(38.5万件)
  ・26:00;(米)米5年国債入札(350億ドル)
  ・27:15;(米)FOMCの結果&声明発表(据え置き)

(海外市場動向)

昨日の欧米株市場はさらに大きく下落する展開となりました。欧州株市場では、この日スペインの5つの州が格下げになったことで欧州債務懸念が再び台頭しており、スペイン国債の利回りは大きく上昇し、株価も軟調地合いとなっています。欧州市場でも企業業績懸念が存在しており、弱含みの展開は続きそうです。また本日は景気動向のマクロ経済指標が発表されますが、特にドイツの指標が重要なポイントになりそうです。前月よりはやや良くなっているとの見方ですが、この数字が予想を下回る展開となれば、株価もさらに軟調気味となりそうです。

いっぽう米国株市場は、ダウ工業30種平均が大きく下げる展開となっています。特に景気敏感なグローバル企業の業績が予想よりも悪かったことから、下げ幅は200ドル以上の下落となっています。米企業業績発表については、市場も前もって下方修正見通しを出していたにもかかわらずさらに株価が軟調な展開となっていることは、全体相場がまだ高値圏にあるということなのではないでしょうか。

10月はミューチャルファンドの決算月でもあり、損出しと益出しの売買を合わせて行うことが多く、今回は株価が高値圏にあることで、この動きが大きいと見ています。10月受け渡し最終日である今週末まではこのような動きがまだ活発になって来る可能性がありますので、今週はまだ爬行色の強い展開が続くと見ています。

また本日はFOMCの結果発表があります。今回は前回QE3が発表されたこともあり、その後の様子を見るということだと思いますが、一部に米国債の買い付けを行うのではとの見方がありますが、もしこのような動きがあるにしても、次のFOMC以降と見ています。しかし今回のFOMCの声明で世界経済の動向などの見解が述べられると見られ、特に米景気動向や雇用状況などの見通しがポイントとなると見ています。本日の米国株の動きですが、引き続き昨日の軟調地合いを引き継ぐ軟調気味の展開が続くと見ていますが、FOMCの結果ではさらに上下どちらかに動きが出るかもしれません。ダウ工業30種平均も一時13000ドルを割り込むことになる可能性もあります。

いっぽう米国国債相場は株価が大きく下落したことで、買い戻しが強まりました。10年国債の利回りも1.764%まで低下して来ています。さらに2年国債の入札も好調なものとなっていました。当面は株価動向を眺めながらの展開になりそうです。また商品市場も大きく続落の展開となっています。さらに原油相場や金相場も下落の展開となりました。

(外為市場動向)

昨日の外為市場では、再びユーロ相場が下落の展開となりました。昨日は上述のようにスペインの5つの州の格下げが行われ、再び欧州圏の債務問題が蒸し返された感じとなりました。その結果としてユーロが売られ、ユーロドルも再び1.30を割り込む展開となっています。この日はリスク資産の下落が目立つ展開になり、ドルや円などが相対的に買われる展開になって来ています。ユーロドルの下値目処となっていた1.2985も下回っており、当面は次の下値目処である1.2960でかろうじて止まりました。

しかし本日もマクロ経済指標などの発表もあり、またスペイン国債や欧州株がどのような展開になるかがポイントになると思いますが、引き続き軟調気味の展開となればユーロドルもさらに下落する展開になりそうです。その場合の下値目処は当面1.2895が下値目処と見ています。また上値目処としては1.3010レベルと見ています。

いっぽうドル円相場はほぼ高値での持ち合いとなっています。これはドルも円も買われた結果相対的にはあまり動きが出ない展開となっています。依然であればこのような時には円髙に動きが出たと見られますが、今週発表された貿易収支を見ても赤字が拡大して来ており、これまでのように実需のドル売りがでにくくなってきていることもあるのではないでしょうか。今後の展開は特にクロス円の動きがポイントになってくると思います。引き続き本日の上値目処は80.10円レベル、また下値目処としては79.45円レベルと見ています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

こちら応援ポチっお願いします。
q



以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



トラコミュ
今後のポン円について、詳しくはコチラ←←



お花バナー




2012-10-24 18:45 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: