ポンドル  日柄記事 来週からの展開

ポンドル日足日柄です。
capture-20121020-160008.png
セントラル短資のチャートを使って日柄の説明をして行きます。
まったく強制ではありませんが、以下のバナーから口座開設していただければ幸いです。


先週の日柄記事のコメントにポンドルの部分は『ポンドルも日足遅行線の位置が悪い形となってきましたし、先週書いたダブルボトムの形を作れず、大事な位置を切ってきたようにも見えます。』と書いていましたが、週半ばから弱い展開になってしまいました。
頭を基準線に抑えられてしまい、週末には遅行線が完全に陰転してしまう形となり、後は実態が雲中に入ってしまえば、非常に悪い形となってしまいます。
いまのところポンドル日柄は、6月1日からは42の基本数値に則って動いていることから、この動きが続けば、次の波動に入るまで、あと20日あまり消化しないと行けません。
いまのところ1.6は精神的節目でもあり死守されていますが、1.59あたりを見ないと、戻すエネルギーは蓄えられないかと見ています。
月曜日に1.6を死守できなければ、当面の下値目処はそのあたりかと見ております。
また週足で見ると、21から22週での変化のリズムが2010年の11月高値から続いておりましたが、今週から来週にかけて反発できなければ、ここで崩れる可能性が高くなってきていますので、このあたりの変化も見逃したくないところです。


非常に応援ポチも少なくなってきています。
更新の唯一のモチベーションとなります。
よろしくお願い致します。

こちら応援ポチっお願いします。
q




お花バナー
2012-10-21 10:00 : ポンドドル : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

>また週足で見ると、21から22週での変化のリズムが
>2010年の11月高値から続いておりましたが、
>今週から来週にかけて反発できなければ、
>ここで崩れる可能性が高くなってきていますので、
>このあたりの変化も見逃したくないところです。

おっしゃるとりだと思います。
週足雲で支えられてますが、6月から8月中旬まで頭を抑えていた、
基準線位までは見ておいた方が良いように思います。

※なかなか良いタイミングの時にトレード出来きる状況にないので、ポンドルのポジション持ててないのが残念ですが。
2012-10-21 15:56 : supershoot URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-10-22 00:39 : : 編集
supershoot さん  おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。

>
> ※なかなか良いタイミングの時にトレード出来きる状況にないので、ポンドルのポジション持ててないのが残念ですが。

トレードに焦りは禁物ですので、ゆっくりと構えれば、そのうちいい状況でポジションが持てると思います。

これからもよろしくお願いいたします。
2012-10-25 02:31 : piyokiri URL : 編集
秘密のSさん
コメントありがとうございました。

ご指摘の通りだと思います。

色々と有難うございました。
2012-10-25 02:34 : piyokiri URL : 編集
« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: