10/19 海外市場と為替の見方

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

q


トラコミュ
現在のドル円、サポート&レジスタンスは←



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋

(本日のポイント)

・昨日の欧米株市場はまちまちの展開と言えます。欧州株市場では主要市場は続伸していましたが、スペイン、イタリア市場はマイナス圏での引けとなっています。この日は中国の主要経済指標の発表結果が良かったことから、商品関連株中心に上昇していましたが、全体としてはEU首脳会議の期待感が薄れる中では、神経質な展開が予想されます。

一方米国株市場は下落していますが、特にNASDAQの下げが大きくなりました。この日発表されたマクロ経済指標はやや期待はずれとなり、株価へのポジティブな影響はありませんでした。また手違いでザラ場中に発表されたグーグルの業績発表が悪かったことでハイテク銘柄の多いNASDAQが売られています。引き続き米国株は神経質な展開を続けると思います。

また米国債市場は弱含みの展開が続いていますが、下げはほぼ一巡したように見えます。10年国債利回りは1.835%まで上昇していますが、これは利食い売りが続いたと見られます。今後もリスク資産相場の動向がポイントになると見られます。さらに商品市場は続伸しました。中国の主要経済指標が良かったことで、景気底入れの期待も出ていることが要因となっています。

・昨日の外国為替市場においては、ユーロ相場が高値圏からやや弱含みの展開となりつつあります。本日もEU首脳会議の経過を見ながらの展開となっています。本日は週末でも有り、やや利食い売りから続落の展開となりそうです。ユーロドルも1.3台は重たい展開が続いており、抵抗ラインの1.3140レベルで押し戻されているようです。引き続き弱含みの展開が続くと見ています。

いっぽうドル円相場は続伸し、ドル円相場は79円台に乗せて来ています。これは今月末の日銀決定会合での追加金融緩和期待の思惑もあり円売りが出たとみられます。しかし上値目処の79.40円レベルで跳ね返されており、さらなる円安の動きは限定的と見ています。本日は週末ということもあり、いったんドル円相場は利食い売りが出されるのではないでしょうか。

・昨日の日本株市場も上昇相場が続いていました。日経平均は4日連騰となり今週に入ってから、安値からはほぼ500円近くも上昇しています。昨日の上昇は円安や月末の日銀の決定会合での追加金融緩和期待などで国内投資家の買いが多く入ったようです。しかし本日は週末でもあり利食い売りが先行するのではないでしょうか。

(本日の重要指標発表)

(日本市場)
・13:30;全産業活動指数(+0.1%)
その他白川日銀総裁の発言が予定されています。

(海外市場)
  ・23:00;(米)中古住宅販売件数(474万件)



FXの値動きを予想!ニューロFX通常版 最新のニューラルネットワークシステム搭載!fxで堅実な資金運用を!

capture-20120503-101505.png


ブログランキング・にほんブログ村へ

(海外市場動向)

昨日の欧米株市場はまちまちの展開でした。欧州株市場では、ドイツや英国株市場は続伸していますが、スペインやイタリア株市場はマイナス圏で終わっています。この動きを見ればポジティブな材料はほぼ織り込んできていると見ています。本日の展開はEU首脳会議の動向ですが、今のところは各国の主張がまだ噛み合っておらず、結果は期待はずれに終わる可能性が強そうです。今後は欧州市場でも業績発表が中心の展開となると見られ、今後の景気動向に軸足が移っているのではないでしょうか。

いっぽう米国株市場はやや弱含みの展開となりました。昨日は手違いにより、ザラ場中にグーグルの業績が発表されました。さらに内容も予想を下回る展開となっており、NASDAQ市場の下げ幅が拡大しました。この日発表されたマクロ経済指標はやや期待はずれとなり株価も上げ渋る展開になっていました。引き続きダウ工業30種平均は13500ドル台の高値圏で推移していますが、これは底固いというよりも上値が重たい展開と見ています。本日は中古住宅販売に関する指標が出てきますが、予想は前月比でマイナスとなっていますので、この数字が予想よりも良いものが出てきた時に相場が上昇出来るのかどうかがポイントになるのではないでしょうか。また週末ということもあり上値は重たいと思います。

また米国国債相場は弱含み展開が続いています。しかし大きく下げる展開とはならず利食い売りがまだ続いているといった感じでした。10年国債の利回りは1.835%まで上昇しています。現状ではリスク資産の上昇に逆相関の展開となっており、引き続き株式市場動向などに左右される展開となるでしょう。また商品市場も続伸の展開となりました。中国の主要経済指標が予想を上回ったこともポジティブに影響していたようです。本日は週末ということでやや利食いが入る展開を予想しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ


本気でFXに取り組む方へ FXplus3 Pistachio(エフエックスプラス3 ピスタチオ)

今後の展開を有名ブロガーはどう見ているか?■ポンド円ブロガーの見解はコチラから→にほんブログ村 ポンド円
■有力ブロガーの見解はコチラから  →人気ブログランキングへ


ido.jpg


(外為市場動向) 

昨日の外為市場ではユーロ相場はやや重たい展開となりました。この日からEU首脳会議が始まりましたが、今のところは参加各国の思惑が違っており、特にドイツとフランスの主張が異なっていることで、より具体的な成果が出てくるのかはわかりません。そのためユーロ相場の上昇も一巡したと見ています。今後は欧州景気の動向がどうなるかがポイントとなってくると思います。ユーロドルは昨日の上値目処としていた1.3140レベルで押し戻されていますので、引き続き1.3台では上値が重たい展開となっているようです。本日は週末ということもあり、利食い売りが先行する可能性が強いと見ています。引き続き上値目処は1.3140レベル、下値目処としては1.2985レベルと見ています。

昨日の外為市場での大きな動きは円相場でした。この日の円相場はほぼすべての通貨で売りがでてきていました。これは今月末の日銀決定会合で追加金融緩和を行うという期待感が出て来ており、これが円売りを誘いました。しかし79円台に乗ってからの動きは重たくなっており、80円に向かうような展開にはならないのではないかと見ています。引き続き上値目処は79.40円レベル、下値目処としては78.85円レベルと見られます。


ブログランキング・にほんブログ村へ


以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



FXで簡単に稼ぐ裏技!クイックFXで証券会社の乖離を突いて短期間で利益を確定!fxはこんなに簡単なんです!


トラコミュ
本日のポンド円予想


トラコミュ
チャートの反転ポイントを読む手法を公開!



こちら応援ポチっお願いします。
q



お花バナー


2012-10-19 19:34 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: