10/10  海外市場と為替市場のみかた

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

q


トラコミュ
現在のドル円、サポート&レジスタンスは←



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋


(本日の重要指標発表)

 
(日本市場)
・14:00;白川日銀総裁の発言

(海外市場)
・26:00;(米)10年国債入札(210億ドル)
・27:00;(米)地区連銀経済報告(ベージュブック)
 

(海外市場動向)

昨日の欧米株市場も軟調な展開が続き続落の展開となっています。欧州市場ではIMFが世界経済成長を下方修正したことを含み、欧州経済成長予想も引き下げたことなどで、景気低迷が続き、リセッション懸念もあることから、欧州地合いは悪化しており株価も大きく続落の展開となっていました。またスペインが支援を渋っており、欧州債務問題の先行きも不透明感が増していること、ギリシャ問題などもあり、ネガティブな材料が株価を下押しする結果となったようです。欧州地合いの好転の兆しが見えないだけに、まだ欧州相場の地合いは悪化する可能性があるかもしれません。

いっぽう米国株市場も、欧州地合いの悪化継続やインテルなどのハイテク企業の投資判断を下げたことなどで、ハイテク関連のNASDAQを中心に売りが先行する展開となっています。ダウ工業30種平均も13500ドル台を割り込んで13473ドルレベルとなり、ほぼ安値圏で引けています。当面の下値目処は13425ドルレベルと見ており、おそらくこのレベルでサポートされると見ていますが、もしこのレベルを割り込むような大幅下落の展開となれば次の下値目処である13367ドルレベルまでイッキに下落する可能性もあるかもしれません。本日は米国で地区連銀経済報告が発表されますので、この結果によってさらに株価が下押しする展開となれば、引き続き3ケタの下落もあるかもしれません。欧州地合いの悪化が続けば、米国株市場も軟調な地合いが続きそうです。

また米国国債相場は3連休明けでしたが、IMFが示した世界経済の下方修正などが要因となり、米国債相場は堅調な展開となっています。またこの日行われた3年国債の入札も順調な応札となっています。この結果10年国債の利回りは1.720%まで低下してきています。当面は景気動向や、欧州地合いの悪化などリスクオフの動きが続いており、米国債相場はしっかりした展開が続きそうです。一方商品市場は反発しており、特に原油相場が大きく反発したことも要因です。

(外為市場動向)

事実上は3連休明けとなった昨日のNY外国為替市場でも、ユーロ相場が軟調な展開となっていました。この日のIMFによる欧州圏の経済成長率を下方修正や、ギリシャ問題もメルケル独首相とサマラスギリシャ首相との首相会談の中で追加の支援に対しては決まらなかったことで、引き続きギリシャ問題の先行き不透明感が存在し、さらにスペインが支援要請を渋っていることで、欧州地合いの好転も見られなかったことなどで、ユーロは続落の展開となっています。ユーロドルも1.28台まで下落する展開となっています。本日も欧州地合いが大きなポイントとなると見られますので、当面の下値目処は1.2775ドルレベルまで下がって来ています。また上値目処は1.2945ドルレベルと見ています。

またドル円相場も引き続き軟調な地合いとなっていました。当面の下値目処である78.10円レベルは底固いと見ていますが、本日もユーロが売られるようであればクロス円などの売りがドル円相場の売りにもつながってきます。78円台を割り込む展開となれば介入警戒感も大きくなると見られますが、しかしG7財務相・中銀総裁会議などで円相場が高すぎるという認識が確認できなければ、さらに円高が進むかもしれません。当面の下値目処は引き続き78.10円、上値目処としては78.45円レベルと見ています。


ブログランキング・にほんブログ村へ

こちら応援ポチっお願いします。
q



以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



トラコミュ
今後のポン円について、詳しくはコチラ←←



お花バナー



2012-10-10 19:00 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: