9/25  海外市場と為替市場のみかた

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

q


トラコミュ
現在のドル円、サポート&レジスタンスは←



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋


(本日の重要指標発表)

(日本市場)
・特になし。

(海外市場)
・22:00;(欧)ドラギECB総裁の発言、(米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数(+0.8%)
・23:00;(米)消費者信頼感指数(63.2)
・26:00;(米)2年国債入札(350億ドル)

(海外市場動向)

週明けの欧米株市場は引き続き軟調な展開となりました。欧州株市場は独Ifo景況感指数が5ヶ月連続の低下となったことで、独景気のみならずユーロ圏全体の景気先行き不透明感が強まる結果となり、株価にも悪影響が出て来ています。

さらに銀行同盟などの具体的な進展も独、仏の政治的な不協和音が強まってきていることや、ギリシャの債務減免要求に対して独議会は反対するとの見方など、ギリシャ問題についても先行き不透明感が強まるなど、欧州地合いは再び悪化し始めて来ています。既にECBの積極的な金融政策は株価には織り込んでおり、市場は次のネガティブ材料を探しているようです。このような状況になってくれば、相場のリバウンド期待感も薄れて来ており、欧州の相場環境は再び悪化し始めてきているようです。本日はややリバウンド期待がありますが、もしリバウンドしたとしても上値は重たいと思います。

また米国株市場も欧州の地合い悪化を受けて弱含みの展開となりました。週明けということもあり売買は低調でした。この日は独経済指標が悪かったことなどで欧州の相場環境が悪くなってきていること、さらにスペインの救済基金への支援要請がいつになるのか、さらには中国景気の鈍化により資源、エネルギー関連株が軟調な地合いとなってきることなど、外部要因が悪化してきていることが下げの要因となったようです。またこのような外部要因が相場に与える影響が大きくなってきていることは、米国株自体も上昇しにくくなってきているという見方もできます。米国株は高値圏にあるためポジティブな材料がない状況では、どうしても外部要因の悪化などに引っ張られて株式市場は軟調な展開になっているようです。

本日の米国株の展開ですが、本日は住宅関連指数が出てくる予定となっており、この数字は期待が持てると思いますので、それによる株価の反応が大きくなるのか、また逆にあまり関係ないのかなどで、現在の米株の地合いがどのようになっているのかを把握するポイントになるかもしれません。もし引き続き軟調な展開が続くようであれば、米株も調整局面入りが近づいてきていると見ていいかもしれません。本日はリバウンド期待はあるのですが、上値は依然として重たいと見ています。ダウ工業30種平均の上値目処は引き続き13653ドルレベル、下値目処は13500ドルレベルですが、もしどちらかに外れるとすれば、下押しする可能性が強いのではないでしょうか。

いっぽう米国国債相場は小幅ですが6日間連続して上昇しています。この動きは上述のように欧州地合いが再び悪化し始めていること、欧州、中国などの景気減速感が目立ってきたことで、再び国債市場に資金が流入し始めていることなどが要因となっています。10年国債の利回りは1.710%まで低下しており、世界景気の鈍化懸念が背景にあるだけに、引き続き債券相場はしっかりの展開が続きそうです。また商品市場は引き続き弱含み推移となっています。こちらは中国景気の減速懸念が大きく影響して来ており、中国市場の大幅リバウンドがなければ、商品市場の戻りも小さなものになるでしょう。

(外為市場動向)

外国為替市場でも、ユーロ相場が引き続き軟調な展開となっています。海外市場動向においても述べたように独経済指標が悪かったこと、スペインが支援要請を何時行うのかという先行き不透明感、さらにギリシャ問題などがユーロ売りの材料となっています。そのためユーロドルも売られて来ており、一時1.29も割り込み1.2891レベルまで下落しました。その後は1.29台にリバウンドしてきていますが、もう一度下値レベルである1.2891レベルを試す展開になると思います。もしこのレベルを下回れば1.2840レベル程度までの下落があるとみられます。本日はドラギECB総裁の会見もあり、さらにスペイン情勢やギリシャ情勢など、またユーロ圏内の政治家の発言などにも注目です。本日の下値目処は1.2840レベル、目先の上値目処は1.2985レベルとなります。

いっぽうドル円相場も、やや円髙に傾いています。昨日は78円を割り込む展開となり、現在は77.85円レベルで推移して来ています。本日の動きとしては、77円台は介入警戒感が出てきはじめるところですので、本邦市場ではさらに円髙には行きにくいと思います。しかし海外時間になって引き続き欧州市場などの地合いが悪化した状況であれば、円買いの動きが逆に加速されるかもしれません。そのような状況ではもう少し円髙に動きが出る可能性があります。従って本日の下値目処としては、77.55円レベル、上値目処としては78.45円レベルと見ています。


ブログランキング・にほんブログ村へ

こちら応援ポチっお願いします。
q



以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



トラコミュ
今後のポン円について、詳しくはコチラ←←



お花バナー



2012-09-25 19:00 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: