9/19  海外市場と為替市場のみかた

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

q


トラコミュ
現在のドル円、サポート&レジスタンスは←



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋

(本日の重要指標発表)

(日本市場)
・正午過ぎ;日銀政策金利&声明発表。
・15:30;白川日銀総裁の会見。

(海外市場)
・17:30;(英)英中銀の議事録発表(9月5~6日分)
・21:30;(米)住宅着工件数(76.7万件)、建設許可件数(79.6万件)
・23:00;(米)中古住宅販売件数(456万件)
 

 
(海外市場動向)

昨日の欧米株市場は総じて続落の展開となっています。欧州株市場は、昨日発表された独景況感調査の数字が引き続きマイナス圏であったことで、欧州景気低迷懸念が出たことや、スペインがまだEUに対して支援要請をしていないことから、先行きの不透明感が再び強まって来ており市場は続落の展開となりました。ECBは新たなOMTというプログラムを発表したわけですが、金融政策だけで欧州債務危機の収束がなされるわけではなく、欧州の政治家などの政策担当者が真剣に取り組まなければ、収束は難航するという見通しが再び拡大し始めていることが、ネガティブ要因となっています。いずれにしても、先行き不透明感が再び拡大してきていることで、株式市場は再び神経質な展開が続くことになりそうです。

いっぽう米国株市場でも、欧州のこのような不透明感の高まりが相場の地合いを悪くしていることや、QE3を発表しても景気回復は順調には進まないのではないかとの見方が多くなって来ており、神経質な展開が続いています。この日も世界景気の低迷がまだ続くとの見方からフェデックスが再び業績の下方修正を出したことなども、相場のネガティブ要因となっていました。本日は住宅関連のマクロ経済指標が発表されますが、住宅関連の数字はポジティブになりつつあり、こちらは相場にポジティブに作用すると見ています。従って欧州地合いの悪化がそれほどでなければ、本日の米国株市場はやや反発の展開となるのではないでしょうか。ダウ工業30種平均は底固い展開となっており、9月14日の高値13653ドルレベルを上抜けできるのかどうかがポイントではないでしょうか。

欧米株市場が弱含みの展開になっているため、米国国債相場は引き続き強含みの展開となって来ており、10年国債の利回りは1.812%まで低下して来ています。こちらも今回のFOMCでQE3が発表されたにもかかわらず、米景気回復は順調には推移しないとの見方が多くなりつつあり、米国国債にも買い戻しの動きが出てきているようです。さらに商品市場は続落の展開となりました。リスク資産については、引き続き弱含みの展開となっているようです。

(外為市場動向)

外国為替市場では、ユーロが軟調な展開となっています。昨日発表された独ZEW景況感調査の数字がマイナスを続けていることなどで、欧州景気低迷がまだ続くのではないかとの見方が強まっており、ユーロドルも弱含みの展開が続いています。ただし1.3を大きく割り込む展開にはならないと思います。当面は1.3015レベルが下値目処と見ていますが、割り込んだとしても1.2985レベル程度と見ています。いっぽう上値目処としては、9月14日の高値である1.3168レベルと思います。もし本日反発してこのレベルを上抜ければさらに上昇トレンドの展開となるでしょう。

 
いっぽうドル円相場は強含みの展開となっています。これは中国での反日デモが拡大する可能性による円売の見方や、日銀の決定会合で追加緩和が発表されるのではないかとの期待感でドル髙、円安の展開が続いて来ています。本日は正午過ぎには日銀の決定会合の結果が発表されることから、午後にはどちらかに大きく振れる可能性もあります。何もなければ、いったんは78円割れ程度まで円安が進むかもしれません。いっぽうもし追加緩和が発表されても、基金での国債買取額の増加などではポジティブサプライズとはならないと思いますので、79円を大きく超えるようなことにはならないでしょう。本日の上値目処は引き続き79.05円、下値目処は77.90円レベルと見ています。


ブログランキング・にほんブログ村へ

こちら応援ポチっお願いします。
q



以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



トラコミュ
今後のポン円について、詳しくはコチラ←←



お花バナー



2012-09-19 19:00 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: