9/13  海外市場と為替市場のみかた

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

q


トラコミュ
現在のドル円、サポート&レジスタンスは←



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋


(本日の重要指標発表)

(日本市場)
・特にありません。

(海外市場)
・21:30;(米)週間新規失業保険申請件数(37.0万件)生産者物価指数(+1.2%)
・25:30;(米)FOMC政策金利&声明発表(0.25%据え置き)
・26:00;(米)30年国債入札(130億ドル)
・27:00;(米)FOMC経済金利見通し発表
・27:15;(米)バーナンキFRB議長会見

 
 
(海外市場動向)

昨日の欧米株市場は続伸の展開となりました。欧州市場では、独憲法裁判所でESM合憲判断が条件つきででたこと、また本日のFOMCでQE3が実施されるとの見方が強まり、ポジティブな買いが継続して来ています。

さらに米国株も続伸の展開となりましたが、高値圏ということもあり神経質な展開が続き上下に振れる展開となっています。本日は注目のFOMCの結果が発表され、また経済・金利見通しや、バーナンキ議長の会見も予定されていますので、これらのイベントまでは神経質な展開が続くと思います。

また市場としては、依然として今回のFOMCでQE3の決定があるとの期待感が多くなっていますが、今週このブログでも何度も述べたように、今回はQE3の実施は見送り、現在の超低金利を実施する期間の延長、つまり時間軸の延長が示されるにとどまるのではないでしょうか。しかし声明においては、雇用状況の改善と経済情勢が大きく好転しないままで推移すれば、年内にはMBSと国債買取りを対象とした新たなQE3を実施する可能性が高いという文言を盛り込むようなことがあるかもしれません。

しかし、これは一部のQE3実施を期待する市場参加者にとって失望感が出てくると思われ、株式市場は売りで対応する可能性があります。しかし遅くとも年内にはQE3の実施がありうるということが声明に盛り込まれたことになれば、短期的に失望感は出てくるでしょうが、その後は再び追加緩和期待が出てくるとみられ、株式市場にとっても再び高値を追う展開となりやすいのではないかと見ています。

本日の株式市場の動きですが、もし今回QE3が実施されることになれば相場的にはポジティブサプライズですが、株価上昇は短期で終了し、おそらく材料出尽くし感から利食い売りが出てやや長い調整局面に入ることも考えられるでしょう。いずれにしても本日のダウ工業30種平均はFOMCの結果が出るまでは小動きと見られます。

FOMCの結果がQE3の実施となれば、上値目処は13450ドルレベル、下値目処は13250ドルレベルと見ています。もしQE3が今回はなければやや売り先行となり、下値目処は13170ドルレベル程度までの下げがあるかもしれません。

いっぽう米国国債相場は、引き続き利食い売りが継続していました。また10年国債利回りは1.763%まで上昇して来ています。市場はQE3が実施されると見ており、これまでのQE実施以降は債券相場は下落していることから、今回もそれと同じような展開になっています。また昨日行われた10年国債の入札も過去の平均応札額を下回っており、順調な入札とは行かなかったようです。FOMCの結果QE3がなければ、米国債市場は反発となると思います。また商品市場は引き続き強含みの展開が続いています。これはQE3期待と、中国の景気刺激策期待が出てきているためですので、FOMCの結果次第では商品市場も転換点となるかもしれません。

  
(外為市場動向)

昨日の外国為替市場は、上述のように独憲法裁判所でESMの合憲判断が下され、これがユーロ相場を押し上げる展開となりましたが、その後はFOMCの結果待ちということもあり、神経質な展開が続いています。その結果としてユーロドルは一時1.29台前半まで上昇しましたが、その後はまた1.29を割り込んでの推移となっています。本日はFOMCの結果が大きなポイントになります。もしQE3が実施されれば、ドル安が進むと見られ、ユーロドルは上昇し、1.30に迫る展開になるのかもしれません。しかしもしなければドルは買い戻され、ユーロドルも利食い売りが先行して、1.28台まで売り込まれるかもしれません。いずれにしても本日の動きはこのイベント次第と思います。本日の上値目処はQE3が実施すれば、1.3060レベルみも達するかもしれません。もしQE3がなければ、下値目処は1.2670レベルまで売り込まれるかもしれません。

いっぽうドル円相場は、77円後半で小動きに終始しました。こちらもFOMCの結果次第の展開になるわけですが、もしQE3が実施されても介入警戒感があるためにそんなに大きな円髙に振れる事はないと思います。従って下値目処としては77.55円と見ています。また上値目処としてはQE3がなかったとして、ドルの買い戻しが入りドル髙円安の展開となり、78.50円レベルと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ

こちら応援ポチっお願いします。
q



以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



トラコミュ
今後のポン円について、詳しくはコチラ←←



お花バナー




2012-09-14 00:26 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: