本日の海外市場動向    8/31

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

q


トラコミュ
現在のドル円、サポート&レジスタンスは←



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋


(本日の重要指標発表)

(日本市場)
 ・08:30;7月全国消費者物価指数(-0.3%)、失業率(4.3%)
 ・08:50;7月鉱工業生産指数速報値(+1.7%)

(海外市場)
 ・15:00;(独)小売売上髙(+0.2%)
 ・18:00;(欧)ユーロ圏7月失業率(11.3%)、ユーロ圏8月消費者物価速報値(+2.5%)
 ・22:45;(米)8月シカゴ購買部協会景況指数(53.3)
 ・22:55;(米)8月ミシガン大消費者信頼感指数確報値(73.6)
 ・23:00;(米)バーナンキFRB議長の講演(ジャクソンホール)

(海外市場動向)

昨日の欧州株市場は大きく下落しました。欧州市場は続落、米国株市場は大きく反落しています。欧州市場の下げの要因は、スペイン政府のEUへの支援要請が遅れていることなどで、スペインなどの重債務国国債が売られたことで欧州地合いが悪化したことや、米ワイオミング州ジャクソンホールでのバーナンキ議長の講演が、市場の期待するような追加緩和を示唆することはないだろうとの見方が出たということですが、要は大きなイベントを控えて、いったん利食えるものは利食いしておこうという売りが出されたということだと見ています。

さらに今回のジャクソンホールでのバーナンキ議長の講演内容については、数日前からこのブログでもお伝えしているように、9月のFOMCでの議論内容を前もって示唆するような発言はしないと思っています。したがってこの動きは市場に失望感を与えることになり、株価のさらなる下落があると見ていますが、昨日のある程度の下げでそれは相場に織り込んできていることで、引き続き急落する様な展開とはならないと思います。しかし来週月曜日はレイバーディということで、本日は週末をはさんで3連休前の金曜日ですので、当然ポジション調整はあると思います。本日ダウ工業30種平均は、もし昨日の安値である12979ドルレベルを割り込めば、13041-(13144-12979)=12876ドルレベルが下値目処となります。また上値目処は13050レベルと見ています。従って本日の売買レンジは13050~12875ドルレベルと見ています。

いっぽう米国国債市場はしっかりの展開が続いています。欧米株市場の下落がリスクオフの動きを誘発したことが要因ですが、この中ではやはり欧州地合いが再びネガティブに変化したことが大きいと思います。

特にスペインのEUへの支援要請が遅れれば、EFSFやESMによるスペイン国債買取が遅れることになり、その分スペイン国債の利回り上昇が進むことになります。また格付け機関がスペイン国債をジャンク級に格下げするのも近づいてくることで、さらに欧州地合いの悪化が強まることになるわけです。従って米国国債の買いが再び強まることになります。1.6%を利回りレベルで下回ってくればまたリスクオフの動きが進むと思います。

また商品市場も弱含み地合いが続いています。こちらは中国株市場が軟調な展開を続けており、中国経済の減速感の強まりが資源関連の動きを軟調にしていることもあると思います。

(外為市場動向)

昨日の外国為替市場は、ユーロ売りが目立つ展開となりました。ロンドン市場の前半は独中首脳会談で、中国が欧州支援を継続するということを温首相が表明したことなどでユーロは強含みの展開となっていましたが、その後はスペインがEUへの支援要請の遅れが、EFSFやESMでのスペイン国債の買取が難しくなってきていることもあり、スペイン国債売りが増加し、さらにイタリア国債なども売られたこともあり、ユーロ売りが出ていました。そのためユーロドルは一時1.25レベルを割り込む展開になり、現在は1.2510レベルまで下落しています。当面リバウンドしていますが、再び欧州時間には売りが先行する可能性があります。

特に現在はスペインやイタリア国債の入札時期に当たり、8月29日のこのブログの日本株市場動向のところで指摘したように一部の海外のロングショート筋のヘッジファンドがスペインやイタリアの国債入札時期に合わせて欧州株やこれらの国債を売って、米国国債を買う動きが出てきており、今回も同じような動きになりつつあります。当面の上値目処は1.2522レベル、下値目処は1.2439レベルと見ています。

いっぽうドル円相場は引き続き小動き状況が続いています。上述のように欧州の地合いの悪化が再びリスクオフの動きからの円買いとなることも考えられます。このところのドル円相場の動きをチャートでみれば、日足での一目均衡表での雲の下端を上に抜けることができずに上値も重たくなってきています。本日はジャクソンホールでのバーナンキFRB議長の講演内容次第と見られますが、もし失望感が出たときはドル買いの動きもあると思います。しかし上値は引き続き重たいと見られ、相場は78円台半ばを中心に大きな動きはないと思います。本日のドル円相場も引き続き下値目処は78.40円、上値目処としては78.85円レベルと見ています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

こちら応援ポチっお願いします。
q



以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



トラコミュ
今後のポン円について、詳しくはコチラ←←



お花バナー



2012-08-31 20:00 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: