ポンド円  来週からの展開  8/20~

日柄は限定公開していますが、メールでのお問い合わせもあるので、今回は公開しておきます。

先週はポンド円の買いポジションには変化がなく、ポンドルとドル円の記事を書きましたが、先々週の記事には『ポンド円の状況ですが、16日という日柄を挟んだ為に、非常に読みにくくなっていますが、波動との組み合わせを見れば、7月25日から始まる日柄での推移に入っていると見るのが自然な気がします。そうであれば既に3波目に入っていることになってしまい、暫くは強くならなければならなくなり、7月19日からの見ての、ダブルボトムをつける形となってくれれば値幅がとれることになります。』と書いており、7月25日安値からのポジションの保有を続けている状態です。

ポンド円日足日柄です。
capture-20120818-042733.png
セントラル短資のチャートを使って日柄の説明をして行きます。
日柄に興味ある方は、クイックチャートとレーダーを使うのが良いと思います。



さて来週からの展開ですが、安値からは金曜日に17日目(16日の近似値)と6月21日高値から42日を迎えました。
チャートの形を見ると、金曜日は直近高値付近で十字腺となってしまい、宵の明星とも見受けられ、非常に悪い形となってしまいました。
しかしながら、チャートにも示したとおり、ダブルボトムのネックラインを超した形にもなっていますし、遅行腺も基準腺と転換腺の関係も陽転していることから、反落したとしても押しをつけてきたと判断したいところです。
月曜日からも強い展開が続けば、あと9営業日は強い展開となり、そこで利食いをいれる状況となります。
現在三波動形成中ですから、あと1波動あるかないかは、月曜日の足次第と見ています。


読まれた方は、一つだけ協力願います。
ポチッとして下さい。
q



2012-08-19 09:00 : ポンド円 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

こんばんは
ご苦労様です。皆さん、盆休みでしょうか。

ようやく上げて来ましたね。
太郎の応用下降ラインを上に下にと戯れて来ました。
日足200MAも上値を押さえてる要因でしょうか。
少し上には4/2からの下降ラインも待ってはいますが・・・。

ドル高であろうとドル安であろうと、
「ドル円高で下げれない、ポンドル高で下げれない」
という市場心理が暫く続きがちです。
月曜日足が125円アッパーで引ければ、週末までに6月高値を取りに来るのかな?

太郎はドルスイ0.9742、ユロポン0.7822に注目しますよ。
スイスが何かやってるようなのでやりづらいモノが有りますが。

今週も宜しくお願いしますv-381
2012-08-20 00:18 : 太郎ちゃん URL : 編集
太郎ちゃん こんばんは
いつもコメントありがとうございます。

明日から仕事の方もおおいでしょうから、今日は憂鬱な夜でしょうね。

明日から、少しは商いも膨らんでくるんでしょう。

カナダとオージーの相関もおかしくなっていますね。

ユーロやポンドのポジション整理が行われそうです。

オーダーがどこらあたりに溜まっているかは、知る由もありませんが、なんだか、売り予約の解消が月曜あたりは行われるような気がしてなりません。
当然、あげるのもあれば、下げるのもあるわけで、ちょっと崩れた相関関係の逆戻しがあると見ていますがどうでしょうか。

そういった意味では、月曜日の相場は注目しています。

今週もよろしくお願いいたします。
2012-08-20 00:30 : piyokiri URL : 編集
« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: