8/9  本日の相場のポイント

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

q


トラコミュ
現在のドル円、サポート&レジスタンスは←



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋

(本日のポイント)

・欧米株市場はやや上値が重たい展開となりました。欧州市場、米国株市場ともに連騰後の一服感が出てきているようです。欧州株市場は3日連騰後にやや利食い売りに押されているようです。いっぽう米国株市場もダウ平均はプラス圏で終わりましたが、NASDAQはマイナスとなっています。しかし売買は引き続き低迷しており、材料次第で再び跛行性が高まるような神経質な展開は、これからも続くでしょう。本日は7月の中国の主要マクロ経済指標が発表されますので、この数字が大きく変動すれば欧米株市場にも影響を及ぼすと見られます。

いっぽう米国国債市場は、株式市場がしっかりとした推移を続けているため、昨日も売られていました。10年国債の利回りは1.654%と引き続き上昇しています。また5年国債の入札も需要は低調に終わりました。需給関係がやや鈍化し始めているようです。また商品市場は堅調な展開が続いています。

・外国為替市場では、引き続きユーロ相場が弱含みの展開でした。外為市場も、株式市場と同じく目新しい材料がない中を方向感の乏しい展開となっています。ユーロドルも1.24レベルに近づくと重たい展開となるようです。当面は薄商いの中ユーロドルの下値目処である1.2285レベルを意識した展開となるかもしれません。

またドル円相場も方向感の乏しい展開になっています。引き続きドル円相場は78円台で推移していますが、ドル円相場の動きを左右するのはユーロ円などのクロス円の動き次第となっています。本日は日銀の政策金利と声明が発表されますが、今回は据え置きであり、市場は資産買い入れ額の増加もないと見ています。但しこれは織り込み済みであり、円ドル相場には影響ないと思います。また政治的には3党合意で消費税法案が通過の見通しが出てきたことは、やや円買い方向と見られますが、これを材料にした動きは限定的と思われます。

・日本株市場は7月初旬の高値に接近する展開となりました。オプションSQを前に買い戻しが積極的に入ったようです。ただし日経平均は9000円を前に利食い売りに押され、引けはやや上げ幅を縮小しています。東証1部売買金額も1兆2千億円台までになり現物株売買も盛り上がっていましたが、この動きが続くかどうかがポイントです。本日は日銀の政策金利と声明発表です。何もなければ株式市場はやや失望売りが出てくるかもしれませんが、下げ幅は限定的でしょう。また昼に発表される中国の主要マクロ経済指標にも注目でしょう。

(本日の重要指標発表)

(日本市場)
・08:50;機械受注(+12.0%)
・正午すぎ;日銀政策金利&声明発表(据え置き)
・15:30;白川日銀総裁の会見

(海外市場)
 ・10:30;(豪)失業率(5.3%)、(中)生産者物価指数(-2.5%)、消費者物価指数(+1.7%)
 ・14:30;(中)小売売上髙(+13.5%)、鉱工業生産(+9.7%)、固定資産投資(+20.6%)
 ・21:30;(米)週間新規失業保険申請件数(37.0万件)、貿易収支(-475億ドル)
 ・26:00;(米)30年国債入札(160億ドル)



ブログランキング・にほんブログ村へ


今後の展開を有名ブロガーはどう見ているか?■ポンド円ブロガーの見解はコチラから→にほんブログ村 ポンド円
■有力ブロガーの見解はコチラから  →人気ブログランキングへ


ido.jpg


(外為市場動向)

昨日の外国為替市場はユーロ相場がやや弱含みの展開が続いているようです。株式市場と同じように夏休み相場特有の薄商いの中で、方向感が乏しい展開になって来ています。この日も大きな材料はなく市場はポジション調整の売買が続いていました。その中ではややユーロの弱さが目立っており、ここに来てECBの追加金融緩和期待などの好材料はほぼ織り込み済みになって来ているようです。

ユーロドル相場は1.24レベルが重たい状況となっており一服感が強まっています。当面の下値目処である1.2285レベルを目指す動きが本日も続きそうです。上値目処としては1.2380レベルと見ています。

いっぽうドル円市場は引き続き方向感に乏しい展開が続いており、動きが出るのはクロス円の動きが大きな要因となっています。従って本日は豪州の失業率などが豪ドル円などのクロス円に影響を与える可能性もあり、クロス円が買われる展開となればドル円もやや円安方向に向かうでしょう。しかし売買レンジは引き続き78円台と見ています。上値目処は78.55円レベル、下値目処は78.20円レベルと見ています。日本の政局としては、3党合意で消費税法案が通過する可能性が強く、やや円髙方向に動くかもしれません。


ブログランキング・にほんブログ村へ


以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



トラコミュ
本日のポンド円予想


トラコミュ
チャートの反転ポイントを読む手法を公開!



こちら応援ポチっお願いします。

q



お花バナー


2012-08-09 18:00 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: