7/31  本日の相場のポイント

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

q


トラコミュ
現在のドル円、サポート&レジスタンスは←



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋

(本日のポイント)

・昨日の欧米株市場はまちまちの展開となりました。欧州市場は続伸の展開となりましたが、米国株市場はやや利食い売りに押されたようです。欧州市場では今週のECB理事会での積極的な措置を期待してリバウンドが続いていました。しかしECBの積極的な措置に対するドイツの反応が不透明であり、実際のところ現状の期待感は既に織り込まれてきており、期待不足であった場合の失望感の方が懸念されてくると思いますので、そろそろ上値は重たい状況になってくるのではないでしょうか。

いっぽう米国株市場はFOMC待ちで小動きの中小反落の展開になっています。今回のFOMCでは、市場はQE3を期待してはおらず、何らかの追加金融緩和への前向きの声明に終わるという見方です。従って米国株市場はしっかりの展開は続くとは見ていますが、上値を取って行くような動きはまだ見られていません。引き続き本日も神経質な展開と見られます。

さらに米国国債市場は底固い展開が続いています。10年国債利回りは1.502%まで低下してきており、今後もしっかりの展開は続くと見られます。さらに商品市場も反落の展開となりました。

・外国為替市場ではユーロがドルに対してやや売り優勢となりました。ユーロドルは再び1.2285レベルを割り込む展開となり1.2260レベルの推移となりました。これは市場がECBの積極的措置にまだ不透明感を持っている証左かもしれません。本日から米国ではFOMCが始まりますが、QE3は期待されておらずドル相場もこれ以上の下落はないのではないかと見る向きが多くなっているようです。本日もユーロドル相場はやや弱含み推移かもしれません。

いっぽうドル円相場もやや弱含みの展開でした。ユーロ円も利食いに押されて軟調地合いとなったことで、クロス円などの売りがドル円相場も軟調気味の展開になったようです。本日もやや弱含みの展開が続くと見られ、78円を割り込むかもしれません。

・昨日の日本株市場は続伸し、日経平均は1週間ぶりに8600円台を回復しましたが、売買は盛り上がりに欠ける展開となり、先週末の欧米株市場の大幅上昇を受けての展開にしては、上げのエネルギーが小さいと見ています。これはこの日発表されたマクロ経済指標が弱かったことや、企業業績に対する期待感が予想以上に小さいことを受けての動きなのかもしれません。本日も米国株市場がやや弱含みの展開となりましたので、あまり上値は期待できないのではないでしょうか。

(本日の重要指標発表)

(日本市場)
・08:30;失業率(4.4%)、有効求人倍率(0.82)
・14:00;住宅着工戸数(+9.4%)

(海外市場)
 ・15:00;(独)小売売上髙(+0.5%)
 ・16:55;(欧)失業率(6.8%)
 ・18:00;(欧)消費者物価指数速報値(+2.4%)
 ・21:30;(米)個人所得(+0.4%)、個人支出(+0.1%)、PCEコア・デフレーター(+0.2%)
 ・22:00;(米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数(+0.40%)
 ・22:45;(米)シカゴ購買部協会景気指数(52.4)

(海外市場動向)

週明けの欧米株市場はまちまちの展開となっています。欧州市場は先週末の地合いをそのまま受けて大幅に続伸の展開となりましたが、米国株市場は小動きの中小反落の展開となりました。

欧州市場の動きですが、注目はECB理事会でスペインやイタリア国債の利回り急上昇を防ぐためのより積極的な措置が期待されています。この中でもECBの債券購入再開や、追加利下げなどが挙げられていますが、特にスペインやイタリア国債の買い入れはEFSFとともに行うことになるわけで、これに対してドイツがどのような態度を示すのかは、まだ明確なコメントが出てはいません。さらに新たなLTROの導入についても、前回よりも積極的なものとなるのかが不透明なままであり、先週後半以降相当に大きな市場の期待がかかっていることも事実です。従ってもしその期待が裏切られた時には、さらに大きな失望感と相場下落が待っているのではないでしょうか。従って買い戻し相場が終了したとみられる本日以降は、やや不透明感から売りが出るかもしれません。

いっぽう米国株市場の方は、小動きの中小反落の展開となりました。週明けということや、FOMCを控えて動きにくいとみられており売買も非常に薄いものでした。今回のFOMCでは、QE3については期待されておらず、声明においてより積極的なコメントが期待されています。まずは超低金利期間をより長いモノにする時間軸の調整や、超過準備金にたいする付利を減少させるようなものです。おそらくこの程度の内容であればすでに相場には織り込んでおり、9月のFOMCでQE3を期待させるような声明文になることを市場は期待していると思います。従ってそのような文言がなければ期待ハズレの展開になると見られます。

ダウ工業30種平均はほとんど動きませんでしたが、13000ドルはしっかりとサポートしていました。本日も引き続き小動きの展開が続くと見られますので、売買レンジとすれば、13110~12980レベルと見ています。

また米国国債市場は反発の展開でした。この日も需給は全く問題なく、10年国債利回りは1.502%まで低下して来ています。引き続き需給の引き締まったしっかりした展開が続くと思います。商品市場もこの日は反落の展開でした。

(外為市場動向)

週明けの外国為替市場ではユーロがドルに対して売られました。この日は先週後半からのユーロの買い戻しも終了してきており、ドル相場もしっかりの展開となっています。そのためユーロドルは再び1.2285のレベルを割り込む展開となり、現在1.2250レベルで推移しています。株式市場は昨日も大きく買い戻されていましたが、ユーロ相場の買い戻しはほぼ終わったようです。今週のECB理事会でのより積極的な措置が取られるという期待は先週のECBのドラギ総裁をはじめとする当局者のコメントが物語ってはいますが、いまだにこれらのコメントに対するドイツの対応が明確には出てきていません。従って市場の期待通りの展開になるのかどうかという先行きの不透明感が外為市場では出てきているように見ています。従って本日も神経質な展開が続くと見ています。
本日のユーロドルの上値目処としては1.2285レベル、下値目処としては1.2180レベルと見ています。

さらにドル円市場もやや軟調な展開になりました。ドル相場はこの日も底固い展開となりましたが、ユーロが売りに押されたことでユーロ円が売られる展開になり、クロス円も売りとなっています。この結果ドル円相場もジリ安の展開となりました。本日も神経質な展開は続くと見られ、78円割れが再びあるかもしれません。本日の下値目処は引き続き77.95円レベル、上値目処は78.45円レベルと見ています。


ブログランキング・にほんブログ村へ


以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付


簡単に2800pips以上のシグナルを無料で受け取る方法

トラコミュ
本日のポンド円予想


トラコミュ
チャートの反転ポイントを読む手法を公開!



こちら応援ポチっお願いします。
q



お花バナー


2012-07-31 18:00 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: