7/19  本日の相場のポイント

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

q


トラコミュ
現在のドル円、サポート&レジスタンスは←



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋

(本日のポイント)

・昨日の欧米株市場は堅調な展開となっています。引き続き夏休み相場が続いている中で、市場参加者も減っ ており材料が出てくるに伴う相場変動が中心です。しかしトレンドなどの方向感が出てくるような動きにはなって いないようです。しかし引き続き欧州市場の地合いの好転が続くには、大きなポジティブ材料が必要のようで  す。

 いっぽう米国株市場も上昇しています。インテルなどの決算が好調であったことから、ハイテク中心に買われて いました。また住宅などのマクロ経済指標が良かったことも上昇要因でした。しかし一番はQE3に対する期待  感がまだ存在するようです。おそらく月末のFOMCまではこの動きが続くのかもしれません。またバーナンキ  FRB議長の下院での議会証言の内容も、やや景気の減速感を協調し、インフレ懸念が遠のいているというよう な証言内容に感じましたので、これも市場が次の追加緩和期待要因となってきているのではないでしょうか。  全体としては「閑散に売りなし」の展開が続いているようです。

 しかし、米国国債市場も株価が強含みにかかわらず堅調な展開が続いており、10年国債利回りは低下して   1.497%と再び1.5%を割り込んできています。これはバーナンキ議長の証言が国債市場にはポジティブな内  容と見ているようです。また地区連銀報告も、前回よりはやや景気回復基調が弱い感じを受けたようで、これも 相場の下支え要因でした。引き続き需給もしっかりしており、底固さは変化内容です。また商品市場も堅調な  展開となっていました。穀物市場が上昇していることが大きな要因です。また原油相場や金相場もしっかりの  展開でした。

・外国為替市場でドルインデッも、夏休み相場が続いているようです。ドルに対しても高金利通貨に買いが入る  程度で、ドル相場の方向感が出てくるような動きはありません。ユーロドルについても、レンジ内の動きとなって います。ただし上値は重たい状況が続いているようで、上値目処である1.2285レベルを上抜けするような動き は出ていません。引き続き神経質な展開が続くと見られます。

 いっぽうドル円相場は、再び円高方向に動きました。現在78円台の後半レベルですが、本日もやや円高に向  かい、下値目処の78.55円をトライする展開となるかもしれません。ただしこのレベルを下まわるのは新たな材 料が必要でしょう。引き続き神経質な動きが続くと見ています。

 
・昨日の日本株市場は引けにかけて下落しました。ただし東証1部売買金額は1兆円に満たない状況が続いて  います。ただしTOPIXは9日連続安となっており、相場全体も盛り上がりに欠けるようです。来週以降企業業績 の発表が始まりますので、その動き待ちの小動き状態となっているようです。昨日の米国株市場は強含みの  展開でしたが、円相場がやや円高に振れ始めており、それがネガティブ要因となって日本株も上値がまだ限定 的のようです。

(本日の重要指標発表)

 
(日本市場)
・13:30;全産業活動指数(-0.3%)
・14:00;景気動向指数改定値

(海外市場)
 ・17:00;(英)英小売売上高(+0.6%)
・21:30;(米)新規失業保険申請件数(36.4万件)
 ・23:00;(米)フィラデルフィア連銀景況指数(-8.0)、中古住宅販売件数(462万件)、景気先行指数(-0.1%)
 ・26:00;(米)10年物物価連動債入札(150億ドル)



FXの値動きを予想!ニューロFX通常版 最新のニューラルネットワークシステム搭載!fxで堅実な資金運用を!

capture-20120503-101505.png


ブログランキング・にほんブログ村へ

(海外市場動向)

昨日の欧米株市場は堅調な展開となりました。しかし売買は盛り上がりには欠ける展開で、夏休み市場がつづいているよう感覚です。つまり市場は「閑散に売りなし」の状況が続いていると言えます。この中で欧州株市場も米国株市場が大きく上昇したことを反映した展開となっており、米国株市場の影響を大きく受けた動きとなっています。ここ数日は欧州債務危機に関する材料が少なくなっており、市場は米国株の動きに敏感となっているようです。しかし20日はスペインの金融機関救済措置に関する合意の取り決めがなされると見ており、そろそろ欧州リスクに対する動きが出て来そうです。本日はスペイン国債の入札も予定されており、この結果も材料視されるかもしれません。引き続き神経質な展開が続くと見ています。

いっぽう米国株市場ですが、株価指数は大きく上昇してきています。一部情報ベンダーの見方はインテルなどのハイテク企業の業績が好調であったから、またここまで発表された第2四半期の企業業績から見れば70%は予想を上回っていたとの見方も相場が上昇した要因という見方があります。しかしインテルは寄り付き後は、第3四半期の業績が低迷するという見方で一時弱含む展開となっており、さらに第2四半期の企業業績を評価することについても、市場参加者はすでに第3四半期以降の業績の推移をみているわけで 、すでに終わった第2四半期の決算で判断するわけではありません。

おそらく、今週はオプションSQ週であることもあり、やや需給全体はタイトになっている中で、「閑散に売りなし」の相場状況の中で、バーナンキ議長の下院での議会証言が株価指数を押し上げたのではないかと見ています。したがって神経質な展開はまだ続くと見られます。またダウ工業30種平均も独立記念日の休場明けの、7月5日の寄り付きレベルの高値に近付いてきていますが、このレベルを抜くのはさらに大きなポジティブ材料が必要であると見ています。

ダウ工業30種平均も100ドル以上上昇して、12908ドルで引けました。7月12日からの目先の上昇トレンドの上値目処は2段波動で見て12645+(12784-12492)=12937ドルレベルとなりますので、本日の上値目処はこの12937ドルレベルあたりと見ています。下値目処としては、25日MAの12718レベルあたりではないでしょうか、

しかし米国国債市場も、米株式市場が堅調な展開となったにもかかわらず強含む展開となりました。10年国債利回りも1.5%を割り込む展開となり、1.497%レベルとなっています。これは昨日のバーナンキ議長の議会証言と、地区連銀報告が要因となったと見ています。また需給は依然としてタイトになったままのようです。また商品市場も堅調な展開でした。穀物市場が上昇を続け、トウモロコシ相場は干ばつで不作が続いており過去最高値近くまでに迫っています。さらに原油相場や金相場も堅調な展開でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ


本気でFXに取り組む方へ FXplus3 Pistachio(エフエックスプラス3 ピスタチオ)

今後の展開を有名ブロガーはどう見ているか?■ポンド円ブロガーの見解はコチラから→にほんブログ村 ポンド円
■有力ブロガーの見解はコチラから  →人気ブログランキングへ


ido.jpg


(外為市場動向) 

昨日の外国為替市場では、ドルが高金利通貨に対して売られていたようです。しかし全体的には株式市場と同じく夏休み相場入りとなっているようで、売買は低調となっています。ユーロドルに対しても動きは緩慢になって来ています。しかし上値目処である1.2285レベルを大きく上回ることは出来にくいようです。本日も米国のマクロ経済指標が発表されますので、それによるドル相場の振れもあると思います。またユーロ相場も本日のスペイン国債入札がポイントとなるかもしれません。ただしユーロドルの動きから見れば、上値は重たくなってきているように見えます。本日の上値目処は引き続き1.2285レベル、下値目処としては1.2130レベルと見ています。

いっぽうドル円市場は、ややドル円高が進んできたようです。ドル円相場も79円台から78円台に入っており、下値目処としている78.55円に接近してきていると見ています。本日もクロス円の動きがポイントとなるかもしれませんが、ドル相場については、バーナンキ議長の下院での証言、地区連銀報告などが追加緩和期待を醸し出す相場展開となっており、これがドル相場が弱含みとなっている要因です。したがってドル円相場も引き続き円高の動きが続くのではないでしょうか。下値目処は引き続き78.55円レベル、上値目処は79.15円と見ています。


ブログランキング・にほんブログ村へ


以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



FXで簡単に稼ぐ裏技!クイックFXで証券会社の乖離を突いて短期間で利益を確定!fxはこんなに簡単なんです!


トラコミュ
本日のポンド円予想


トラコミュ
チャートの反転ポイントを読む手法を公開!



こちら応援ポチっお願いします。
q



お花バナー


2012-07-19 18:00 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: