6/15  本日の相場のポイント

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

q


トラコミュ
現在のドル円、サポート&レジスタンスは←



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋

(本日のポイント)

・昨日の欧米株市場はまちまちの展開でした。この日は欧州株市場はまだ軟調な展開が続き、米国株市場は大きく買い戻されています。はじめに欧州株市場ですが、ギリシャ再選挙を前に神経質な売買が続き、スペイン国債の格付け引き下げで利回りは一時7%台乗せとなりました。本日も引き続き模様眺めの動きが続くと見ています。

一方米国株市場ですが、この日は需給から買い戻された感じです。買い戻しのきっかけはギリシャ再選挙後に市場が混乱した場合は、市場の安定と信用収縮による流動性低下を防ぐために、主要国中銀が協調して流動性供給を行う準備が整っているとの報道がG20筋から出てきたことが要因です。ただし売買は買い戻しが中心であり、引き続き神経質な展開が続きそうです。

さらに米国国債市場は株価上昇を受けて債券相場は反落の展開です。しかしこの日行われた30年国債入札は順調に消化されており、需給からも米国債への資金流入は今後も続くと見ています。また商品市場も米株市場が堅調になったことで反発しました。

・外国為替市場では引き続きドルが売られています。本日発表されたマクロ経済指標は予想をやや下回る展開となり、景気回復動向にやや不透明感が出てきているとみられ、ドルインデックスは売られています。この結果ユーロドルは上昇し1.26台を回復していますが、これは主にユーロが買われたのではなくドル売りが原因で買い戻されたと見ています。本日上値目処である1.2650ドルレベルを上抜けできるのかどうかがポイントです。

いっぽうドル円相場は小動きながらもやや弱含みの展開となりましたが、円買いというよりもドルが売られたことが要因と見られます。また本日は日銀の政策金利と声明発表がありますので、その結果次第では動きがあるかもしれません。今のところは変更なしですが、一部に追加緩和を期待する動きもあり、もし何も変更がなかったならばやや売りが先行する展開となるのかもしれません。下値目処は引き続き79.10円レベルです。

・昨日の日本株市場は小幅安の展開でした。引き続き東証1部の売買代金は8598億円台と少ない状況が続いており、総じて様子見気分の強い展開でした。本日は昼には政策金利と声明が出てくるわけで、もし追加の緩和措置が取られるようなればこの材料に反応して買いが入るでしょうが、その他にもイベントを控えており、日本市場独自に動くのは難しいのではないでしょうか。いっぽう何もなければやや軟調な展開となるのではないかと思います。しかし日経平均は8500円を割り込む展開となれば、引き続き買い意向は強まると思います。

(本日の重要指標発表)

(日本市場)
・昼ごろ;日銀政策金利&声明発表(0.10%据え置き)
・15:30;白川日銀総裁の会見
 
(海外市場)
・15:50;(欧)ドラギECB総裁の発言
・21:30;(米)NY連銀製造業景気指数(+13.00)
・22:15;(米)鉱工業生産(+0.1%)、設備稼働率(79.2%)
・22:55;(米)ミシガン大6月消費者信頼感指数速報値(77.5)



FXの値動きを予想!ニューロFX通常版 最新のニューラルネットワークシステム搭載!fxで堅実な資金運用を!

capture-20120503-101505.png


ブログランキング・にほんブログ村へ

(海外市場動向)

昨日の欧米株市場はまちまちの展開となりました。欧州市場では軟調地合いがまだ続いており、様子見気分の強い展開が続いています。この日はスペイン国債の格下げを受けてスペイン国債の利回りが7%台に乗せ、資金調達が困難になりつつあります。ただしイタリア国債の利回りは低下しており、周辺国の国債市場はまちまちの動きです。しかしスペイン株市場はこのところ強含み展開となっており、こちらは銀行株等の買い戻し基調が続いているようです。このように欧州株市場はまちまちの展開となっていますが、全体的にはほとんど様子見気分が強いと見ていいのではないでしょうか。ギリシャの再選挙を控えて本日も神経質な動きが続くとみられます。

来週以降の展開はまずギリシャの総選挙の結果次第ですが、どちらに転んでもほぼ相場には織り込み済みと見られ、欧州市場はいったん買い戻しの展開となると予想しています。そしてこの動きを反映したのが昨日の米国株市場ではなかったでしょうか。この日の米国株市場は大きく反発しました。しかしダウ工業30種平均は155ドルで終わっているものの、NASDAQの上昇率はダウ平均のおよそ半分でした。これはダウ平均の上昇の大部分はエネルギーや素材関連株となったことが要因です。今週は米国市場がメジャーSQ週(クアドブル・ウイッチング)であり、需給が非常にタイトになっていること、また欧州地合いを受けて市場は過度に売り込まれていることで、少しのポジティブ要因で大きく買い戻される環境にあったということです。従ってこの日発表されたマクロ経済指標は必ずしもポジティブではなかったにもかかわらず、終盤になって需給からの買い戻しが活発化したということではないでしょうか。従ってこの上げにより本格的な相場反転の兆しが示されたとは見ていません。いずれにせよ本日も欧州市場を眺めならが、跛行色の強い神経質な展開が続くと見ています。

ダウ工業30種平均はこの日再び反発して一時12700ドルを示現し、終値は12651ドルレベルで終了しました。これは25日MAの12488ドルレベルを上回り、主要上値目処として見ている12650ドルで引けています。従って本日このレベルを大きく上回って引けない限りは、米株市場はQE3を期待しながらの相場反転と見るのはまだ早いと思います。

いっぽう米国国債市場は、株価の大幅上昇でやや軟調な展開となりました。10年国債利回りは1.643%まで上昇しました。しかしこの日行われた30年国債の落札利回りは過去最低となり、需給は引き続きタイトなままとなっています。この日発表された消費者物価指数が大きく下落したことで、QE3への期待の高まりもあり米国債市場への資金流入は続くと思います。さらに商品市場も買い戻しで反発しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ


本気でFXに取り組む方へ FXplus3 Pistachio(エフエックスプラス3 ピスタチオ)

今後の展開を有名ブロガーはどう見ているか?■ポンド円ブロガーの見解はコチラから→にほんブログ村 ポンド円
■有力ブロガーの見解はコチラから  →人気ブログランキングへ


ido.jpg


(外為市場動向) 

昨日の外国為替市場では、ドルが全面安の展開となっています。この日発表された米消費者物価指数の低下や新規失業保険申請件数が増加してきていることなど、米景気回復に不透明感が漂う結果、ドルは売り先行となっていました。そのためユーロドルも大きく上昇しています。この上昇はユーロが買い戻されたということよりも、ドルが売られて相対的にユーロドルが買われたようです。この結果再びユーロドルは1.26台を回復しています。欧州市場はギリシャの再選挙を前に非常に神経質な展開となっており、外為市場でもその動きに変わりはありません。しかしシカゴIMM通貨先物市場でのショートポジションが大幅に増加してきていることで、ちょっとしたポジティブなことで買い戻しの動きは入りやすくなっています。外為市場も跛行色が強い神経質な展開が続くと思います。したがってユーロドルの上値目処としては引き続き1.2650、下値目処は1.2410レベルとなります。

いっぽうドル円相場は、ドル売りが先行してドル円市場もやや弱含みの展開となりました。本日は日銀の政策金利と声明発表があります。お昼ごろにはその結果がわかると思いますが、市場の予想では今回は変更なしで追加の量的緩和もないとの予想ですが、一部で緩和期待も出ており、もし変更なしとなればドル円相場は売りが出てくるのではないでしょうか。引き続き本日も上値目処が79.95円、下値目処は79.10円と見ています。


ブログランキング・にほんブログ村へ


以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



FXで簡単に稼ぐ裏技!クイックFXで証券会社の乖離を突いて短期間で利益を確定!fxはこんなに簡単なんです!


トラコミュ
本日のポンド円予想


トラコミュ
チャートの反転ポイントを読む手法を公開!



こちら応援ポチっお願いします。
q



お花バナー



2012-06-15 18:00 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :
ユロドル  来週からの展開  6/18~ «  ホーム  » ポンド円  金曜日の展開と注目点  6/15
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【6/15  本日の相場のポイント】
いつも、応援有難うございます。ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。ポチっとお願いいたします。CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。トラコミュ現在のドル円、サポート&レジスタンスは←本日の朝の...
2012-06-19 : 14:36 : まとめwoネタ速neo
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: