6/14  本日の相場のポイント

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

q


トラコミュ
現在のドル円、サポート&レジスタンスは←



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋

(本日のポイント)

・昨日の欧米株市場は再び反落の展開となっています。欧州の地合いはまだ悪化したままですが、悪材料も徐々に織り込んできています。ただし、スペインの金融機関リスクがイタリア、そしてフランスへと波及するリスクはまだ織り込んではいないようです。ムディーズもスペイン国債を格下げしています。ギリシャの再選挙はどちらに転ぶのかわかりませんので、不透明感はそのままです。このような地合いがまだ続いており、欧州株市場は弱含みの展開が続いています。本日もまだ不透明感は続き、軟調な地合いは続くと見ています。さらに米国株市場も反落の展開でした。ただし売買は盛り上がりに欠け、今週は欧州地合いを見ながら様子見の展開が続くと見ています。

いっぽう米国国債市場は株価の反落で反発しています。10年国債利回りは1.595%台まで低下してきています。また10年債の入札は順調に推移、引き合いも強かったようです。また商品市場は反落しています。

・外国為替市場ではドルが売られています。この結果ユーロドルは一時1.26台まで買われたものの、その後は利食い売りに押されて1.25台半ばまで売られています。この日は米国の生産者物価指数の下落がドル相場を軟調にし、そのためユーロドルも買われました。ただし欧州の地合いが好転しての、ユーロ買いではなくドルが売られたことが要因ですので、単にユーロドルは買い戻しのみの上昇と見ています。本日も米国で消費者物価指数が発表されますが、これを材料に、もしドル相場が軟調になったとしても、本日のユーロドルは昨日より上値は重く、買い戻しは小さなものになると思います。

さらにドル円相場も、ドル相場が弱含みの展開になっただけドル円相場も安くなり79円台半ばから、前半のレンジに下落しています。本日から日銀の政策金利決定会合が始まります。今回はなんの変更もないと見ていますが、一部の市場参加者は追加緩和期待が出ており、この動きが下値を固いモノにしているようです。引き続き本日も79円前半で小動きの展開と見ています。

・昨日の日本株市場はジリの展開でした。しかし東証1部の売買代金は8300億円台と非常に少なく、市場参加者はほぼ様子見の状況です。外部要因が不透明ななか、日銀の政策金利決定会合も控えて不透明感の強い中での展開です。ただし日経平均で見れば8500円を割り込む状況では、今のところは下値と見た買いが入っていることも事実です。しかし国内の政治的な不透明要因もあり神経質な売買が続く展開は続いており、さらに外部要因での悪材料などがあれば再び8500円を大きく割り込む可能性もあるのではないでしょうか。

(本日の重要指標発表)

(日本市場)
・特になし。
 
(海外市場)
・16:30;(スイス)スイス中銀政策金利&声明。
・21:30;(米)週間新規失業保険申請件数(37.5万件)、5月消費者物価指数(-0.2%、コア指数は+0.2%)
・26:00;(米)米30年国債入札(130億ドル)



FXの値動きを予想!ニューロFX通常版 最新のニューラルネットワークシステム搭載!fxで堅実な資金運用を!

capture-20120503-101505.png


ブログランキング・にほんブログ村へ

(海外市場動向)

昨日の欧米株市場はほぼ反落の展開となっています。欧州株市場はスペインと英国を除きほとんどが下落基調となっています。特にイタリアやフランスの株価下落は次のリスク拡大の動きがどこに出てくるのかを示唆するような下げとなってきています。また周辺国国債の利回りは上昇しており、イタリア国債も6%台となってきています。本日も神経質な展開が続くと見られ、特にイタリア国債の利回り上昇には注意が必要でしょうか。

欧州の地合いが好転する可能性は、ギリシャの再選挙で緊縮財政派が主導権を握った時でしょうか。またスペインの金融機関支援のより具体的なやり方を示すこと、さらには欧州全体の金融機関の流動性リスクを防止するためのさらなる具体策が出てくることがポイントになります。しかしこれらはあくまで短期的なものであり、中長期的に欧州市場が上昇するためには景気回復が一番大きなポイントです。従って現在の欧州全体の緊縮財政策をやや緩和するような政策を打ち出すことが必要でしょう。

いっぽう米国株市場も反落の展開となりました。この日は生産者物価指数と小売売上が発表されましたが、小売売上は2ヶ月連続してマイナスとはなったものの、これは予想通りの数字であり、生産者物価指数は予想よりも悪いものでしたが、これらの発表で寄り付きは売られたものの、その後はプラス圏での展開もあり、この発表が株価の下落要因ではなかったようです。おそらく上値の重さが確認された段階で、買いが引っ込んだために売りが先行する展開となり、引けはマイナス圏となったようです。今週は米国株市場がSQ週でもあり、需給がタイトになっている分下値では買いもどしが入ってきます。そのため今週は上下にぶれが大きく、跛行色の強い展開が続いています。

しかし欧州の地合いが好転しないまでも、米国株市場がこのように跛行色が強まっているのは、中期的にみれば米国も来年から財政削減を行い、ブッシュ減税もこのままでは終了してしまう状況では、今後の米国景気回復にやや陰りが出てしまうことも大きな要因になりつつあるのではないでしょうか。

ダウ工業30種平均はこの日再び下落し12500ドルを割り込み25日MAの12496ドルレベルで終わっています。もし本日続落の展開となればまた弱含みの展開になるかもしれません。さらにテクニカル的な見方をすれば、日足では上値が段々と下げてきており、やや下値傾向の三角持ち合いになりつつあります。この場合の下値目処は12400ドルレベルとなっていますので、もしこのレベルをサポート出来るかどうかが大きなポイントです。本日の売買レンジは12570~12400ドルレベルと見ています。

また米国国債市場は、株価の下落で反発しています。10年国債利回りは再び1.6%台を割り込む展開になり1.595%まで低下しました。さらにこの日行われた10年国債の入札も落札利回りは史上最低となり、応札も活発に行われ需給はタイトなままのようです。今後も引き続き強含みの展開は続くと見ています。いっぽう商品市場は反落の展開となっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ


本気でFXに取り組む方へ FXplus3 Pistachio(エフエックスプラス3 ピスタチオ)

今後の展開を有名ブロガーはどう見ているか?■ポンド円ブロガーの見解はコチラから→にほんブログ村 ポンド円
■有力ブロガーの見解はコチラから  →人気ブログランキングへ


ido.jpg


(外為市場動向) 

昨日の外国為替市場では、ドルが売られる展開となりました。この日発表されたマクロ経済指標が影響したようです。特に消費関連の指標でしたので、この数字が予想通りであったとはいえ景気回復にはネガティブに捉えられて、ドルが売られたと思います。従ってユーロドルは相対的に買いとなったようです。ユーロドルは一時1.26台まで上昇するものの、上値は重く再び1.25台の前半まで利食い売りが出ています。本日も米国は消費者物価指数が発表され、この数字でドルが売られることがあるかもしれませんが、欧州の地合いは海外動向で述べたようにまだ不透明感はそのままですので、ユーロが反転して買いになることはありません。従ってユーロドルも買い戻しで上昇する以外は、本日も反転上昇する気配はないと思います。ユーロドルの上値目処は1.2650レベル、下値目処は1.2410レベルと見ています。

いっぽうドル円相場は、ドルが売られた分やや下げていますが、小動きが続いていることに間違いはありません。本日以降は日銀の政策金利決定会合が始まりますので、明日の昼まではこのままの小動きの状態が続くのではないでしょうか。従って本日も昨日と同じ上値目処が79.95円、下値目処は79.10円と見ています。


ブログランキング・にほんブログ村へ


以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



FXで簡単に稼ぐ裏技!クイックFXで証券会社の乖離を突いて短期間で利益を確定!fxはこんなに簡単なんです!


トラコミュ
本日のポンド円予想


トラコミュ
チャートの反転ポイントを読む手法を公開!



こちら応援ポチっお願いします。
q



お花バナー



2012-06-14 18:00 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :
ポンド円  金曜日の展開と注目点  6/15 «  ホーム  » ポンド円  木曜日の展開と注目点  6/14
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【6/14  本日の相場のポイント】
いつも、応援有難うございます。ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。ポチっとお願いいたします。CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。トラコミュ現在のドル円、サポート&レジスタンスは←本日の朝の...
2012-06-18 : 20:59 : まとめwoネタ速neo
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: