利益を出すインジケーターを簡単に見つける方法

МТ4でのバックテストのやり方を記事にしましたが、やはり、なかなか英語に馴染み難い事もあって検証に力が入りませんでした。

FXCMジャパン証券のTrading StationⅡで簡単にバックテストが出来ます。

写真と説明でみると、すこし複雑に見えるかも知れませんが、やってみると簡単で、しかも、日本語表記なのでわかりやすいと思います。

Trading StationⅡを開きチャートを表示させます。


capture-20120429-002849.png
クリックで拡大できます。

画面左上の、赤〇で囲った部分にシグナルと書かれていますので、ここをクリックすると、ウインドがでてきて、バックテスト・ストラテジーを選ぶと下の画面のウインドウが開きます。


capture-20120429-003811.png
クリックで拡大できます。

15種類のテクニカルから、調べたいインジケーターを選んで反転させます。
(サポート対象外になりますが、他のインジケーターもインポートできます。)
ここでは一般的なMACDで検証します。
次へを押すと下の画面になります。


capture-20120429-004031.png
クリックで拡大できます。

建てる通貨・初期投資額・口座の種類・注文種類を選べます。


capture-20120429-005130.png
クリックで拡大できます。

ここで通貨を選びます。
複数同時に組み合わせて調べることも出来ますし、勿論、単独通貨も選べます。
特筆すべきは、通貨ペアだけでなく、オイル・金等の商品・日米欧主要国の指数関連もバックテストすることができます。
今回は一番上のユロドルを選び、次へを押します。


capture-20120429-010101.png
クリックで拡大できます。

ここでパラメーターを変えることが出来ます。
テクニカルの数値だけではなく、取引ロット・リミット・ストップ・トレイルストップの有無・アラートの設定などが任意で設定できます。


capture-20120429-010806.png
クリックで拡大できます。

設定はこれだけです。
ここで開始ボタンを押せば、始まるわけですが、もう一度確認したいなら左上の反転している部分をクリックすると、選んだ過程が開き確認できます。
用意が出来たら開始を押せば始まり、数分で結果が表示されます。


capture-20120429-011000_20120429011525.png
クリックで拡大できます。


通常のチャートの上に売買サインが表示され、二段目に損益グラフが表示されています。
結果を詳しく見たいなら、左下の統計のタグを押すと下の画面となります。


capture-20120429-011801.png
クリックで拡大できます。


今回のユロドル1時間足の検証では、3月1日からで3409pipsの利益が出ました。

バックテストで選んだシグナルのサインを、実際の売買で活用することもできます。
通常のチャートでシグナルをクリックしシグナルの追加を選ぶだけです。


Trading StationⅡFXCMジャパン証券口座開設で完全無料で使えることができます。
詳しくはコチラから



トラコミュ
FXで稼ぐならユーロドル



みなさんの応援だけが更新のモチベーションとなります。
こちら応援ポチっお願いします。
q




お花バナー
2012-04-29 20:00 : バックテスト : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: