1月4日 今週の見方(1/03~1/06)

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

q


トラコミュ
現在のドル円、サポート&レジスタンスは←



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋

今週の見方(01/02~01/06)


(今週のスケジュールなど)


(日本市場)

・01/02(月)元旦の振替休日

・01/03(火)金融機関の休日

・01/04(水)官庁の御用始め、大発会

・01/05(木)12月マネタリーベース、12月新車販売


(海外市場)

・01/02(月)米英市場は休場

・01/03(火)米12月ISM製造業景況指数、FOMC議事録、

・01/04(水)ユーロ圏12月消費者物価指数消費者物価、米11月製造業受注

・01/05(木) 米ADP雇用報告、米ISM非製造業景況指数

・01/06(金)米雇用統計



一目均衡表を考える

・欧米株式市場について

(今週の海外市場の動き)


年度末の欧米株式市場は落ち着いた動きとなっていました。ただし、ユーロが大きく売られたのは、ECBのバランスシートが資金供給オペの影響で急速に増大し、その結果として市場にユーロが潤沢に出回ったことが要因であり、欧州リスクによりユーロが売られたわけではないと思います。今週も欧州株は堅調な展開となると見ており、特にユーロ安はユーロ圏の経済にはポジティブな要因となり、株価も堅調推移が続くのでではないでしょうか。ただし、ホルムズ海峡封鎖などの地政学的なリスクが高まる可能性があり、これが原油価格の高騰に拍車をかけるようなことになれば、やや弱含むかもしれません。


いっぽう米国株市場も年度明けとなる1月は堅調な推移が期待出来ます。特に今週は雇用統計やISMの指標など重要な経済指標の発表があります。12月の指標が良かっただけに1月もこの動きは続くと見る向きが多く、株式市場もそれを受けて堅調な展開が期待出来るのではないでしょうか。


ダウ工業30種平均は年末には12151ドルレベルとやや売られて年を越した訳ですが、今週はこれらの指標期待もあり、再び上値をトライする可能性があると思います。上値目処としては、12380ドルと見ていますが、雇用統計次第ではこのレベルを超える可能性もあると見ています。欧州市場が落ち着いてくれば、12510ドル近くまでの上昇も期待できると思います。また下値については12090ドルレベルと見ています。今週の売買レンジとしては、12090~12510ドルと見ています。


いっぽう米国国債市場はリスク資産である株式市場とは逆相関の関係が続九とみられます。ただし現状ではあまり売り込まれる材料もないと見れますので、10年国債の利回りベースは引続き2%前後で推移して行くとみています。更に商品市場ですが、現状では原油価格がホルムズ海峡封鎖の思惑もあり、高く推移すると見ています。更に金相場ですが、現在ややドルが高い状況が続いており、金は引続き軟調気味の展開になると思います。商品市場全体としては、リスク資産である株式市場と同じ展開と見ています。


今後の展開を有名ブロガーはどう見ているか?■ポンド円ブロガーの見解はコチラから→にほんブログ村 ポンド円
■有力ブロガーの見解はコチラから  →人気ブログランキングへ


ido.jpg


為替市場について

先週の外国為替市場ではユーロが売られており、その結果としてドルインデックスは高止まりしていたわけですが、その動きも年末年始とややドルインデックス売りになっています。しかしユーロが売られているのは、欧州の地合いがさらに悪くなってきているわけではなく、単にECBのバランスシートが増大して来ていることが売り材料となっている訳ですので、欧州リスクについては、やや減少する方向になります。従ってイッキにユーロが売り込まれることにはならず、中期的に安い状況となると思います。従って対ドルや対他通貨にとっても、例えばスイスフランや円にとっては安くなりますが、ドルにとっては、今後の米国マクロ経済指標が強いときには、ユーロ売りドル買いとなりますが、そうでなければユーロドルの動きは落ち着きを取り戻すのではないかと思います。今週も1.30を意識し、このレベルに絡む展開と予想します。当面の上値は1.3045レベルですが、これを上抜ければ1.3210までリバウンドする可能性があります。下値については、引続き1.2840レベルと見ています。これはフランス国債の格下げなどのソブリンリスクの高まりが強まることが要因になると思います。従って今週のユーロドルのレンジは1.3045~1.2840ドルレベルと見ています。


いっぽうドル円相場についてはユーロ安などのクロス円が大きく売られており、ドル円も間接的に売りが増して来ています。年明けとなればドルの需給は鈍化してクルとみられますので、ややドル売り円買いが進む可能性はあります。その場合は再び75円割れを示現する展開となるかもしれません。ドル円の上値については77.40円レベルと見ています。売られてくれば下値は76.25円レベルと見ています。しかし日本にとってはホルムズ海峡封鎖など地政学的なリスクや、国債格下げなどで円売りが加速する可能性もあります。従って、今週の売買レンジとしては、77.40~76.25円レベルと見ています。



以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付





トラコミュ
本日のポンド円予想


トラコミュ
チャートの反転ポイントを読む手法を公開!



こちら応援ポチっお願いします。
q



お花バナー




2012-01-04 18:00 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: