ユロドルの上値は重たい

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

q


トラコミュ
読み応えのあるFX記事大集合!



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋


・昨日は欧州株市場は続伸の展開、しかし米国株市場はまちまちの展開となっています。欧州市場では独議会でEFSFの機能拡充案が採択されたことで、金融株を中心に強含みの展開が続きました。またギリシャの追加支援もトロイカ調査団のギリシャ入りで、10月にも行われる予定とみられ、やや欧州債務危機不安が遠のいたようです。しかし既に株価には織り込まれており、欧州リスクから景気動向にまた関心が移って行くと見ています。いっぽう米国株市場はまちまちの展開となっています。ダウ工業30種平均はしっかりした展開ですが、ナスダックは売られました。本日は四半期末でもありドレッシング期待もありますが、マクロ経済指標次第では反落の展開もあるのではないでしょうか。

米国国債市場は長期債部ゾーンがしっかりの展開となっていますが、全体としてはまちまちの展開となっています。商品市場は原油相場を中心として続伸の展開が続きました。


・外国為替市場ではドルインデックスが続伸の展開です。ただしユーロの上昇も独議会でEFSFの機能拡充案が採択されたことで、ユーロの動向は今後欧州圏の景気動向に軸足を移して行くとみられます。ユーロドルは1.3677ドルまで買われたものの、その後は下落基調なり、1.35台後半での推移となっています。やや上値が重たい状況になってきているようです。いっぽうドル円相場は引き続き小動きの展開です。やや円安に振れてきているものの、76円台での展開に変化はありません。本日は月末ということで円売り介入期待もありますが、現状ではドル円の押上げ介入は難しいでしょう。


・昨日の日本株市場は前場は下落したものの、後場に入って国内年金と見られるTOPIXを中心とした買いが入り買い戻しが強まる展開になりました。本日は中間期末ということもありドレッシング買いが期待できるものの、週末でもあり上値の押し上げ買いエネルギーが大きいとは見られないでしょう。



(本日の主なスケジュール:時間は日本時間(カッコ内は予想数字))

・08:30;日本8月の失業率(4.7%)、有効求人倍率(0.65)、消費者物価指数(+0.1%)

・08:50;日本鉱工業生産指数(+1.5%)

・15:00;独小売売上(-0.5%)

・21:30;米個人所得(+0.1%)、個人支出(+0.2%)

・22:45;シカゴ購買部協会景気指数(55.0)

・22:55;ミシガン大消費者信頼感指数確報値(57.8)



一目均衡表を考える

・欧米株式市場について

昨日の欧州株市場は独議会でEFSFの機能拡充案が採択され、金融株を中心に続伸の展開になりました。またギリシャの追加支援を協議するトロイカ調査団が再びギリシャ入をしたことで、10月の追加支援融資がなされる可能性が高まっています。ただし一連の好材料は既に相場には織り込み済みとなっており、これからは欧州債務危機問題から欧州圏の景気減速感を株式市場が懸念する動きになって来ると思われます。昨日発表された景況感も予想より悪くなってきており、10月初旬に行われるECB理事会などが注目される展開になってくるのではないでしょうか。しかし欧州危機リスクに関しては、ギリシャのデフォルトなどは当面棚上げ状態となる可能性はあるものの、引き続き年末が近づくに連れて新たな支援が必要となることや、他のPIIGS諸国への影響などは残っており、引き続き地合いが好転してくるとは思えません。

また米国株市場はまちまちの展開となりました。ダウ工業30種平均は買い戻しもありプラス圏の引けとなったものの、ナスダックは半導体関連株の下落や一部一部の高級ブランド販売銘柄の株の下落が目立つ展開となりマイナスでの引けになっています。欧州危機関連の悪材料に関しては、独議会でのEFSFの機能拡充案が採択されたことでややリスクが遠のいた感があるもの、米国内景気動向や米国金融機関などのリスクが今後は表に出てくると見られ、地合いの悪さは否めません。本日は四半期末でもありドレッシング期待はあるものの、直近の株価動向はやや跛行色が高まっており、乱高下の展開が続くと思います。マクロ経済指標が冴えないモノになればやや弱含みの展開になるのではないでしょうか。ダウ工業30種平均の動きを見れば、やや上値が重たい状況となっており、本日の展開として昨日の高値である11271ドルレベルを上回らなければ、やや下押しの展開となるのではないでしょうか。本日の売買レンジとしては、11260~10830ドルレベルと見ています。

米国国債市場はまちまちとなりました。長期ゾーンはツイストオペのスケジュール発表もあり、強含みに推移していますが、短期ゾーンはやや重たい展開になっています。ただし今後もリスク資産の補完としての展開が続くとみられますので、株式市場などのリスク資産市場が強まれば、軟調な展開となるでしょう。いっぽう商品市場は原油相場などが強含み推移したことで、全体相場もしっかりの展開になっています。


今後の展開を有名ブロガーはどう見ているか?■ポンド円ブロガーの見解はコチラから→にほんブログ村 ポンド円
■有力ブロガーの見解はコチラから  →人気ブログランキングへ





当方の師匠である宮地先生が、緊急セミナーを開催するそうです。
ユーロの不安定要因や米国の現状、これが与える日本市場や為替に及ぼす影響を詳しく解説して下さるようです。
また、二段波動についてのわかりやすい解説や、それを使った為替市場予測もされるそなので、お近くの方は必見だと思います。
また、会場の関係で人数限定となっていますので、お早めに申し込んで下さい。
特典として一か月分有料ブログのパスワードも貰えるそうです。



宮地塾  緊急セミナー開催のお知らせ!!


秋分の日も過ぎて少しづつ過ごしやすい日になりつつありますが、金融・株式市場は欧州・米国とここにきて大きな波乱の様相を呈しています。そこで緊急に今起こっていること、さらにこれから当面なにが起こるのかを中心にお話したいと思い、セミナーの開催を予定しております。

尚、今回は緊急ということもあり参加者とのディスカッションもやりたいと思っていますので、参加人数を18名程度にさせてもらっています。


[セミナー概要]
◆開催日時:10月02日 (日) 13:30~16:00(予定)
◆会場:ノマド@ステーション (JR池袋駅東口側42番出口)
     〒171-0022東京都豊島区南池袋1丁目24-6 深野ビル4F・5F
    サンマルクカフェは当ビルの隣りにあります。

http://www.nomad-workforce.com/wordpress/wp-content/uploads/2010/08/nomad_station_map.png     

◆定員:18名程度まで (今回は会場の都合がありますので、ご参加を希望される方は宮地塾まで参加希望メールお送りいただければ幸いです。
           メルアド:info@darjan-jouhou.com
◆講義内容: いま何が起こっているのか。
       国際金融・株式市場・外為市場についての現状と今後の見かたについて
      ・8月の海外株式の大幅下落と現在起こっている株価下落の本質は違うこと。
      ・円高がなぜ止まらないのか。世界は日本の円高をどうみているのか。
      ・日本の株価は世界の株式市場に比べて果たして安いのかどうか。
      ・これからの各市場の動きと年末の株価予測など。
 
さらにテクニカル分析のひとつとして宮地塾で行なっている二段波動の初歩の解説とこれを使っての株式、為替市場予測など。

◆講師:宮地鉄工、その他

◆費用 :一律4,000円 とさせていただきます。
(ただし、宮地塾会員の方は半額とさせていただきます)
※また当日の参加者の皆様には、ブログ会員のパスワード(10月分)を差し上げます。






為替市場について

外国為替市場では、ドルインデックスが続伸の展開です。ユーロは引き続き強含みの展開となってはいるものの、独議会でEFSFの機能拡充案が採択されたことを受けてやや材料出尽くしの動きとなっており、さらにギリシャの追加支援融資に関しても、トロイカ調査団のギリシャへの再入国で可能性が高まっています。しかし通貨ユーロへの影響はやや好材料出尽くしの展開になりつつあります。今後は欧州圏の景気動向などが相場を動かす要因となってくるでしょう。ユーロドルについても上値が重たくなってきていると思われ、昨日の高値も1.3677レベルにとどまりました。本日このレベルを大きく超えて行かなければ、今後の展開はやや弱含みになると見ています。本日の高値めどとしては、1.3670レベルと見ています。

いっぽうドル円相場は引き続き小動きの展開となりました。昨日はやや円安の動きになったものの、引き続き76円台の小動きは続いています。本日は月末であり、また中間期末ということもあって、やや円安へ持っていく展開や、円売り介入を予想する向きはあるものの、海外からは介入に批判的な見かたが多いことから、円安にするようなドル円の押し上げ介入は難しいのではないでしょうか。上値目処は77.40円レベル、下値目処は76.60円レベルと見ています。



以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



トラコミュ
本日のポンド円予想


トラコミュ
チャートの反転ポイントを読む手法を公開!


こちら応援ポチっお願いします。
q



お花バナー




2011-09-30 18:00 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: