大菩薩領   リベンジ後編

大菩薩領リベンジ偏の後編です。

前編はコチラです→大菩薩領 リベンジ前編

IMG_2548.jpg

大菩薩峠からは気持ちのいい尾根道歩きとなります。
ここからは左手にずっと富士山が見えています。

IMG_2554.jpg

軽い岩場などがあり、変化に富んで飽きさせません。
さすが百名山です。


IMG_2569.jpg

振り返ってみると、先ほど通ってきた介山荘がミニュチュアのように見えます。
雰囲気のあるいい山小屋です。


IMG_2574.jpg

介山荘の少し先からも富士山は見えますが、この小ピークまでいくとドーンと裾野まで綺麗に見えます。
山々の重なりの先に見える富士山、本当に絵に描いたようでした。
雲ひとつない天気です。
以前、このブログでも紹介した三つ峠山や黒岳も見えています。


IMG_2577.jpg

目指す大菩薩領も見えています。
まだまだ富士を左手に見ながらの楽しい尾根歩きです。
登りも緩やかで風も爽やかに吹いてくれていて、気温が高くても汗も掻きません。

IMG_2578.jpg

なんどもなんども足を止めて富士を眺めます。


IMG_2611.jpg

標高2000メートルの標識ですが、かなり左に傾いていました。
前回来た時は、登山で2000メートルを越したと感慨深いものがあったのを覚えています。


IMG_2650.jpg

南アルプス方面は少し雲が出ていて遠望が利きませんでした。

IMG_2663.jpg


このあたりで標高は2050メートル位です。
高度計は20メートル位誤差が出ています。


IMG_2626.jpg


雷岩からの富士の絶景です。
ここで食事です。
メニューはいつものコンビニおにぎりとカップヌードルです。
しかし、山で食べるこの組み合わせは絶品です。
この富士の絶景を眺めながら食事は、なんと贅沢な時間でしょう。
いつまでもここに居たいと感じました。


IMG_2646.jpg


早めに羽化したトンボは高地で夏を過ごします。
大菩薩領にも、少し気が早い赤トンボが群れをなしていました。
雷岩からの下山道は少々急ですので、足元に気をつけながら、一気に高度を下げて行きます。
1時間位で福ちゃん荘の前に戻ってきました。
それから20分も歩けば駐車場に辿り着きます。
大菩薩領は危険個所も殆どなく、距離も初心者には丁度良く、更に天気が良ければ大展望が望める一押しの山です。
日ごろの運動不足の方、一度訪れて見ては如何でしょう。


ランキングに参加しています。
応援のポチッとお願いします。

q






2011-07-30 01:00 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: