涸沢ヒュッテに行ってきました   河童橋~明神編

山に関心を持たれた方なら、一度は行ってみたいのが槍ヶ岳と涸沢です。
槍ヶ岳に行くにはスキルも体力もないので、子供でもなんとか登れる涸沢に行ってきました。
先日ニュースで上高地に続く道が土砂崩れになったと大きく報道されていましたが、その数日前です。
私たちが行った時も、午後から天気予報が外れ、結構な雨が降りました。

涸沢とは、皆さんご存知の上高地の奥にあります。
観光地として有名な河童橋から17キロも歩かなければなりません。
最初の11キロは平坦なハイキングに良いコースなのですが、横尾から先は登山となります。
明神岳・前穂高・屏風岩を巻いたコースを歩き、後はだらだらと登っていく感じです。

上高地は環境保護の観点から、沢渡から先はマイカー規制となっています。
沢渡駐車場に一日500円で止め、そこからバスかタクシーで上高地バスターミナルまで入らなければなりません。
タクシーは定額で4000円、バスなら一人1300円でした。
深夜一時に着いたので、軽い食事を摂って車内で仮眠後、5時に起床で用意を整え、朝6時には出発です。

1_20110629053830.jpg

タクシーで行くと、途中大正池の展望の良い位置で止めてくれて景色を見せてくれます。
明神岳と前穂高です。
大正池に綺麗に映って綺麗です。
これから、あの裏まで歩かなければなりません。
しかし、この時は、そんな事も考えず、憧れの地に来たと言うだけで小学生のように浮かれていました。

2_20110629053845.jpg

バスターミナル裏のタクシー降り場につき、本格的な用意をして出発です。
河童橋までは、観光客が多いので舗装された、綺麗な道が続きます。


3_20110629053902.jpg

バスターミナルから1キロ弱で河童橋が見えてきます。
いよいよ奥穂高が近くなってきました。

4_20110629053918.jpg

河童橋から明神池迄は2つルートがあり、行きは景色の良い左側のルートを選びます。

5_20110629053935.jpg

木道で保護された梓川沿いの道を歩きます。
河童橋を過ぎた所では、野生のニホンザルも見る事ができました。

6_20110629053953.jpg

このような風景が目にやさしく飛びこんできます。

7_20110629054010.jpg

雪解けの水が梓川に色々な所から流れ込んでおり、その隙間を縫って歩きます。
マイナスイオン一杯の道です。

8_20110629054033.jpg

あっという間に明神橋に到着です。
それでも、予定より遅れています。
写真を撮るのに随分時間がかかったようです。
ここまでが河童橋から3.4キロの道程です。
アプローチが平坦なので、丁度体が温まっていい感じになってきました。
ここには綺麗なトイレや茶店や山小屋があり、たいていの観光客はここの明神池を見て折り返す事になります。


9_20110629054051.jpg

梓川のほとりに可憐な花も咲いています。

10_20110629054111.jpg

先が長いので明神池には寄らず、先を急ぎます。

11_20110629054134.jpg

少し歩くと明神館があり、その前の梨の木の大木から、満開の花びらが散っていて綺麗でした。
ここからは、登山道の趣が強くなりますが、まだ、平坦で歩きやすい道が続きます。

12_20110629054150.jpg

かわいい花があったり・・・

13_20110629054207.jpg

癒しの空間があったり・・・

15_20110629054224.jpg

そして、また花があったりで、歩くのを飽きさせません。
写真を撮ってばかりで、中々ペースがあがらず、この後に大きな影響を及ぼしてしまいました。

次に続きます。


ランキングに参加しています。
応援のポチッとお願いします。

q





2011-06-30 11:00 : : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

素晴らしい景色の写真ありがとうございました。
2011-06-30 21:38 : ねこ URL : 編集
ねこさん こんばんは
いつもコメント有難うございます。

つたない文章で申し訳ないですが、写真だけでも楽しんでください。

ご当地にも参りたいのですが、なかなか時間がとれません。

これからも応援よろしくお願い致します。
2011-07-01 00:46 : piyokiri URL : 編集
« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: