本日のスキャルピング

先日からお勧めしている書籍『待つFX』の記事となります。

本日は朝の記事に騙しが強くなりそうだと書きましたが、意外と素直に動きました。
反省点と何故見誤ったかは明日のブログに書くとして、この『待つFX』の手法は見事当てていました。


その時ポンド円4時間足と5分足のチャートです。
0531ponetuko.jpg
↑クリックで拡大できます


使われているテクニカルインジケーターはADXDMIとBBandWidthRatioとSchaff Trend Cycleの三種類です。
これのパラメーターを筆者オリジナルで設定されており、レベル表示を加えたものになります。
あまり詳しく書くと『待つFX』のネタバレになってしまい、筆者にご迷惑をおかけする事になりますので控えます。

まず、エントリーの仕方は長い時間帯の足を2種類見てトレンドの確認をして、ある時間足で勢いがあるかどうかを判断し、最終的に5分足でエントリーの決断をします。
本日の場合であれば、4時間では少し赤い縦線のラインのところでエントリーチャンスが点灯し、5分も少したってから点灯しました。
その後はチャートの通り、急騰しました。
特に本日のようなレンジ相場の後の急騰は思わぬ利益をもたらせる時がしばしばあります。
しかし、なかなかレンジからのブレークはわかっていても騙しなどを恐れてエントリータイミングを逃してしまいがちですが、この『待つFX』を読んでいれば、タイミングを逃す事がすくなるなると思います。
勿論イグジットやロスカットの仕方も具体的に書かれてますから、安心してトレードできると思います。



さて本書の内容ですが、トレード以外にも知りたかった情報が書かれています。
例えば第6章の『どういう時に枚数を増やすかについて』の中には、具体的な日にちや具体的な曜日等も書かれていて、その理由もきちんと記されています。
また著者の枚数の増やし方や増やす時なども具体的に書かれています。

メタトレーダーの使い方についても、かなり詳しく書かれています。
初歩的なメタトレーダーの使い方やインジケーターの格納の仕方・パラメーターの変更方法・バックテストの方法まで図解付きで載っていますから、メタトレーダーの使い方のわからない初心者の方も安心できます。


『待つFX』はテクニカルだけでなく総合的な見方から為替をやる上では必読の書だと考えます。
私から申し出てこの本をプレゼントして頂くようにお願いしました。
是非手にしてみて下さい。
ido.jpg



こちら応援ポチっお願いします。
q



お花バナー




2011-05-31 23:00 : ポンド円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: