6月末以降の相場の不透明感

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

q


トラコミュ
ポンド円!ドル円!明日の相場動向



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋

・欧米株式市場はまちまちの展開となっています。欧州株は商品市場が反発したことを受けて鉱山株や資源関連株などが買われる展開となりましたが、引き続きソブリンリスク懸念が地合いを悪くしている相場環境に変化はなく弱含みの展開が続きそうです。

一方米国株市場は引き続き弱含みの展開が続いており、引けは3日連続安となりました。商品市場の反発で石油株やエネルギー株には買いが入ったものの、全体としては景気回復のもたつきや欧州債務問題懸念などで、市場参加者には様子見気分が強くなっていると思われます。反面米国国債市場は続伸の展開で2年債の入札も順調に終わりました。


・外国為替市場では、ユーロが買い戻されました。原油相場の反発など商品市場がリバウンドしたことで、ドル相場は利食い売りに押されたようです。ユーロドルについては、1.4131レベルまでリバウンドしています。一方ドル円相場は引き続きしっかりの展開になってきているようです。本日もゴトー日でもあり82円台の上値目処82.30円を目指す展開になりそうです。


・日本株市場は小幅ながら4日ぶりに反発しました。日経平均先物は9500円を割り込んだ段階では買戻しも入るレベルとなり、終日底固い展開となっています。ただし買いの銘柄は前日大きく売り込まれたものが多く、単に売りが無くなったのちに買戻しが入ったと見える展開でした。本日はNY株が引き続いて弱含みの展開となったため、9500円を超える段階での買いが継続するかどうかがポイントになると思います。テクニカルには、5日MAである9544円レベルを寄り付きから早い段階で上回ることができれば、本日も続伸の展開となるかもしれません。



(本日の主なスケジュール:時間は日本時間)

・08:50;日銀議事録発表(4月8日開催分)、4月の貿易収支(-7037億円)

・23:30:米週間原油在庫

・26:00;米5年国債入札


ボリンジャーバンドを使って11727pips勝つ方法 

(海外市場の動きについて)

昨日の欧米株市場はまちまちの展開となっています。欧州株市場は、原油相場や金相場が上昇したことで商品市場全体が大きく上昇し、鉱山株など資源関連株が大きく反発する展開になっています。しかしギリシャの債務再編問題などソブリンリスク懸念は大きく、地合いの悪化が株式市場の上昇の足を引っ張っていること、また英国の大手金融機関など14行が格下げされる可能性があることから、銀行株は下落しています。したがって今後も弱含みの展開が続くと見られます。

また米国株市場でも、4月の新築住宅販売件数が予想を大きく上回ったことなどで、寄り付きは確りの展開でしたが、その後は売りが先行する展開となり、結局引けは続落して終わっています。商品市場の反発でエネルギー関連株はリバウンドしたのですが、全体相場は弱含みの展開になっていることは、米国の成長率鈍化懸念や、QE2が終わる6月末以降の相場の不透明感を市場が感じているのではないでしょうか。ダウ工業30種平均は12356ドルレベルで終了していますが、本日は主要なマクロ経済指標の発表はないため、商品市場のリバウンドが続けば、株式市場も反発するのではないでしょうか。本日の売買レンジとしては、12460~12295ドルレベルを予想しています。

一方米国債券市場は引き続き強含みの展開になりました。これは株価が軟調であることが要因となっており、また昨日行われた2年国債の入札も順調に終わりました。さらに商品市場は、原油、金相場ともに上昇しており、相場全体も反発の展開となりました。

勝率をあげる注文の出し方 


今後の展開を有名ブロガーはどう見ているか?■ポンド円ブロガーの見解はコチラから→にほんブログ村 ポンド円
■有力ブロガーの見解はコチラから  →人気ブログランキングへ


ido.jpg


一日一度朝にチェックするだけで11617pips勝つ方法 


(外国為替市場の見方)

昨日の外為市場では、ユーロが買い戻される展開となりました。これは商品相場が反発したことで、ユーロ買戻し、ドルの利食い売りが入ったことも要因です。ユーロドルについても、1.4131レベルまでの上昇となりましたが、現在は1.40台後半で推移しています。引き続きソブリンリスク懸念が市場に漂っており、これが上値を抑える展開に変化はないと思います。しかし1.40を割り込んだのちの反発地合いはもう少し続くと見ています。本日の上値目処としては、1.4165ベルと見ています。

一方ドル円相場は本日がゴトー日であることで、引き続きドル円は確りの展開になると見ています。また朝方発表される貿易収支の赤字額が多ければ、引き続き円売りが出やすくなるのではないでしょうか。また需給でも輸出のドル売りが減少してきているために、ドル買いに動きが出やすくなっています。82.30円レベルは上値目処としては重要なポイントですので、もしこのレベルを上に抜けてくれば買戻しも入りやすい状況となると見ています。もし82.30円を上に抜けるとすれば82.90円レベルが次の上値目処となります。



以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



トラコミュ
FXの勘所


こちら応援ポチっお願いします。
q



お花バナー




2011-05-25 17:00 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: