ユーロ円の優秀なシグナル

読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ユーロの状況が非常に読み辛くなってきました。
高値圏にあるように見え、いい加減に下げるだろうと踏みあげられた方多数だと思います。
こういった状況の中、三京証券のシグナルティーチャーのユロ円のシグナルのキンチャイⅠが絶好調です。

キンチャイⅠの現在の成績です。
sei.jpg
  リアルタイムの成績ですから

  ごまかしようがありません。

  獲得pips数も驚異ですが、

  自動売買をしている方なら

  プロフィットファクター6.67は

  どれだけ凄いかわかると思います。
  
  しかも勝率が94.7%です。
  



2011年5月6日時点でのユーロ円日足のキンチャイⅠのチャートです。
eur$sigunal.jpg

チャート上に矢印で売買サインがでて、一度出たサインは消える事はありません。
キンチャイⅠの特徴は、売買の仕方が非常に上手で、自分のエントリーの参考にもなります。
持合と見るとポジションは持ちませんし、買い増しも行います。
直近の売買では、チャートで見ても分かるとおり短期でも利食いを行っており、変幻自在の売買を行っています。
是非、自分の売買にも取り入れたいものです。
もちろん、キンチャイⅠの指示通りでも、過去の実績では充分すぎるほどの利益をあげられています。



しかし、問題は売買シグナルの点灯時間帯ですよね。
中途半端な時間でシグナルが出るのなら、サインを見逃す事にもなります。
後から出てたでしょ?ってな事は、この手のシグナル系には、よくあることです。
シグナルティーチャーの売買シグナルは違っていました。
日足なら夏時間なら朝7時、冬時間なら朝6時にニューヨーク終値が出た時点でシグナルが点灯します。
1日1度朝にチェックすれば、その日は終りです。
簡単ですよね。
もっと、怠けたいなら週足も用意されています。
週足ならもっと簡単です。
終値が確定した時点でサインがその足に出るわけですから、三京証券のメンテナンス時間を外した週末にチェックして、月曜日の朝にポジションを持てば良いわけです。
窓あけなどが有利な方向に開けば、シグナルよりもいいポジションが持てることも考えられますね。


バックテストで、『この数字凄いでしょ?』ならいくらでもありますが、シグナルティチャーは現在進行形で完全リアルタイムで提供されています。

煩わしいメンテナンスもなし、しかも朝に一日一度だけチャートを開いてサインを確認するだけです。
個人的には、どんな有料ツールよりも簡単でパフォーマンスはいいと思います。
逆に、いつ有料になってもおかしくないと思っています。
このツール、口座開設だけで完全無料で使えます。

arrow42-011_20101201132827.gif詳しくはコチラから
三京証券[OKT FX]


以前三京証券さんに伺った事があるのですが、その時にお話しさせていただいたIT戦略部部長の村石さんはスプレッド提供に関して大変こだわりを持ってる印象を受けました。

samurai3.jpg

クロス円に関しては、加重平均値を見ても、極小でほぼ固定といったイメージで構わないと思います。

また、基本方針として約定優先との事ですから、指標時でも希望レートでほぼ通るともおっしゃっていらっしゃいましたし、実際使って見ても指標時に大きなスリペは感じられませんし希望レートでの約定ができました。

三京証券[OKT FX]
また当ブログとのタイアップ企画でのオクトポイントも魅力です。
私も大好きなショップのHula Hawaiiなどと提携されており、ホヌなどのかわいい絵柄のついたバック等と交換できます。


他にも提携する全国約1,300店舗のホテルや衣料品店、レストランで現金の代わりに1ポイント1円として使用することができ、また12,000品目以上の商品や航空券の購入代金としても使用することができます。

arrow42-011_20101201132827.gif詳しくはコチラから
三京証券[OKT FX]




こちら応援ポチっお願いします。
ポンド円村




お花バナー











2011-05-06 23:50 : 三京証券 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: