今週の展望と相場のポイント

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




USB1_20110331143249.png  オリジナルUSBプレゼント



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋

(今週のスケジュールなど)

(日本)

 ・4/28(木) 3月の雇用統計、全国の消費者物価指数、

日銀の政策金利決定会合

 ・4/29(金) 休場(昭和の日)

(欧米など海外)

 ・4/25(月)イースター休暇(欧州、オーストラリア、NZ、香港など)

 ・4/26(火)豪州休場

       米S&Pケースシラー住宅価格指数(2月)

       米コンファレンスボード消費者信頼感指数(4月)

 ・4/27(水)英GDP速報値(第1四半期)

       米耐久財受注(3月)

       FOMC(26~27日)声明文発表、バーナンキ議長会見 

・4/28(木)米GDP速報値(第1四半期)

      米週間新規失業保険申請件数(4/23まで)

  米中古住宅販売成約指数(3月)

 ・4/29(金)ユーロ圏失業率

        米個人所得、支出(3月)

        米シカゴ購買部協会景気指数(4月)

        米ミシガン大消費者信頼感指数確報値(4月)


star.jpg

ボリンジャーバンドを使って11727pips勝つ方法 

(海外市場の動きについて)

先週の海外市場は、イースター休暇前のポジション調整で外為市場でのドル売りが目立つ展開となりました。また欧米株式市場は米国市場での業績発表を受けて堅調な展開となったとみています。

今週のイベントとしては、米国でのFOMC(26日~27日)がメインイベントとなりそうです。さらに今回からバーナンキ議長の会見が行われますので、より具体的な金融当局の市場に対する見方がはっきりしてくると見ています。今回のQE2は6月の終了まで粛々と行われると思いますが、それ以降の展開について出口戦略などの動きがどうなるのかがいまの市場の注目ポイントですが、バーナンキ議長の口からこれらのことが話されるのかどうかが一番の注目点となるでしょう。したがって水曜日を境として相場の転換がある可能性もありますが、もしそこで具体的なコメントがなされなくても、6月末のQE2の終了まであと2か月に迫ってくるわけですので、いったんは出口戦略へ向けての市場の動きが出てくる時期とみています。したがって米国株式市場も業績発表を受けて上昇してきましたが、いったんは売りに押される展開となるのではないでしょうか。

ダウ工業30種平均は12500ドルを超えてきています。当面の上値目処は12587ドルとみていますので、すぐにでもこのレベルを超える展開になるかもしれません。その場合の上値は12905ドルとみています。また上値を超えられずに転換していけば、調整局面になるわけで、その場合の下値目処は当面12185ドルとなります。

また米国債券市場ですが、今週は990億ドルの国債入札が控えています。更に国債発行の上限まであと少しになってきており、これが中長期ゾーンの利回り上昇となる可能性があります。いずれにしても相場転換の週となる可能性があると見ています。また商品相場も、とくにドル相場との兼ね合いが大きく、ドルが売られれば商品はそのまま堅調な展開とみています。


勝率をあげる注文の出し方 


今後の展開を有名ブロガーはどう見ているか?■ポンド円ブロガーの見解はコチラから→にほんブログ村 ポンド円
■有力ブロガーの見解はコチラから  →人気ブログランキングへ


okt1.jpg


(外国為替市場の見方)

今週の外国為替市場は、ドル売り相場が転換するかどうかがポイントになると見ています。上述のように今週は米国のFOMCが開催されます。さらにバーナンキ議長の会見の中でドル相場についての何らかの重要なコメントが出される可能性もあることから、転換相場になればドルは大きく買い戻される可能性があると見ています。しかしそういうコメントがない場合は、さらにドルは売り込まれる可能性もあります。ユーロドルについては、先週1.46台まで上昇し、いまも1.45台半ばで推移していますが、もしさらに上昇することになれば、上値目処として1.4905レベルまでの上昇があるかもしれません。しかし転換点となりドル売りになれば、当面の下値目処としては、1.4405レベルですが、これを割り込む展開になれば1.4275レベルが下値目処になります。またユーロ売りも重なり大きなポジション調整となると、1.4150レベルまでの下落過程も考えられる展開になるかもしれません。



以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



一日一度朝にチェックするだけで11617pips勝つ方法 



トラコミュ
FX必勝法はコチラです




みなさんの応援だけが更新のモチベーションとなります。
こちら応援ポチっお願いします。
ポンド円村




お花バナー






2011-04-25 20:00 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: