輸出業者のドル先物売り

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




USB1_20110331143249.png  オリジナルUSBプレゼント



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋

・欧米株式市場は大きく下落しました。欧州株市場では、利食い売りが続いています。休息な原油高騰が世界経済にとっては、マイナス効果を与えその成長率を引き下げるとの見方が広がっています。また日本の震災と福島原発のレベル7発表も下げを助長したようです。さらに米国市場でも、利食い売りが先行する展開となりました。アルコアの決算発表からの利食い売りに見るように、指数も高値圏にあることで業績発表をきっかけに利食い売りが活発化するという見方が出てきています。

また米国債券市場は反発しました。3年債入札も順調に消化されており、また株価下落がリスク資産としての債券買いを誘発したようです。商品相場は、原油が利食い売りで下落したことを受けて、全体的に利食い売りがだされ下落しています。当面原油相場の落ち着きがポイントになると思います。

・外国為替市場はリスク回避のスイスフランと円買いとなりました。これはリスク資産である株式が大きく売られたことが要因のようです。ユーロドルについてもドル売りに押される格好で高値1.4517ドルを示現しました。ただこれはドルが売られたことが要因でありユーロが買われたわけではないとみていますので、上値目処1.4575ドルレベルは変わりません。当面高値もみあいの展開とみています。一方ドル円相場は円が買い戻されました。しかし円安のトレンドが変化したわけではなく、クロス円に売りが出てきたことが円高の要因とみていますので、クロス円の売りが収まれば再び円売りの展開となるとみています。

・日本株市場も引き続き上値の重たい展開が続いており、福島原発のレベル発表、さらにはこのところ頻発する大きな余震の影響で利食い売りが先行する展開となりました。本日は欧米株の大幅下落で日経平均も9500円割れを示現しそうです。ポイントは需給が外国人投資家の売りで崩れてくるのかどうかでしょう。欧米ファンドなどの売りが出てくるかどうかでしょうか。



(本日の主なスケジュール:時間は日本時間)

・21:30;米国小売売上(予想は+0.5%)

・27:00;米地区連銀経済報告

その他、本日はJPモルガンの業績発表があります。



ボリンジャーバンドを使って11727pips勝つ方法 

(海外市場の動きについて)

欧米株市場は大きく下落しました。欧州株市場ではこのところの原油高騰や日本の大震災、それに伴うサプライチェーンの損壊などで、世界経済の回復基調が損なわれるのではとの見方が広がりとくにエネルギー関連株が大きく売られました。さらには福島原発のレベル7の発表などもあり不透明感の強い相場展開がリスク回避の動きを強めてきているようです。

また米国株市場についても、ダウ工業30種平均は100ドル以上の下げとなり、高値圏にある株価は利食い売りに押される展開となっています。前日に発表されたアルコアの業績は予想よりも良かった割には、売り上げが伸びておらず利食い売りに押される展開になったことは、これからの業績発表においても当面株価が高値圏にあることから、業績に関する予想外のポジティブなものが発表されない限りはいったん利食い売りになるという見方が広がってきていることを示しています。したがって調整局面入りになるかどうかは、本日のJPモルガンの業績発表もポイントとみられます。当面の下値目処としては、12140ドル台とみています。

一方米国債券市場はリスク回避の買いもあり反発の展開です。この日実施された3年国債の入札も順調に行われており、長期債である本日の10年債入札が同じように好調なものになるかどうか注目です。ただ株価下落を受けての債券買戻しという見方もあり、之hがトレンドとして債券買いになるかどうかについては、もう少し時間が必要とみられます。さらに商品市場は、原油の大幅安の影響もあり全体的に大きく下落しました。ただしこれまでの好調な展開が終わったとみるのはまだ早いと思います。



勝率をあげる注文の出し方 


今後の展開を有名ブロガーはどう見ているか?■ポンド円ブロガーの見解はコチラから→にほんブログ村 ポンド円
■有力ブロガーの見解はコチラから  →人気ブログランキングへ


manepa2.jpg


(外国為替市場の見方)


欧米外為市場はリスク回避からスイスフランや円が買われる展開になりました。ユーロドルもドル売りの影響でリバウンドし1.4517ドルと1.45台を示現する展開になりました。ただしこれはユーロが買われたというよりもリスク回避のドル売りとみられ、ユーロドルの高値目処である1.4575ドルレベルは変わりません。したがってドルの反発やソブリンリスク懸念などからユーロが売られる展開も予想されますので、これから一気にユーロドルが買われるということにはならないとみています。またユーロドルの下値については、1.4320ドルレベルと予想しています。

一方ドル円相場ですは続落の展開となり、83円台まで円は買われました。この日もクロス円などの売りが円買い戻しの要因とみていますが、本邦市場で輸出業者のドル先物売りも需給の関係からの円買いとなっているようです。本日も円買いの動きがあるかもしれませんが、円売りの大きなトレンドは変わりはないとみています。



以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



一日一度朝にチェックするだけで11617pips勝つ方法 



トラコミュ
FX必勝法はコチラです




みなさんの応援だけが更新のモチベーションとなります。
こちら応援ポチっお願いします。
ポンド円村




お花バナー






2011-04-13 20:00 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: