明日の雇用統計までの展開


いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

一日一度朝にチェックするだけで11617pips勝つ方法 


USB1_20110331143249.png  オリジナルUSBプレゼント




本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。

以下抜粋


・欧米株式市場は引き続き堅調な展開になっています。欧州株市場は、地合いの悪さは変わらないものの、米国マクロ指標の改善などでしっかりの展開になっています。ただしポルトガルなど高債務国のソブリンリスクは依然として懸念材料となっており、今後EUへの支援要請を行うかどうかがポイントです。

米国株市場は続伸の展開、ダウ工業30種平均は上値目処であった12280ドル台を上抜けして2月高値の12391.29ドルを目指す展開です。小型株を中心に四半期末のドレッシング期待もあり買い先行となっています。引き続き明日の雇用統計発表まではしっかりの展開になると見ていますが、今日は高値更新前後から利食い売りも目立ってくるのではないかと見ています。

一方米国債券市場はしっかりの展開となりました。昨日発表のADP雇用報告が市場予想を下回ったことで、買い戻しが入りました。また7年債入札も順調に終了したようです。商品市場はまちまちの展開となっていますが、全体的にはしっかりの展開が続いています。

・外国為替市場ではADP雇用報告の数字が予想を下回ったことでドルはやや軟調な展開になりました。しかし市場のポイントは明日の雇用統計の数字待ちになっています。ユーロドルはややリバウンドし1.41台に乗せて来ています。引き続き1.4260?1.40ドルのレンジの動きが続いています。

一方ドル円相場は上昇しています。昨日は83円台を示現し引き続きしっかりの展開です。本日は3月期末ということもありややドルが強含みの展開になると見ています。明日の米国雇用統計次第ということも言えますが、今後もやや長いスパンでの円安トレンドを形成しつつあるのではないでしょうか。

・日本株市場は大きく上昇しました。特に先物市場の買いが目立っており裁定買いが相場を押し上げたようです。本日は3月期末ということでもあり期末ドレッシングの期待もあります。日経先物の25日MAは9905円まで下落して来ていますので、当面の上値目処はこのあたりと見ています。NY株市場が堅調であったことや円安に動いていることがサポートとなっています。引き続き上値を追う展開が期待できますが、上昇トレンドになるのかどうかは疑問です。

 

(本日の主なスケジュール:時間は日本時間)

 12:15;トルシエECB総裁の発言

 15:00;独小売り売上(予想は+0.4%)

 18:00;欧州消費者物価指数速報値(+2.4%予想)

 19:00;日本外為平衡操作の実施状況

 21:30;米新規失業申請件数(38万件予想)

 22:45;シカゴ購買部協会景気指数(69.6予想)

 その他ラッカー総裁、タル?ロFRB理事などの発言予定



ボリンジャーバンドを使って11727pips勝つ方法 

(海外市場の動きについて)

欧米株市場は堅調な展開になっています。欧州株市場では、ソブリンリスク懸念の高まりもあり金融株は軟調推移でしたが、製造業や資源関連株は強含み推移を続けています。また米マクロ経済指標も株価上昇の要因となっています。引き続き地合いの悪さは続いていますが、NY株が堅調に推移していることで、しっかりの展開になっています。当面のポイントは今週末の米雇用統計発表ですが、さらにポルトガルのEU支援要請などが次のポイントになるでしょう。

米国株市場も堅調な展開になりました。この日発表された民間部門の雇用指標である米ADP雇用報告が市場予想よりも小さかったことが、市場のインフレ懸念をやや払しょくした感もあり、株価堅調要因となったようです。また3月末は米国でも四半期ベースの期末ということもあり、ファンドマネージャーなどのドレッシングもあると見ています。本日も引き続きしっかりの展開を予想していますが、雇用統計前ということもありダウ平均が2月高値を更新する前後で利食い売りが入るのではないでしょうか。ダウ平均のレンジとしては、12390?12280ドルレベルと見ています。

一方米国株市場はリバウンドの展開になりました。これは上述のADP雇用報告が予想を下回ったことで買い戻しが入りました。しかし市場は明日の雇用統計がポイントであり、今回この数字次第では債券市場にも変化が出てくるのではないでしょうか。また商品市場は原油相場はやや下落しましたが、金相場はリスク回避の買いが続いています。また相場全体としては、引き続きしっかりの展開が続きそうです。


勝率をあげる注文の出し方 


今後の展開を有名ブロガーはどう見ているか?■ポンド円ブロガーの見解はコチラから→にほんブログ村 ポンド円
■有力ブロガーの見解はコチラから  →人気ブログランキングへ



(外国為替市場の見方)

欧米外為市場ではドルが利食いに押されて下落しました。これは上述のADP雇用報告の数字が予想よりも小さいことが要因となっています。市場は雇用統計の数字が高いことでFRBが量的緩和の変更を論じ始めるという見方が強まって来ており、これがドルの足元金利上昇予想となり、ドルの動きは底固くなりつつあります。ユーロドルについても、来週のECB理事会での利上げを既に織り込んだ展開になっていますので、今後のドル短期金利の動きがユーロドルの変化の大きな要因になります。本日もその意味ではユーロドルの売買レンジは1.4260?1.400ドルレベル内の動きになるのではないでしょうか。

一方ドル円市場はドルがそこ底固い展開となっています。上述のADP雇用報告が予想よりも小さかったことで、ドル金利の上昇期待もあること、また円の需給は4月からの復興需要などもあり今後とも円資金が市場に多めに供給されることや、日本の貿易黒字の縮小予想からやや長いスパンでの円安トレンドになると見られます。本日は期末要因もありますが、引き続き円安の動きになるのではないでしょうか。本日のレンジはユーロドルが、1.4260?1.4000ドルレベル、ドル円については、83.55?82.45円レベルと見ています。




以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



トラコミュ
FX必勝法はコチラです




みなさんの応援だけが更新のモチベーションとなります。
こちら応援ポチっお願いします。
ポンド円村




お花バナー






2011-03-31 20:00 : 宮地塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: