今週の相場の見方


いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


◆色々と考えるのめんどくさい方の為にシグナルだけで勝つ方法
一日一度朝にチェックするだけで11617pips獲得する方法


本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。

以下抜粋


今週の見方(3/28~4/01)

・今週の欧米株式市場は、週末の米国雇用統計を控えて神経質な展開になると見ています。欧州市場はリビア情勢の混迷が続いている中、EU圏の3月CPIの発表で物価の上昇が継続しているのを確認すれば、来週のECB理事会での利上げが確定すると見られます。またソブリンリスクも地合いを悪くしていますが、引き続きて米国株の動きに引っ張られる展開になるように見ています。日本の供給サイドの生産が減少する影響については、目先は織り込み済みと見ていますが、中長期的にはネガティブに効いてくると思います。

米国市場については、今週は重要なマクロ経済指標が多い週になります。特に週末にはISM製造業景況指数と雇用統計の発表が控えており、雇用統計は次のFOMCの大きなポイントになる指標です。この数字がポジティブであれば、FRBの取る量的緩和政策の6月終了が現実味を帯びてきます。これは株価にとってはややネガティブになると見ています。ただし週を通しては、上値を追う展開が続くのかどうかを判断する週になると見ています。ダウ平均の上値目処としては、12280ドルと見ています。

米国債券市場は今週990億ドルの国債入札が行われますが、特に5年債の入札がうまくいくかどうかが、大きなポイントになるでしょう。また商品市場は、特に原油相場が高値を更新しており、リビア中東情勢次第ではさらに高値を更新すると見られます。また全体としての商品市場は、まだしっかりした地合いが続くと見ています。

・外為市場は先週ユーロが大きく上昇しています。今週は米国での重要なマクロ経済指標が出てきます。特に週末の米国雇用統計発表に向かい、ドルはやや買い戻しの展開、ユーロドルもやや軟調気味の展開を予想しています。引き続き1.4260レベルは上値目処と見ています。ドル円相場は引き続き小動きの展開と見ますが、ドル需給が今週後半からは軟化してきますので、今週はややドル高円安の動きが見えるかも知れません。ドル円の上値目処は82.45円レベルと見ています。また円高のレベルは80.25円レベルと予想しています。ドル円の下値については、引き続き協調介入によるドル買い円売りが支えとなっています。

・日本株については、大震災から2週間が経過していますが、福島原発の被害が増加しており今週は下値を試す週になるのではないかと見られます。また米国株上昇のポジティブな影響は、原発による放射能被害や計画停電による生産性低下のネガティブな影響を織り込みつつある地合いで相殺される状況となっていますので、今週は国内要因(特に原発被害の程度やサプライチェーンのネガティブな影響が主)で動くのではないでしょうか。また内部要因では今週が3月決算銘柄の配当権利落ちの週になりますので、落ち後の株価の戻りが早いかどうかもポイントとなるのではないでしょうか。

指数では、先週日経平均でも9500円を上回る場面もありましたが、上値は重く週末の終値でも9500円を維持できませんでした。さらに地合いはより悪化していると見ていますので、今週は日経先物で見ると9010円を下値目処と見ています。上値については、9550円レベルではないでしょうか。ただし引き続き外部要因にも注意が必要でしょう。特に円安に振れた時に株価がポジティブに反応するかどうかがポイントです。売買レンジは9550?9010円と予想します。



(相場に影響を与えると思えるイベントなど)

 (日本市場)

  ・3/30(水)鉱工業生産指数(予想は?0.1%)

  ・4/01(金)日銀短観(今回は震災の影響は含まず)

 (海外市場)

  ・3/28(月)米国2月中古住宅販売成約(予想は+0.4%)

         米国2月個人所得・支出(予想は、+0.4%/+0.5%)

  ・3/29(火)独消費者信頼感指数

         米S&Pケース・シラー住宅価格指数(予想は?3.2%)

  ・3/30(水)米ADP雇用報告(予想は21万人増加)

         米週間新規失業保険申請件数

  ・4/01(金)米雇用統計(8.9%・19万人増加予想)

        ISM製造業景気指数(予想は61.2)


◆テクニカルをしらなくても、テクニカルで勝つ方法とは
ボリンジャーバンドを使って11727pips獲得する方法


(今週の欧米市場について)

今週のポイントとしては、引き続きリビア情勢と中東の緊迫化が上げられます。また先週末に行われたEU首脳会議でも新たな欧州支援基金の具体的な枠組みが決まらず、さらに4400億ユーロの基金をすべて支援に使う取り決めも6月に延期されたことで、ソブリンリスク懸念の高まりが、株価にもネガティブな影響を及ぼす可能性があります。中長期的にはアジアや日本の景気低迷が、株価の足を引っ張ることもあるのではないでしょうか。欧州債券市場は引き続きポルトガルやスペインなどの高債務国債券の価格下落が続くのではないかと思います。

米国市場については、今週主要なマクロ経済指標野発表が目白押しです。特に週末の雇用統計は4月のFOMCへの判断材料となるわけで、注目されます。市場は商品相場の上昇でインフレ懸念が徐々に高まる気配を見せ始めており、金融当局者の発言などにも注意が必要です。今週はロックハートアトランタ連銀総裁、ブラードセントルイス連銀総裁、ガイトナー財務長官の中国訪問時の発言、などにも注目が必要でしょう。

またドルの足元金利は今のところ変化がありませんが、これからマクロ経済指標の発表などで上昇を始める懸念もあり、ドル金利の動きにも注意が必要になります。株価的にはダウ工業30種平均は先週を通じて再び高値を追う展開になっています。ただしNYSEの出来高は盛り上がっておらず、売りの乏しい中を、買い上がっているという展開には注意が必要です。このレベルで何らかのネガティブな材料が出てくれば、今度は売りが先行する展開となり、株価の頭は重たくなる可能性が出てきます。ダウ工業30種平均の高値目処としては今週12280ドルを予想していますが、このレベルを上抜ければ高値更新があるかもしれません。ただし週後半になってからは、雇用統計控えでやや神経質な展開の中を軟調な展開になるのではないでしょうか。今週の売買レンジとしては、12280?11970ドルレベルと見ています。

米国国債市場については、今週990億ドルの入札が実施されます。先週のニュースではFRB保有のMBS証券の売却も計画されているとされており、FRBの量的緩和も出口がそろそろ論じ始める時期に来ているかもしれません。その中での入札はやや難しい可能性があります。また日本からの購入は震災もあり期待できないのではないでしょうか。従って今週の米債券市場は、ドル金利の動きにも関わる重要なポイントになると見ています。商品相場は原油価格の上昇を中心に引き続き堅調な展開を予想しています。


◆不利なスリッページを出さない方法とは
勝率をあげる注文の出し方




(今週の外国為替市場について)

今週のポイントはドル金利の動向ではないでしょうか。週末には米国の雇用統計が発表され、さらに今週は米国のマクロ経済指標の発表が相次ぎます。この中で市場はインフレ懸念の芽が出て来ているという感触を持ち始めており、ドル金利の動向がポイントになると見ています。ユーロについては引き続き4月7日のECB理事会で利上げが実際に行われるまでは堅調な展開になると見ていますが、利上げは既に織り込み済みですので、ユーロドルについては相対的にドルの強さが出て来て、ユーロドルはやや軟調な展開になると見ています。上値目処は引き続き1.4260レベルですが、何らかの材料で上に抜けてくれば、1.4350レベルが上値目処になります。下値目処については、1.3780レベルと見ています。

ドル円相場については、今週日本が決算期末を迎えますので、ドル需給は徐々に鈍化してくるのではないかと見ています。従って後半になれば円高圧力は徐々に弱まり、ドル円相場は徐々に円安になりやすい地合いになっていくのではないかと思います。また下値については、円売りの協調介入が支えとなっていますので、徐々に80円割れのリスクは少なくなっていくと見られます。さらにこれから中長期的に日本の貿易収支は震災の影響による原油や穀物、食料品などの輸入が増加すると見られますし、逆に輸出はサプライチェーン被害で輸出が減少してくるため、今後1年程度は貿易赤字拡大の予想が出てきます。これは中期的には円安要因になりますので、これらの影響がそろそろで始める可能性があります。今週のドル円の高値は82.45円と見ています。また下値については、80.25円レベルではないでしょうか。




以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



今後の展開を有名ブロガーはどう見ているか?■ポンド円ブロガーの見解はコチラから→にほんブログ村 ポンド円
■有力ブロガーの見解はコチラから  →人気ブログランキングへ



みなさんの応援だけが更新のモチベーションとなります。
こちら応援ポチっお願いします。
ポンド円村




お花バナー








ポンド円ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


2011-03-28 20:00 : 宮地塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: