今回の介入はスムージングオペレーション


いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。

以下抜粋

・欧米株式市場は先週のパニック的な売りが収まり大きくリバウンドして来ています。またリビアへの多国籍軍の攻撃は継続していますが、いまのところ中東情勢全般は落ち着いていることで、更なる軍事行動の拡大についてはまだ不透明です。世界の目は、先週1週間日本に釘付けでしたが、今週はリビア情勢に移り日本からのネガティブな影響は薄らいでいます。米国株市場でもダウ平均は12000ドルを超えて終了しており、今週に入り落ち着いてきているようです。

米債券市場は株価が堅調なことで利食い売りが出て利回りは上昇しましたが、当面は株価動向と逆相関でうごくと見られます。また商品市場は原油、金ともに反発して来ており先週の利食い売りが終了し、再び買いが先行する展開となって来ています。

・外為市場でも円相場はG7各国の協調介入で落ち着きを取り戻してきています。ユーロドルはEU財務相会合で欧州安定化メカニズムのすべての要素で合意されたことでユーロ買いが進行しました。ユーロドルは1.42台に乗って来ていますが、やや上値が重たくなっていると見ていますので、そろそろ利食い売りが入ってくると見ています。

ドル円相場は協調介入の実施が効果をあらわしており、今後の動きも介入をドルのサポートに、再び80円割れとなった時に各国が介入するのかどうかがポイントです。本日は日本市場もオープンするために、やや円高にシフトしていくのではないでしょうか。

・日本株市場は海外市場が大きく上昇したことを受けて、日経先物のCME終値も9505円となっています。先週のパニック売りが落ち着いてきたこと、福島原発事故が徐々に安定に向かっているとの思惑もあり、海外市場で上昇しています。本日は高値目処を試す一日と見ていますが、日経先物も下値の7800円からは1500円以上リバウンドしており、当面の高値は本日示現するのではないでしょうか。



(本日の主なスケジュール:時間は日本時間)

 18:30;英国のCPI発表(予想は+0.6%)


◆テクニカルをしらなくても、テクニカルで勝つ方法とは
ボリンジャーバンドを使って11727pips獲得する方法


 
(海外市場の動きについて)

欧米株市場はリビア情勢が大きな注目となっています。またEU財務相会合で欧州安定化メカニズムが纏まってきたことが大きなポジティブ要因となっています。また米国市場が大型M&Aで堅調であったことも大きなサポートとなっています。しかし先週の大きな下落からのリバウンド相場が大きな上昇の原動力となっているので、この動きがいったん止まった時にどう反応するのかがポイントでしょう。その中でリビアへの多国籍軍の攻撃がまだ続くのかどうか、さらにはこの動きがこれからの中東反政府運動にどのように影響してくるのかはまだ不透明感が強く、これはネガティブな要因となると見られます。引き続き米国株式市場の動きを反映する展開が続くと見られます。

米国株市場はATTの大型M&Aで堅調な展開となりました。ダウ工業30種平均も一時200ドル以上上昇し、引けも178ドル高で12000ドルを超えて引けたことで当面の下値不安からは脱したのではないでしょうか。本日の上値目処は12148ドルレベルとなっていますが、それよりも12000ドルを割り込まなければ引き続きしっかりした相場展開と見ていいと思います。先週の大幅な急落からのリバウンド相場が今週終わるのかどうかですが、市場は23日に行われるバーナンキ議長の講演を注目しています。これがインフレを懸念するような表現が出てくれば、株式市場はまだ調整局面を脱したとは言えないと思います。本日のダウ平均レンジは12148ドル?11807ドルレベルと見ています。

米債券市場は株価が上昇したことで、逆相関から債券は下落しました。しかし利食いも入っており、今後も株式市場次第と見ています。商品相場は原油、金ともにしっかりの展開が続いており、先週の東日本大震災の影響でいったん下落しましたが、再び反発の動きが続くと見ています。





ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円

有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ



◆不利なスリッページを出さない方法とは
スキャル時に勝率をあげる注文の出し方



(外国為替市場の見方)

欧米外為市場ではユーロが上昇しました。EU財務相会合で欧州安定化メカニズムがほぼ合意に達したとの見方でユーロドルは1.42台まで上昇しました。また原油相場の上昇もユーロ高の要因となっています。ただしユーロドルになの上昇は材料が出尽くしになるにつれて、上値も重たくなってくると見ていますので、当面1.4260レベルの上値目処近くまで来ており、本日このレベルを超えていけるのかどうかがポイントです。上値の重さが感じられれば、いったんは利食い売りで下落するのではないでしょうか。下値目処については、1.4137レベルと見られます。

ドル円については、先週G7による協調介入が決まり、欧米各中銀も介入を行いました。その結果として82円台までドル円は上昇し、その後は落ち着いた動きとなっています。市場は今回の介入がボラが急上昇したマーケットを落ち着かせるスムージングオペレーションと見ており、そうであるならば再び80円を割り込む段階で介入が入るのかどうかを試すのかどうかが今週のポイントでしょう。3月決算期末という円資金がタイトとなる特殊要因もあり、日銀は引き続き今週も円資金を潤沢に出すと見られますが、海外の円資金借り入れがスムーズに行われるのかどうかが、当面のポイントではないでしょうか。

本日から日本市場もオープンしますので、日本時間はドル売り円高に振れるのではないかと見られます。ドル円の上値は81.95円レベル、下値目処は79.75円レベルと見ています。




以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付


◆色々と考えるのはめんどくさい、シグナルだけで勝つ方法
一日一度朝にチェックするだけで11617pips獲得する方法




みなさんの応援だけが更新のモチベーションとなります。
こちら応援ポチっお願いします。
ポンド円村




お花バナー








ポンド円ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
2011-03-22 20:00 : 宮地塾 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

日銀ロケット発射!
先週末は日銀ロケット発射しましたね!

http://kawasemon.com
2011-03-22 21:15 : 為替もん URL : 編集
« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: