円が独歩高

簡単に募金できるサイトのリンク集です。
東北地方太平洋沖地震 募金・ボランティア募集の活動 一覧表

【東北地方太平洋地震】義援金サイトまとめ


パソコン省電力ソフトで、無償で配られております。
ご覧になって、使えるようであれば自己責任で使って見るのも、私たちが今出来る事の一つかもしれません。

東北地方太平洋沖地震支援活動 みんなの力をあわせて節電を!!


いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。

以下抜粋


・欧米株式市場は中東情勢、東北関東大震災、福島原発事故の影響を受けて続落の展開です。引き続き福島原発事故に対しての懸念は強く、EUエネルギー担当委員の危機的状況発言もあり、欧米各国市場は大きく続落しています。欧米諸国の反応は原発事故について非常に神経質であり、今週はこれが落ち着くまでは非常に神経質な展開と見ます。

米債券市場は逆に堅調な展開となっており、日本当局が米債売りをしないという見方もあり、当面の動きとしては、リスク回避の買いが続くと見ます。商品市場も日本の成長力減少で、軟調な展開が続きます。

・外為市場では円が独歩高の様相です。これは円資金を必要とする外銀等の円買いが多いと思います。つまり彼らは円資金調達に不利なため、自国通貨売りの円買いが入っているわけです。またまたNY時間から東京時間までの薄商い時に、さらに円ショートのLCが進み76円台をつけました。東京時間以降は落ち着きを取り戻すとみられますし、また当局の介入がある可能性はあるので売買には注意が必要です。さらにユーロドルは日本の状況をみるためにいったんユーロ買いが収まっています。本日も円を中心に非常にボラティリティーの大きな展開が続くと見ます。

・日本株市場は昨日大きく買い戻されましたが、今週に入りボラが上昇しており、日経先物で500円程度の上下が続くと見ています。従って本日は火曜日についたレベルを下回る展開が予想されます。いずれにしても下値はまだ見ていない状態と思います。



(本日の主なスケジュール:時間は日本時間)

08:50;日銀政策金利決定会合の2月議事録の発表。

 21:30;米2月のCPI発表(+0.4%予想)

     米週間新規失業保険申請件数発表(予想は38.7万人)

 22:15;米2月の鉱工業生産、設備稼働率(+0.6%、76.5%)

 23:00;米景気先行指数(+1.0%)

     米フィラデルフィア連銀景況指数(29.9)


リテラ  

(海外市場の動きについて)

欧米株市場は中東情勢や東日本大震災と福島原発事故などで市場は非常に神経質になっています。また前日発表されたポルトガルの格下げも大きな影響を受けており、市場は不透明要因にさらされて、売買に対する見通しがつかない様相を呈しています。この動きは当面続くと見られます。また海外メディアなどの原発への不安感、さらには欧米各国が日本からの退避を進めているという動きも、市場は神経質になっており全面安が続いている状況です。

NY株式市場も大きく続落しました。ダウ工業30種平均は一時300ドル程度下落し、引けは242ドル下落しました。出来高も14億株と利食い売りが高まっています。当面の下値である11562ドルに到達しましたが、これを割り込む展開になればさらに10900ドル前後までの下落が見込まれます。引き続き福島原発事故に対する不安感が大きく相場にのしかかっていることはもちろん、日本の生産減少の影響が米国企業に対しても出てくることを懸念しています。また本日G7財務相電話会議が開催される予定で、これにより相互の資金の流動性、特に円資金確保について何らかの話し合いがされると見ています。

米債券市場は引き続きリスクの回避から堅調な展開、10年債は3.2%以下に低下しており、当面この日本の状況が落ち着くまではこの状況が続くと見ます。商品市場は下落基調です。ただし日本の復興が始まれば、逆に大きく買われる可能性があります。


以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付


 為替見解は一番下にあります。


為替見解読む前にポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ


invast.png



(外国為替市場の見方)

欧米外為市場では円が急騰しています。これは円資金の調達がひっ迫していることが背景です。欧州で円LIBORが上昇し、借り替えなどで円を必要としている外銀等の円資産の調達が難しくなっていることが要因です、円はNY市場で79円台まで買われ、さらに東京時間までの非常に薄いところでイッキに76円台まで上昇しました。これは個人投資家などのLCが入ったことが要因と思われます。本日G7緊急財務相・中央銀行総裁電話会議が開催されます。これにより資金繰り悪化への対応、また海外金融機関など(格付けの低い)の円資金取り込みのひっ迫が大きな要因です。

本日はこれに対応する措置が日銀等からも取られると見られます。また当局の介入が期待されると見ますので、極端な円高は回避されると見ています。二段波動からは78.50円辺りが妥当な価格ト見られますが、これはあくまで落ち着きどころのレベルですので、本日は81?76円レベルの動きと見ています。

ユーロについても、利上げについては日本の状況が大きく変化し、これに対する動きで4月の利上げが実施されるかどうかがわかりません。そのためにややユーロの利食い売りが先行しています。レベルとしては、1.4038?1.3788レベルと思われます。これはクロス円の買いもあることで今日はボラティリティーが増加してくると見られます。


以上引用終わり

フォーランド


朝のみずほのATMの機能停止も特定の口座に振り込みが集中したなどとのきな臭い話がながれています。
朝の商いが薄い時間を狙っての安値更新も意図が感じられる所です。
ストップが重なっているところを狙って、商いの薄い時間帯にしかければこのような動きになる事は予想がつきます。
ひまわりも、本邦株式から撤退しFXに特化したビジネスモデルに転換するとの事です。
それだけ、本邦投資家も被害者の方と共に、今回の地震では痛手を被った形になります。
私は、ITバブルが弾けた時に大きな痛手を被ったお陰で、ライブドアショックやリーマンが破綻した時にも対応する事ができました。
今回もし、痛手を受けたなら、この経験を次に生かしましょう。
私の尊敬する投資家の言葉を借りれば『投資でまけても命をとられるわけでない、99回負けても、最後の1回で勝てばいい』と教えてくれました。
難しい状況です、危機管理をしっかりとして生き残りましょう。




こちら応援ポチっお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






ポンド円ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

2011-03-17 20:00 : 宮地塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: