ポンド円  月曜日の展開と注意点

被災地の方お見舞いを申し上げます。

東北地方太平洋沖地震情報に役立つ情報です。

Ustream

ニコニコ動画

Google安否確認サービス

無線LAN、Wi-Fiスポットの開放

livedoor Wireless

「FON_FREE_INTERNET」で認証不要で使用可能

ソフトバンクWi-Fiスポット

被災地以外の方は、ここが比較的簡単に義援金に協力ができます。


東北地方太平洋沖地震 義援金


[ネットでできる]東北地方・太平洋沖地震義援金/募金サイトリスト




読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

 
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

Foreland ForexのDRV分析チャートのユロドル日足です。
0314pond.jpg
クリックで拡大できます。

ポンド円は金曜日に基本数値日柄を迎えています。
月曜日に金曜日安値をまもれるかどうか、今後の展開を決めそうです。


フォレックストレードがクリック証券と合併するために、いつも日柄記事で使ってるチャートはForeland Forexだけの機能となりました。
DRV分析チャートはForeland Forexの口座開設で使えます。
詳しくはコチラから。



スキャルピング時の注文時における有利なツールもあります。
フォーランド

目標値を見るには便利なチャートがあります。
今年から完全無料化された三京証券[OKT FX]のウルトラチャートです。
0314pondmokuhyouti.jpg
クリックで拡大できます。

目標値で見ても、2月22日から始まり17日という基本数値の近似値で下げのN波動のN値をほぼ達成しています。
130.62あたりを下回って終値をつけた場合、さらに下値のV値やE値を目指すと言う事になりますので、ここは守りたいところです。

ウルトラチャートは三京証券[OKT FX]口座開設で完全無料で使う事ができます。
指標時でも安定したスプレッドを供給しています。
詳しくはコチラから。
三京証券[OKT FX]

ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ

invast.png

リテラ・クレア証券口座開設から完全無料で見れる365価格帯出来高です。
0314pondkakaku.jpg


価格帯出来高で見ても、金曜日安値付近は価格帯の節があることがわかります。
堅調な推移をする為には、ここは是非とも守りたい位置でもあります。
ここを抜けるとV値やE値付近辺りまでは、価格帯もめぼしい節になりにくくなっています。


価格帯出来高はリテラ・クレア証券口座開設から完全無料で見る事ができます。
詳しくはコチラから。



リテラ

ポンド円日足は金曜日に『昨日に指摘したサポートの132.70は切りたくないところで、ここでの攻防が一気に調整に入るか持ち直すかの鍵になりそうです。』と書いていましたが、大きく割ってきたことから弱気となっています。
しかし安値の130.85は如何にも過熱感を示しており、このまま下げるには、もう一度エネルギーを溜めなければいけません。
本日の強弱分岐点は133.60にあり、サポートは131.70となります。
レジスタンスは132.70に存在し、ここを抜けて引けない限り調整相場は続きそうです。


ポンド円4時間足は、金曜日に『サポートは有効なものが見当たりませんが、昨日の安値付近は3月2日、3日、8日と下げ止まっていることから意識される節となりやすいでしょう。逆に言えば、ここを切ると大きく値を崩しやすくなると見ています。』と書いていますが、やはり安値を切った足で大きく値を崩しました。
深夜からの足は、下げ過熱感を出しており雲との乖離が激しいため戻りやすい展開となっています。
本日はチャートが崩れてしまいサポートは有効なものはありません。
レジスタンスとして注意したいのは132.40にあり、ここを抜けてこない限り調整モードは続くものと思われます。

メタトレーダー4のポンド1時間足です。
0314pon1h.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円1時間足は『しばらくはじれったい展開となっていきそうですが、戻りは売りを誘うチャートとなっています。』と金曜日には書きましたが、夕方までじれったい展開が続き雲下限まで戻したものの戻りは売りを誘い、大きく値を崩しました。
しかし、その下げも赤いゾーンのレンジで現している値幅分を下げたところできっちりと下げ止まっています。
値幅がでてしまった分だけサポレジはぼやけてしまっていますが、サポートの一番強いものは金曜日安値となっていますが、131.30付近にもあり、ここを抜けて頭を抑えられると調整が続くものとみています。
強弱分岐点は132.10にありますが、ここよりも基準線のある132.30辺りが意識される節となりやすいでしょう。
堅調な推移を見せるには133を抜けて推移する必要があります。



お取り合わせの多いサポレジの見方もこのレポートを見るとわかりやすくなります。
当ブログのチャートの設定方法から見方・売買方法まで書いている特別レポートプレゼント中です。

現在5000円のキャッシュバックキャンペーン中です。
こちら詳しくはコチラから



ポンドはインフレ抑制の為に利上げ期待が高まっていますが、その利上げに経済が耐えられるかどうかが焦点になっています。
GDPは予想外のマイナス幅で、他の経済指標も強弱まちまちとなっています。
今週は2月失業保険申請件数.失業率が水曜日にあり、ここが注目となりそうです。
米国指標は火曜日から注目度の高い指標が続きます。

為替ブログ FX初心者向けアドバイス


こちら応援ポチっお願いします。
ブログ村




緑






ポンド円ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

2011-03-14 06:00 : お知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: