ドル円  来週の展開


読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

 

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村


Foreland ForexのDRV分析チャートのドル円日足です。
0226$yenhigara.jpg
クリックで拡大できます。

ドル円日足は波動が非常に複雑になっており、日柄分析が難しくなってきています。
介入前は26日のN波動で順調な下げをこなし、介入後は33日の対等数値に変化すると見えていたのですが、12月15日からの下げで下値を叩けなかった事からP波動にうつりました。
現在は対等数値から基本数値で推移するための過渡期となっている為に、上下に揺さ振られる展開になっているのかも知れません。
月曜日に12月15日からの下げの1月3日の安値からの42日目を迎えます。
ここは2月4日安値からの17日目にもなりますし、2月6日高値からの安値にもなります。
ここで反転しなければ基本数値のカウントも変えなければなりませねんが、下値をトレンドラインで守られる限り3月10日に向けて反転の可能性が高いと考えています。


フォレックストレードがクリック証券と合併するために、いつも日柄記事で使ってる機能はForeland Forexしか残されていません。
DRV分析チャートはForeland Forexの口座開設で使えます。
詳しくはコチラから。


スキャルピング時の注文時における有利なツールもあります。
その記事はコチラから→スキャル時に勝率をあげる注文の出し方


しかし色々考えるのめんどくせーでも、『勝ちたーい』と言う方もいらっしゃいますよね。
過去の実績で証明されている11000pips以上も実績の売買シグナルもあります。
日足であれば、朝に1日1回だけチェックすれば終わりです。
もちろん完全無料で見ることができます。
詳しい記事はコチラから→朝に一日一回のチェックで11000pips勝っている方法



hiyoko16_20101109055548.gifにほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村




*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

当ブログ過去アクセスが多い記事です。

スキャル時に勝率をあげる注文の出し方


未来を暗示する線


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ



*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

リテラ・クレア証券口座開設から完全無料で見れる大口投機家ポジションです。
0226$yen大口

大口投機家ポジションで見ると、先々週からの売りはすさまじい事がわかります。
ネットロングから急激にショートに変わっています。
しかし、前回の大きな売りのときも、赤いラインで表しているように、この辺りが売りポジションの限界で買い戻していることがわかります。
そろそろ買い戻しの時期が近いと考えてもいいのではないでしょうか。


リテラ・クレア証券口座開設から完全無料で見る事ができます。
詳しくはコチラから。


リテラ・クレア証券の詳しい記事はコチラカラ→重要指標前に用意しておくべき事



こちら応援ポチっお願いします。
ポンド円村




お花バナー




2011-02-27 12:00 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-02-27 13:39 : : 編集
pさん
コメント有難うございます。
ご理解の通りでいいとおもいます。
わかりにくい文章で申し訳ありません。
色々とお気遣いありがとうございます。
もしよろしければメールフォームからのご質問もうけておりますので、そちらをお使いいただければ、いろいろと詳しい回答ができるかもしれません。
よろしくお願いします。

ブログの応援よろしくお願い致します。
2011-02-27 13:52 : piyokiri URL : 編集
« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: