中東地政学的リスク時に買われる通貨 (チャート追記あり)

読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。
 
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。

以下抜粋

米国市場は昨日休場でしたが、中東の反政府運動の緊迫化が原油相場を押し上げつつあり、産油国への飛び火がこれからの株式市場にもネガティブな影響となって跳ね返ってくると見られます。

日本株は中国株市場の上昇でしっかりの展開ですが、本日から開かれるNY株市場も下押しの可能性が強くなっており、日本株市場もその影響を受けた売買となると見られます。


(各市場の要点)

・米国市場は昨日プレジデントディーで休場でしたが、欧州株式市場は軒並み1%以上の下落となりました。これは緊迫化する中東の反政府運動の高まりが原油相場の高騰になって表れ、株式市場にとってはリスク回避の売りで大きく下押す上昇となっています。

米国株市場は本日オープンしますが、欧州市場と同じく株式市場にとってはネガティブな動きとなると見ています。米国債券市場は逆にリスク回避の動きからポジティブな動きとなると予想します。商品市場は原油価格の上昇を含めてしっかりの展開と見ています。

・外国為替市場については欧州圏の地政学的なリスク拡大から円やドルが買われる展開となっています。ただし全般的に米国市場が休場のため、外為市場は欧米時間では小動きとなっています。本日からNY市場が開催されるわけですが、引き続き中東情勢の緊迫化などでユーロにとっては上値を抑えられる展開と見ており、逆にドルが買われる展開と思います。ドル円にとっては、リスク回避の動きから円も買われる状況となっており、ドル円相場もこう着状態ですが、日本時間には円買いドル売りの動きが続き円高の動きが続くと見られ、早晩82円台への動きが見られると思います。

・日本株市場はアジアやオイルダラーと見られる買いが続きしっかりした展開になっています。昨日は中国市場が預金準備率引き上げ後にもかかわらず反発したことで、日本株市場にも後場にかけて買いが出ていました。ただし出来高・売買代金ともに先週よりも減少しており、本日は中東情勢の悪化による原油高騰、さらには本日のNY株市場が売られるという見方からやや軟調な展開を予想しています。

(海外市場の動きについて)

米国株市場が休場であったために欧州株式市場は中東の反政府運動激化の見通しから株式市場はリスク回避の動きでドイツや英、仏などの株式市場は1%以上も下押しする展開になりました。産油国であるリビアの反政府運動の拡大が原油価格を押し上げていること、またメルケル首相の率いる与党がハンブルグ州議会選挙で敗北したことを背景に、ドイツはEFSF債を使ってのEU圏の高債務国が発行する国債を買い上げることへの反発が表面化して来ており、ソブリンリスクの高まりも、欧州の地合いを悪化させています。これらの動きは本日も変化することはないと見られますので、NY株市場が再開される本日も欧米株市場はリスク回避の動きが活発化すると見られ、総じて軟調な展開が予想されます。

また米国債券市場については、リスク回避の動きから米債買いの展開になると見られ、しっかりした展開を予想しています。さらに商品市場も原油価格の高騰を背景として全体にはしっかりの展開になると見ています。

(外国為替市場の見方)

NY市場が休場であったことで外国為替市場は欧米時間には薄商いでしたが、上述のように中東の反政府運動激化からリスク回避の動きが強くなってきています。このためユーロもドルに対してはやや軟調な展開になっていますが、原油価格の上昇はユーロにとっては下支え要因にもなるわけで、これに上述のソブリンリスクの高まりが加わって総合的には引き続きユーロがやや弱含みの展開となるのではないでしょうか。ユーロドルの動きを見てみると、当面の上値は1.3720と見ていますが、もしこれを上に抜けるようになれば1.3815レベルまで上昇する可能性がありますが、今の欧州の地合いではここまでユーロが買われるという可能性は少ないようです。また下値については1.3605レベルが当面の目処と見ています。

ドル円については、リスク回避の動きがドル、円両方に出てくると見られますが、相対的に日本市場ではドル売り予約が活発化されると見られますので、円高の進行が続くのではないでしょうか。ドル円相場の上値は83.25円レベルと見ており、下値については83.05円が当面の下値ですが、これを割り込む展開になると思いますので、下値は82.90円が大きなサポートになると見ています。もしこれを割り込む円高になれば、82.75円が下値目処になります。




以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付

こちらスキャルピングに於いて、損のない注文の出し方とは
スキャル時に勝率をあげる注文の出し方


にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:


トラコミュ
※週明けのドル円について


ファンダメンタルズからテクニカルまで美人エニアグラミストのブログ『為替千里眼』です。
ありがちな女性ブログではなく、大変勉強になりますので見て損はないと思います。
人気ブログランキングへ コチラからどうぞ、現在62位付近です。



ポンド円予想上手ブロガーの見解を見るならコチラから にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーのこれからの見解を見るにはコチラから 人気ブログランキングへ


トラコミュ
FXの世界で生き残ろう!!!


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

本日は大きく動いたので簡単にチャートと短観を書いておきます。

ポンド円4時間足です。
0222pon4h.jpg
クリックで拡大できます。

レンジから抜けるかどうか際に来ています。
先行線も雲下抜けを図っており、ここを下抜けすると嫌な雰囲気となります。

ポンド円1時間足です。

0222pon1h.jpg

ほぼ朝書いた強弱分岐点を境として相場の雰囲気が掴めました。
雲と先行スパン3の関係が陰転するかどうかに注目していましたが、ここは安心して売りたてのできた場面でした。
134を抜けると、完全にレンジ抜けしますので嫌な雰囲気になってきます。




長期間にわたってセブンインベスターズさんとタイアップして頂いたレポートプレゼントも終了しました。
ご応募いただいた方まことに有難うございました。
タイアップ期間が終了しましても、右カラムのメールフォームからご連絡いただければ、出来る範囲でフォローしていきますので、遠慮なくご相談ください。


FXブロードネットさんとは、同様のレポートをプレゼント継続中ですので、よろしければ見て下さい。
 詳しくはコチラから



実績に偽りなし、完全無料でリアルタイムで結果がわかる。
絶好調、一日一度のチャートチェックで11000pips以上稼ぐ方法はコチラ→
三京証券記事



少しでもお役に立てたなら応援のポチっをお願いします。

更新のエネルギーになります。
こちら応援のポチをお願いします

ポンド円村






2011-02-22 17:35 : 宮地塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: