中国の利上げによる影響

読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。
 
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。

以下抜粋

本日のポイントは中国の利上げによる日本株の動きです。やはり上値が重たくなるのでしょうか。

(各市場の要点)

・欧米株市場は引き続き堅調に推移しています。欧州市場では、午前中には中国の利上げを受けた資源関連株などの売りがありましたが、午後になってからは米国株市場が堅調な展開となったことを受けて、逆に買い戻しが入り引けは続伸の展開となっています。また米国株市場も続伸の展開となりました。中国の利上げの影響で資源株関連は軟調な展開でしたが、影響は限定的となり指数は続伸の展開となっており金融相場の様相を示しているようです。

一方米国債券市場は続落しています。3年債入札は不調に終わり、10年国債の利回りは3.737%にまで上昇しました。商品市場は金相場が大きく買われました。

・外国為替市場については、ドルが売られました。中国の利上げによる影響は高金利通貨を選考する市場展開を後押ししているようです。この日も南アランドやブラジルリアルが買われています。ユーロドルについては、ユーロの買い戻しが入ったようですが、この動きが続くとは見ていません。当面の高値レベルであった1.3675レベルをやや過ぎたところで再び下落しています。ポイントは1.36を割り込むことができれば、さらにユーロは売られると見ています。ドル円は小動きとなりました。

・日本株市場ですが、日経平均先物の動きは10600円台でほとんど動きのない展開でした。これは今週がオプションのSQ週であるということや、中国の利上げ懸念が要因と見ていました。中国の利上げは日本市場の夕場に発表がありましたが、その後の日経先物はほとんど動かない展開となっており、本日の現物株市場でどのような展開をするのかがポイントです。上海市場は本日から再開されるますので、もし大きく下落するようならば、日本株にも大きな影響があると見られます。

(海外市場の動きについて)

欧米株市場は引き続き上昇の展開になりました。中国の利上げがあったために、資源株は軟調な展開となりましたが、午後になってNY市場がオープンしてくると堅調な株価の動きにつられて買い戻しが入る展開となり、エネルギー株関連は弱かったものの、銀行株などには買いが入って引けは堅調な展開に推移しました。

米国株市場についても引き続き買いが入ってくる展開となっています。ただしNYSEの出来高に関しては非常に薄商いが続いています。昨日も8億株台の薄商いの中を上値を買い上がる動きが続いており、指数だけが上昇していく展開になりつつあります。FRBの量的緩和が進行している中では、典型的な金融相場の動きになって来ています。ただしほとんど調整しないままでの上昇相場については、懸念を持つ投資家も多くいったん調整が入れば、逆の動きが出てくる可能性があることも注意しておく必要があると思います。当面は本日のバーナンキ議長の議会証言がポイントになるのではないでしょうか。

一方米国債券市場は続落の展開が続いています。この日行われた3年債の入札も不振に終わり、2年国債が大きく売られて来ている状況では、一部で再び国債買い取り計画の見直しがあるのではないかとの見方が出ているようです。従って本日のFRB議長の発言に債券市場も注意が集まって来ているようです。商品市場においては、原油相場は中国の利上げによる需要減少懸念から軟調であったものの、金相場は大きく上昇しました。

(外国為替市場の見方)

外国為替市場でドルは売られました。これは中国の利上げによる影響で高金利通貨に買いが集まったようです。またユーロドルについてもユーロが買い戻される展開となっています。ユーロドルは目先の高値目処であった1.3675レベルをやや上回る1.3685レベルまで買われましたが、その後は下落基調となり、再び1.36台前半での推移に移って来ています。当面は1.36の下値目処のポイントを割り込むかどうかですが、もしこれを割り込む展開となれば、その要因としては本日のバーナンキ議長の議会証言となるのではないかと見ています。

さらに昨日の米国債券市場で2年債が大きく売られ、0.85%まで利回りが上昇しており、短期ゾーンの急速な利回り上昇が量的緩和の見直しにまで発展するのではないかとの思惑が出やすくなっているところではないでしょうか。もしこの思惑がさらに大きくなればドルの買い戻しがイッキに入ることも考えられます。その時には二段波動で見れば1.3310レベル近くまでドルが買い進まれる可能性があります。

一方ドル円相場ですが、欧州時間で中国の利上げ発表から円高が進み、81.75円レベルまで円が買われましたが、その後は再び円安となり82.30円レベルと前日とほとんど変わらずの引けになっています。従って本日の動きとすれば、中国の利上げと本邦輸出企業によるドル売り円買いの動きがどの程度出てくるかでしょうか。当面は昨日の円高レベルである81.75円を割り込むことができるのかどうかがポイントでしょうか。






以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付

こちらスキャルピングに於いて、損のない注文の出し方とは
スキャル時に勝率をあげる注文の出し方


にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

トラコミュ
※週明けのドル円について


ファンダメンタルズからテクニカルまで美人エニアグラミストのブログ『為替千里眼』です。
ありがちな女性ブログではなく、大変勉強になりますので見て損はないと思います。
人気ブログランキングへ コチラからどうぞ、現在62位付近です。



ポンド円予想上手ブロガーの見解を見るならコチラから にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーのこれからの見解を見るにはコチラから 人気ブログランキングへ


トラコミュ
FXの世界で生き残ろう!!!


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

長期間にわたってセブンインベスターズさんとタイアップして頂いたレポートプレゼントも終了しました。
ご応募いただいた方まことに有難うございました。
タイアップ期間が終了しましても、右カラムのメールフォームからご連絡いただければ、出来る範囲でフォローしていきますので、遠慮なくご相談ください。


FXブロードネットさんとは、同様のレポートをプレゼント継続中ですので、よろしければ見て下さい。
 詳しくはコチラから






少しでもお役に立てたなら応援のポチっをお願いします。

更新のエネルギーになります。
こちら応援のポチをお願いします

ポンド円村






2011-02-09 20:00 : 宮地塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: