今週の相場の見方

当ブログと同じチャートが使えます。
設定方法から具体的な売買ポイントまで書いてます。
こちら詳しくはコチラから



レポートをFXブロードネットさんでもタイアップしていただくことになりました。
チャート設定と売買方法はこちらにも書いています。

こちら詳しくはコチラから





読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。
 
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。

以下抜粋

今週の見方(12/20~12/24)と本日の動きについて

(欧米市場について)

今週の欧米市場は週末はクリスマス休暇入りになることで、売買も減少してきます。例年この時期は参加者も少なく動意も薄くなるために、通常であれば動きが制限されてきます。また英国が来週月曜日も休日となることで動き始めるのは28日以降であると見ています。従って今週は11月の決算期を終え動意薄となっていた一部ヘッジファンドと言われる投資家が動きを回復してくる時期でもあります。彼らは原則的にまず売りポジションを取っていくのが常であり、どの市場、どの銘柄が買われすぎているのか、また売られすぎているのかを見ていますが、そろそろ今週からその見方に従ってポジションを取り始める時期だと思います。

欧州市場は債務問題の拡大懸念が市場を覆っている中でやや小康状態を保って来ていますが、年末にかけては再びネガティブな材料に反応しやすい市場になると見ています。さらに米国市場ですが、今週も住宅関連やGDP確定値、消費関連などのマクロ指標が出てきますが、基本的には年末にかけての高値相場がどのあたりで休暇に入るのかでしょうか。先週はクアドブルウイッチングで現物株の需給がタイトになっていましたが、今週はその反動が出てくる週となりますので、やはりネガティブな材料に反応しやすい市場となると見ています。また今週末がクリスマス休暇のため、前半からやや軟調な展開と見ています。

一方債券市場ですが、欧州市場は年末にかけて金融機関の流動性確保が先行し、ECBのPIIGS関連の国債買い取りが活発となり、さらに他の国債も流動性が減少してくるため売り先行と見られます。引き続き欧州債務問題懸念の拡大がリスクとなり、今週も軟調な展開となると見ています。また米国国債市場ですが、年末にかけては入札もなくの展開となります。従って需給の面からはしっかりした展開となり、クリスマス休暇入りもあり、リスク資産から米国債などへの短期的な資金シフトが見られるかもしれませんので、下値はしっかりとした展開が予想できます。10年国債の利回りは3.5%レベルを下値に底固い展開となると見ています。また商品市場ですが、ドル需給がタイトになってくるため、ドルがしっかりした動きになると見られますので、商品相場はやや軟調な展開が続くのではないでしょうか。ただし原油などは厳冬予想などもあり底固く推移すると見ています。

本日の米国株式市場の展開としては、株価は高値を更新していますが上値が抑えられており、需給関係はやや軟化してくることで売りが出やすい展開の地合いになるのではないでしょうか。

(今週の外国為替市場の見方)

基本的に年末に近付く週であり、今週末がクリスマス休暇であること、英国は来週月曜日も休日のためドルの需給は徐々にタイトとなってくると見ています。またレパトリの動きも活発化されることから、ドルはしっかりとした展開を予想しています。さらに朝鮮半島問題などの有事関連としてもドルは強含みで推移するのではないでしょうか。ドルインデックスは再び上昇し始めて来ており、81.50レベルの上値の節を抜けてくることができるかどうかがポイントと見ています。これを抜けてくるようであれば年末にかけてドルが上昇する可能性が強くなります。ユーロドルについては、欧州債務問題がネックとなりユーロ安が継続する週と見ていますので、1.30レベルを下回り1.2967の安値を切っていく可能性があります。もしこのレベルを下回れば2段波動での下値目処は1.2610となるため、今年8月の安値である1.2586レベルを窺う展開になる可能性もあるのではないでしょうか。上値については買い戻しが中心となると見ていますので、1.3425レベルと見ています。

一方ドル円相場については、今週日本市場の日本市場は木曜日が休日であること、また金曜日は欧米市場がクリスマス休暇であることから、ほぼ3日取引となりますので動意は薄くなると見ています。ドル需給はタイトになると思いますが、これはクロス円での売り需要が発生すると見られますので、ドル円相場については引き続きレンジ内の動きと見ています。しかし引き続き輸出企業のドル売り予約が出て来ており、ドル円はやや円高に動くかもしれません。動きとすれば84円を挟んでの小動きが続くと見ています。

本日の動きとしては、ユーロドルは1.3305?1.3060レベル、またドル円相場は84.20?83.60円レベルと見ています。

 

以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



当ブログの一番人気記事です。
宜しければ読んでみて下さい。


こちら証券会社提供の完全無料の公認シグナルとは
一日一回朝に一度チェックするだけで11000pipsも利益を上げる方法


こちらスキャルピングに於いて、損のない注文の出し方とは
スキャル時に勝率をあげる注文の出し方


にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:


ファンダメンタルズからテクニカルまで美人エニアグラミストのブログ『為替千里眼』です。
ありがちな女性ブログではなく、大変勉強になりますので見て損はないと思います。
人気ブログランキングへ コチラからどうぞ、現在62位付近です。



*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:


ポンド円予想上手ブロガーの見解を見るならコチラから にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーのこれからの見解を見るにはコチラから 人気ブログランキングへ

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

ポンド円日足価格帯別出来高です。

101220pondd.jpg

日足価格帯別出来高を見ると、ここを下抜けると真空地帯になりそうで調整が深まりそうです。
明日辺りから、指標に関してのポジション調整が行われると、商いが薄いだけに一瞬のブレが大きくなるかもしれませんので、注意しておきましょう。
韓国の演習における地政学的リスクも嫌な材料です。


価格帯出来高はインヴァスト証券で完全無料で見る事ができます。
らくらくテクニカルはお勧めです。
arrow42-020_20101217194007.gif詳しくはこちらから




少し、更新のモチベーションが下がってきています。
ブログ継続はみなさんの応援だけがエネルギーです。
なければ続けていくことはできません。
役に立ったならポチッっとお願いします。

更新のエネルギーになります。
こちら応援のポチをお願いします

ポンド円村





2010-12-20 15:55 : 宮地塾 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

サイト拝見させていただきました。
はじめまして、FXEAラボのlabと申します。

コメントから失礼いたします。

貴殿のサイトを拝見させていただき、
相互リンクができればと思いコメントさせていただきました。

FXEAラボではMT4の自動売買ソフトを使用して運用しております。

現在8種類のロジック、 28通貨で運用しております。

読者様にも提供しております。

興味がありましたら、メッセージをいただければと思います。

コメントから失礼致しました。


FX初心者も簡単!FXEAラボの自動売買EA
http://hakkutukurabu.sakura.ne.jp/wave/fxlab
2010-12-22 12:44 : lab URL : 編集
« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: